BMW R1200RT100thとおんぶセローでバイクライフと田舎暮らしを楽しむ SAMとhideのぶらぶら日記


by SAM

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
RTでGO!
セローでGO!
モータースポーツ
只今鈴鹿山脈縦走中
山遊び
RUN・RUN・RUN
BOXING
日記
未分類

リンク

タグ

<   2007年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

名港トリトン

 東名自動車道と東名阪自動車道を連絡する伊勢湾岸自動車道は 名港トリトン というつり橋三橋で名古屋港をひとまたぎにします。

 東から東大橋(青)、 中央大橋(白)、 西大橋(赤)。 
 東海市への出張はこの橋のおかげで大変楽になりました。 しかも交通量が少なく見晴らしもよくとても快適です。

 ただ一つ問題は風が強いこと、 強風時には半端じゃなく怖い。
愛車MPVでもハンドルを取られますから、 荷台の高いトラックなどは想像以上の恐怖(強風)だと思われます。 とりわけ太い橋脚の横を通過する時などは突風が吹きぬけていますから気持ちの準備が必要です。

e0044657_11511139.jpg 私にとっては便利でとってもありがたい橋ですが、 交通量からすると赤字路線かな?

 写真は中央大橋から見た西大橋。 逆光と望遠の効果でダイナミックな写真になりました。 アメリカを走っているみたいです。
[PR]
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
by power-shoes | 2007-02-26 23:40 | RTでGO! | Comments(0)

瀬田の唐橋-風林火山

 弊社の近くには 紫式部が源氏物語を書いたといわれる「石山寺」、 日本三名橋のひとつ「瀬田の唐橋」や 朝日レガッタで有名な琵琶湖漕艇場などがあります。 
 そこで今回は 「瀬田の唐橋」 を紹介してみましょう。

 唐橋についてはブログを始めた時から取り上げてみたい対象のひとつだったのですが、 近すぎる故に何時でも出来る、行けると、 一年と半年の月日が流れてしまいました。
 今回ついにに重い腰をあげた理由は、 京都新聞にこんな記事が出ていたからです。

     『信玄の夢、 430年後実現   唐橋に 「風林火山」 はためく』
 上洛の途中に無念の死を遂げた武田信玄が 「瀬田の唐橋に旗を立てよ」 の遺言を残したという逸話にちなんで、 山梨市観光キャラバン隊が軍旗を立てに大津を訪問。    (NHK大河ドラマの宣伝も兼ねてね)

e0044657_14322321.jpg ペダルをこいでものの2分、 軍旗はそこに立っていました、 唐橋をバックに。

 「唐橋を制するものは天下を制す」といわれるほど、京都の喉もとを握る交通、軍事の要衝であり、 何度も戦乱の舞台になったとか。

 近くの商店街や、 町並みには往時の風情を感じられるものがあまり残っていないのが残念ですが、 これをきっかけに今後も唐橋の四季を紹介できればと考えています。
次は桜かな?
[PR]
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
by power-shoes | 2007-02-22 23:15 | Comments(0)

長浜盆梅展

 長浜盆梅展に行って来ました。
この季節の恒例の催し物としてとっても有名な盆梅展です。

 長浜は近年「黒壁ガラス館」を中心として、 豊公園・長浜城・長浜駅旧駅舎 他 数多くの名所旧跡で観光地化され、 平日でさえ街中は観光客で賑わっています。
もちろん琵琶湖はすぐそばに、 借景には伊吹山とロケーションも最高です。

 そんな長浜において盆梅展は年に一度の期間限定。 一度は入ってみたいなと思いながら繁忙期のため行け無かったのですが、 今年は遂に行って来ました。

 結論から言います。  「感動した!!」(小泉前首相のパクリ)

e0044657_19403956.jpg 梅を見て感動と言うのも変ですが、 長年見たくて、 見れなくて(先日の餘部鉄橋もそう) それでもイメージしていたのは、 かわいい梅の盆栽がいくつも並んで「まあ、かわいい」というのかな? でも綺麗だからと楽しむのかな? と思っていたのですが、 実際には その盆栽の大きさ・古さ・美しさ・見事さに度肝を抜かれました。

 室内の開催ですから、 天井に着かんばかりの大きなものや(どうして運び込んだんだろう?) 樹齢400年の今にも朽ちそうな古木が可憐なかわいい梅の花をしっかり咲かせている姿は、 これ感動の言葉なくして何と表現していいのやら・・・・・・ただただ感動。

e0044657_19412674.jpg 盆梅展会場の慶雲館は明治天皇の行在所として建てられた迎賓館とか。 道を挟んで向かい側に建つのが旧長浜駅舎、現存する日本最古の駅舎です。

 いつも近くを通っているのに一度も足を運んだことの無かった盆梅展、 感 動 し た!!
[PR]
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
by power-shoes | 2007-02-09 19:34 | RTでGO! | Comments(0)

2007 入学・入園お祝いキャンペーン 始まる

 今年も昨年同様 「入学入園キャンペーン」 スタートです。

 今年はシューズ袋です。 黄・青・赤・緑の4色、 大・小2サイズの計8アイテムでご用意させていただきました。
 ナイロン製で、 学校名・学年・組を書く欄が印刷されています。 上履き・体育館シューズ入れにはとても便利な一品です。

e0044657_1423466.jpg 300枚ご用意させていただきましたが、 ご希望の色・サイズが欠品してしまう恐れもありますのでご注文はお早めにお願いします。(欠品 色・サイズはHP上で案内します)

 サイズの目安は 小がパワーシューズの20cmまでが入る大きさです。

 ご注文お待ちしております。
[PR]
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
by power-shoes | 2007-02-07 22:43 | Comments(0)

京都今昔

 京都新聞掲載の写真ノスタルジー「懐か写(しや)」の一枚です。
十条大宮上ルから「大宮通と東寺の五重塔 畑広がるのどかな風景=昭和40年ごろ」とありました。

e0044657_1756466.jpg  このシリーズはいつも懐かしく楽しんでいるのですが、 今回の写真「昭和40年」 私は中一。  私の田舎でも家の前の道は舗装されていたような記憶があるのに、 京都の都会の街中でこの砂埃、 しかもビル立ち並ぶ現在からは想像も出来ない光景に興味を引かれ、 今はどんな景色がそこにあるのか、 好奇心でこんな写真を撮ってきました。

e0044657_1758050.jpg 古い写真に有るような広い路はそこにはなく、 同一ポイントと思われる地点からは東寺五重塔の最上階の屋根が望めるのがやっとでした。

 ただこの景色の違いには 想像していたことなので驚きはなかったのですが、 昭和40年にあの京都がこんな田舎道のようなのどかな風景だったんだ と言うことにとっても驚いた一枚でした。

 つい昨日のことのように思えて  中学生のころが
[PR]
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
by power-shoes | 2007-02-05 18:22 | RTでGO! | Comments(0)

ありがとう餘部鉄橋の旅

 この春取り壊し、 コンクリートへの架け替えが決まった餘部鉄橋へ行ってきました。
 日本一高い鉄橋として有名ですが、 昭和61年(1986)強風による回送列車脱線墜落死亡事故で全国に知れることにもなりました。

 私の幾つもある 一度は行ってみたい名所の中のひとつで なかなか行けずにいたのですが、 「07春、 取り壊し決定」のニュースを耳にし あわてて 初めてなのに お別れを言いに行ってきました。

一日目
 餘部までの道中 兵庫県生野銀山と皿そばで有名な出石に立ち寄ることにしました。(二ヶ所とも歴史街道スタンプポイントです)

e0044657_13212621.jpg 昨年初めて銀山観光をしたところですが(石見銀山) 早くも二ヶ所目の銀山訪問、 なぜか銀山続きです。
  露天掘りから地下深く掘り進んだ蟻の巣のような坑道の模型がいろんな意味でとっても印象的でした。


 出石ではなんと言っても「皿そば」を食べないととそば好きは楽しみに訪れたのですが、e0044657_1324810.jpg
以前どこかで食べた「せいろそば」のように あまりに量が上品で、 800円で何処に入ったか分からない始末。
 「そば」ってそんなにお高く留まった食べ物なんでしょうか、 もっと庶民的でお腹一杯安く食べられるものじゃないのかな?
 出石城跡から町並みを眼下にながめた後、今宵の宿 神鍋高原へ。 ブルルルルルル

二日目
 待望の餘部鉄橋、 恋人に会いに行くように胸わくわくさせ向かい、 眼前に現れし時の喜びたるや筆舌に尽くしがたいほどの感動でした。e0044657_13281620.jpg
 さらにその時 西の山影から突然電車が現れ鉄橋を渡り始めるではありませんか。 もうこれは感動もので「こんな幸運あっていいのだろうか」とカメラを手にするのも忘れ、 ゆっくりと左から右へ渡って行く電車に見入ってしまい、 気づいた時には東のトンネルの中へ ゴー ガタン ガタン カタン タン コーーー---

 日本一高い鉄橋だけあって 餘部駅はつづら折れの細い山道を息せき切って上って線路レベルまで41m(ビルの14階だよ)。 列車に乗り遅れそうなときにこの道は半端じゃなくきついし、 お年よりはどうして上っているんだろう? 動力的なものはなにもないし?

 向かいの山の中腹に ポッカリ開いたトンネルから 突然現れた列車は 日本海を背景に 日本一高い真っ赤な鉄橋を渡り 反対側の山の中腹へ 鉄橋を渡りきったところが餘部駅。
まるで鉄道ジオラマを見ているような光景は餘部駅からもう少し山を上ったビュースポットから見下ろせます。

 無骨な鉄と真っ赤なペンキ、 未開発な景色にレトロな電車とそのスピード、 日本の原風景として調和の取れた一枚の絵のようでした。

 いつまでも見ていたい去りがたい景色を後に、 これまた日本一高いところにある餘部灯台を見学の後 日本一大きな砂丘  鳥取砂丘へ。

e0044657_14193720.jpg 裸足で歩き上る砂丘は日常では味わうことのない不思議な世界。 山頂からの眺めは20年前と同じ 穏やかな日本海が広がっていました。
[PR]
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
by power-shoes | 2007-02-04 00:13 | RTでGO! | Comments(0)

最新のコメント

ぶんさんへ ね、ね、素..
by power-shoes at 21:16
みつえっちゃんへ 本栖..
by power-shoes at 21:13
hideさんの笑顔に胸打..
by ぶん at 19:27
SAMさんへ やっぱり..
by みつ at 18:22
ずっといられる本栖湖ブル..
by みつえっちゃん at 17:00
sennin411さんへ..
by power-shoes at 18:29
今年は白シャツ、BMWの..
by sennin411 at 13:29
えっちゃんへ 今までの..
by power-shoes at 17:00
二日間とも本当に良いお天..
by えっちゃん at 09:45
ソロインテさんへ 汗ば..
by power-shoes at 18:58
Y RAVENさんへ ..
by power-shoes at 22:55
私達は行けませんが、皆さ..
by RAVEN at 00:19
たんたんさんへ 波平さ..
by power-shoes at 18:41
3枚目の富士山は 「波..
by たんたん at 18:06
たこやきSundayさ..
by power-shoes at 12:44

最新の記事

富士山を楽しむ 千円札の富士..
at 2017-09-16 08:12
行って良かった、2017 B..
at 2017-09-13 19:31
2017 BMW Motor..
at 2017-09-10 22:35
2017 BMW Motor..
at 2017-09-05 13:17
富士山を楽しむ  富士山麓で..
at 2017-09-02 17:55
富士山を楽しむ ふもとっぱら..
at 2017-08-30 21:44
富士山を楽しむ 大菩薩ライン
at 2017-08-26 18:50
2017年7月22日 土曜日
at 2017-08-22 21:48
今年も来てよかったね 荒川の桃
at 2017-08-19 22:00
熊鹿夫婦と行く、METRO ..
at 2017-08-14 22:29

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
more...

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

車・バイク
旅行・お出かけ

画像一覧