BMW R1100RT    グラマラスにして美しい そのフォルムに一目惚れした SAMとhideのタンデム日記


by SAM

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
RTでGO!
セローでGO!
モータースポーツ
只今鈴鹿山脈縦走中
山遊び
RUN・RUN・RUN
BOXING
日記
未分類

リンク

タグ

タグ:大河ドラマ ( 5 ) タグの人気記事

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

真田丸から最後のスタンプへ 二日目 真田丸

さて 今回のツーリング二大イベントの一つ

「NHK大河ドラマ館」見学の日。

9月18日

前日のビーナスラインで我慢してくれた天候は 

もうだめと言わんばかりに朝からの雨 しょぼしょぼじゃないよ。



ドラマ館のある上田城跡へはホテルから歩いて向かいます。

e0044657_21315916.jpg



到着しましたが、ドラマ館はまだOPENしていませんので 

先に上田城址見学です。



上田城のシンボル、本丸南櫓と東虎口櫓門。

e0044657_21331184.jpg


この門の前で立ち止まった敵は窓の隙間から鉄砲や矢で狙われます。

ここには写っていないが 右側にも櫓がつながっており 

側面からも狙われます。

つまり今ここに写っているような人々はほぼ全員死亡ですね。



真田石を原始的な方法でサイズを計ろうとするREIKOさん。

e0044657_2134838.jpg


しかしまあなんですね 毎度毎度思うことなんですが 

こんな巨石どうして運び・積み上げたんでしょうかね。




深々と頭を下げてお願いするREIKOさん その横で なんだ!熊さん。

e0044657_2135298.jpg




上田城址の見学を終え それではドラマ館に入りましょう。

e0044657_2136469.jpg



ホテルで購入チケットを持ち、

入場券売り場に並ぶ長蛇の列を横目にみての入館。

残念ながら館内はほぼ撮影禁止につき外観だけ。

特設テントじゃなくて、旧上田市民会館を利用してます。

そういえば、「花燃ゆ」も上手い具合に

萩市内の旧明倫小学校の体育館を使ってました。



見学中思ったこと  「早く帰って撮りため真田丸見たい~」でした。





上田城址・ドラマ館見学にて熊鹿夫婦とはこれにておわかれ。

お互い次の目的地へとむかう、こんな大雨の中を。

e0044657_2265378.jpg





わたしたちの次なる目的地は小諸城址へR18を走っていると、

後方より近づくバイク一台 物好きは他にもいるものだね大雨の中

で 追い越されたら熊鹿夫婦だった いや~ビックリしたなも~。






e0044657_2263213.jpg







その後 私たちはR18から離れ あえて裏道を小諸へと向かう。

e0044657_2293017.jpg


e0044657_22105036.jpg




やって来ました小諸城址。

e0044657_22362936.jpg


e0044657_22364818.jpg



雨に濡れた 苔むす石垣 美しい。

e0044657_22383486.jpg



上田城址に比べれば 人気の少ない小諸城址 落ち着いての見学を楽しむ。

e0044657_22401787.jpg



ちょっとhideさん 危ないよ!

e0044657_2242498.jpg



映画「シェルブールの雨傘」音楽素敵、カトリーヌ・ドヌーブ たまらん。

「小諸の雨傘一つ」天守台より

e0044657_22431614.jpg



e0044657_22465437.jpg



e0044657_22471090.jpg




駐輪場に並ぶカラフル。


e0044657_22483751.jpg




e0044657_22513335.jpg昼食は毎度のお蕎麦

今回は「草笛蕎麦」

明日香さんでいただきました。

近くの人気店とは対照的な

ひと気なし店ではあったが、

何故客がいないのかが

不思議なくらいの

美味しいお店だった。



e0044657_22523073.jpg






雨の真田丸を楽しんだ後 午後は特別な観光もなく、

ただひたすら 今夜のお宿、静岡へと向かうのでした。





佐久市からR141 右手に見えるはずの八ヶ岳は雲の中

まだまだ降り続く雨、ガスの清里を走り中央道須玉ICへ

e0044657_2343474.jpg




双葉JCTから中部横断自動車道を南下

R52から見上げる 工事中の中部横断道

e0044657_23101492.jpg


富士川沿いの快走を楽しみ 静岡へ。



今宵は 第15代将軍 徳川慶喜の屋敷跡 浮月楼のある

ガーデンスクウェアーホテルにて 

毎度のごとく 酔いつぶれたのであった。


にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
にほんブログ村ポチッとよろしくね^^


e0044657_23213352.jpg

[PR]
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
by power-shoes | 2016-10-12 23:22 | RTでGO! | Comments(6)

真田丸から最後のスタンプへ <一日目 ビーナスライン>

今回 最大の目的は「NHK大河ドラマ館 真田丸」。

撮りためた「真田丸」を追っかけ追っかけ 

どうにか足元までたどり着いてのドラマ館行。

「龍馬伝」で偶然入館したドラマ館 それ以来のミーハー追っかけ。





9月17日 まず向かうは ビーナスライン。

中央道、向かう長野の山々にかかる不安な空模様。

e0044657_2347997.jpg




伊北ICで一般道へ 諏訪へはK50で山越えしてみた 

これがまたいい道、何で快走路マークが付いていない?



茅野からR152 これをこのままいくと麦草峠だが、

今回はそこからそれてK192ビーナスラインを快走する。

e0044657_23481070.jpg



お昼ご飯はお蕎麦までは決めていたが、お店は現地捜索ということで、

諏訪からhideさんパッセンジャーシートで必死の検索。


「あーでもない、こーでもない。

ここはいまいちやな、ここええけどK192から離れるな~」などなど


で 探り当てた人気店、ルート沿いのお店は「登美」さん。

e0044657_23501470.jpg



11時15分、入店時は楽勝だったものの 

次から次への来客に 出るころには駐車場満杯。


e0044657_2351285.jpgお味はさすがの評価だけはある 

私たちの五本に指に入ったが、

また来るには 

ちと遠い^^;





このころには 雲間から 日差しが漏れ始めた。 

e0044657_23531815.jpg


やっぱりピースでしょ ここは。




e0044657_23534423.jpg


言わずと知れた 「ビーナスライン」 

このコース走るのは初めて 気持いい。

e0044657_23542471.jpg





e0044657_23544057.jpg


スズラン峠を越えると 白樺湖までは下り道


e0044657_23545998.jpg



白樺湖には寄り道しないで 向かうは美ヶ原

e0044657_23552858.jpg


とはいうものの ビーナスの走りは楽しまないと。

e0044657_23563183.jpg





そうそう あそこ 指さす方向

e0044657_2357593.jpg

 
あそこがビーナスハイライトのカーブ ビーナスと言えばあそこ。




とはいうものの 現場では雑誌のような写真は望めない。


e0044657_23584688.jpg



次回青空のもと hideさんに高台から撮ってもらおう 私の雄姿を。


 

気を取り直してつづく快走路をクルージング

e0044657_235911100.jpg





霧の駅で右折 向かうは美ヶ原 走るはビーナス 心地よし。

e0044657_23593982.jpg


高いよ~ くねくねだよ~

e0044657_23595242.jpg



意のままに、描くラインをトレースできるBSタイヤ 

最後の最後にこんな素敵なタイヤに出会うなんて、あまりに悲しすぎる。 

だから思い切り振ってみるヒラヒラと。





「道の駅美ヶ原でホットチョコレートを飲むのだ」となんの根拠もなく

ダダをこねたらほんとにメニューにあったホットチョコレート(幸せ~)






e0044657_02533.jpg
 

とそこに突然現れしは 熊鹿夫婦 いつも素敵な笑顔のREIKOさん

ヘルメットの中 この顔は絶対歯を出して笑っているよ熊さん。




この後は一緒に行動するのかなと思い、「少し高原を歩こうか」と誘ったら 

お先に失礼と上田へ走っていきました、毎度のことで^^





e0044657_025566.jpg


片道20分 美しの塔まで歩きます。


風が強く雨も降りそうなのでカッパを背負ってのハイキング。

e0044657_032227.jpg


エディオンでいただいた折り畳み式リュック 役に立つね~。




なんといってもこの寒々しい空 いつ泣いてもおかしくない。

この雲の流れ見てhideさん考えた

「ここはひとつ荒野に立つヨーロッパの廃城はどうだ」


e0044657_041066.jpg
 

”美しの塔”を城に見立ててこの気合のポーズからの一枚がこれ。






e0044657_044136.jpg
 




時間の無さと あまりの寒さに王ケ頭(おおがとう)は断念 次回とした。


王ケ頭へと走る まるで猫バス チガウカ

e0044657_055160.jpg







さあ 今夜のお宿 上田市へと下りましょう。

 
ガスの白樺林を抜け、

e0044657_061495.jpg



このクネクネ 前から車が来なかったら クネクネしなくて済んだのに^^;

e0044657_06349.jpg



これが本当のヘアピンカーブ なんといっても回り込んでますからね

e0044657_06516.jpg


ヘアピンカーブって最初に誰が名付けたのかな?




ググッと堪えてくれた雨雲レーダー

違うホテルの先着熊鹿夫婦を呼び出して 今宵はお久の乾杯の宴、

明日の雨は覚悟の上じゃ。


e0044657_074664.jpg



にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
にほんブログ村ポチッとよろしくね^^




e0044657_075919.jpg

[PR]
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
by power-shoes | 2016-10-09 00:08 | RTでGO! | Comments(12)

GWツーリング 2016会津若松 5日目 龍岡城址~メルヘン街道~麦草峠

5月3日 五日目 最終日


”真田丸”一色の上田の観光は次回”大河ドラマ館”見学時に楽しむとして

e0044657_13225970.jpg



最終日 まずは「浅間サンライン」を東へと走ります。

e0044657_13254789.jpg



もっと 爽快道路かなと思いきや なかなかの交通量

バイクで言うところの快走路とは楽しめず^^;

e0044657_13282735.jpg





そんな道走って やって来たのが ここ 「龍岡城址」

e0044657_13323148.jpg


龍岡城は、長野県佐久市田口にある日本の城跡。幕末期に築城され、

龍岡藩の藩庁が置かれていた。

日本に二つある五芒星形の西洋式城郭のうちの一つであり、

もう一つの西洋式城郭である函館の五稜郭との対比から龍岡五稜郭、

とも呼ばれている。国指定の史跡。           ウィキペディア



と いうことで 城好きは一度は訪問しておかないとね。ソロインテさん^^;



この日は 偶然にも当時の台所が内部公開されていて見学

e0044657_1347126.jpg


そこに置かれていた城郭の模型 星形してます。

e0044657_13475917.jpg






e0044657_13482518.jpg



函館の五稜郭の約半分の大きさ 歩いてその石垣を楽しめる大きさでした。

e0044657_13534634.jpg



e0044657_1354061.jpg



e0044657_1355129.jpg


訪れる人のほとんどいない淋しい城址かと想像していたが、

共通の嗜好を持つ人たちが ちらほら わいわい 

すぐに笑顔でご挨拶に こころ通い合わせた 素敵な竜岡城訪問でした。






ここまで来れば この先は ここでしょ

一度走ってみたかった ここでしょ

そう 「メルヘン街道 麦草峠」

e0044657_13565193.jpg



今日はもう雨降らない予報 白樺の道がきもちいい

e0044657_1481812.jpg



標高2100m もうすぐ峠ですよ めるへん街道

e0044657_14105916.jpg





ウウム もう少し感動的に表れるのかなと思っていたら

意外とあっさり現れた なだらかな麦草峠

土産物屋もなければ整備された駐車スペースもなし

予備知識無かったので 路肩に止まったものの 

後続車の邪魔になって長居できず。

またがったままで記念撮影 よって hideさんと麦草峠は無^^;



e0044657_14172568.jpg





五日間のGWツーリング 盛り込んだ走りの・訪問の目的はこれにて

すべてクリアし、残すは 食の目的一つ へと帰路につきます。



峠を下っている途中 ブロ友熊鹿夫婦さんからLINE

「長野道から中央道へと南下します」

ということで 食の目的地 駒ヶ岳SAで待つよう指示^^




そして 待ってくれていた いつもの笑顔。

e0044657_14245741.jpg



そして 待たせたのに無表情、不愛想なビーマー^^;

e0044657_1427241.jpg




そして いただいたのが これこれ 釜飯

e0044657_14293887.jpg







と 思いきや 地元の野菜 果物がトッピングされた甘~い喜び



e0044657_14305421.jpg



でも なんで釜飯風なんかな? 

視覚演出的には 美味しく感じなかったんだけど が 本音でした。





長いGWツーリング 洗車、沢山のお片付け、明るい内にお家へ

e0044657_14322652.jpg


熊鹿夫婦とは 今回一度の同宿もなく、坂内食堂・交差点・高速SAの

三か所でのピンポイント出会い。

こんなのも 文明の利器を利しての 新しい旅の面白さかな。




ガッツリ走った五日間のGWツーリング 

前半の悪天候も 終わりよければすべてよし。

でも 高湯~浄土平はリベンジするぞ 待ってろ福島・磐梯山。

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
にほんブログ村ポチッとよろしくね^^




e0044657_14451234.jpg





e0044657_14453264.jpg

[PR]
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
by power-shoes | 2016-08-21 14:47 | RTでGO! | Comments(6)

長州の旅 その六 最後はここ行かないと「花燃ゆ」ドラマ館

e0044657_15122379.jpg




萩観光もクライマックスを迎え この後向かうは

NHK大河ドラマ「花燃ゆ」ドラマ館。


ロケ地探しもミーハーやけど、

ここ行くのも なかなかのミーハーであります   はい^^;




大河ドラマは  伝わる歴史の流れの支流では

史実とかなり違うところがあるけれど そこはドラマと割り切って、

だから事実はどうなのかと 調べたりするのもまた面白い。




e0044657_14311290.jpg



明倫小学校の旧体育館を利用したドラマ館、閉館後もこの体育館は

明治維新150年祭の色々な催しものに使われるそう。



ドラマ館内は撮影禁止なので写真はないけれど、

「出口でもしよかったら買ってください」の例の無料撮影


e0044657_14293010.jpg



館内では撮影現場の紹介や ロケ風景の映像なども流れ

先にここ来ておけば良かったは後の祭り。



明倫小学校、古くは萩藩の藩校「明倫館」のあったところ。

主要行事の時しか開かなかった南門が今も残る。

e0044657_14295568.jpg








ちょうどお昼、前日の夕方から翌お昼までの短くも濃厚な萩を後に、

来た道戻ってお昼はhideさん行く前からの決め打ちのここ、

道の駅萩往還の 「見蘭牛ダイニング 玄」

e0044657_14495013.jpg


残念ながら お目当ては売り切れだったが、(11時に行かないとね)

とても美味しくいただきました。


e0044657_14555912.jpge0044657_14554593.jpg




夕方出航のフェリーに間に合わすべく九州へ、門司へと、

早めの萩を後にしました。



維新胎動の地 歴史を知れば知るほど面白い 見どころいっぱいの萩、

三泊二日の長州の旅でした。



にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
にほんブログ村ポチッとよろしくね^^





e0044657_155365.jpg

早めに門司に着いたので 門司港レトロでダメ押し観光^^




e0044657_1575979.jpg








e0044657_1581368.jpg




ZZZZZZZZZZzzzz・・・・・・・・・
[PR]
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
by power-shoes | 2015-12-12 15:16 | RTでGO! | Comments(6)

歴史の表舞台には立たなかった名城

「日本100名城」 滋賀県内では4城址が選ばれています。


彦根城:言わずと知れた 国宝天守閣 ”ひこにゃん”の居城でもあります^^

 
安土城:言わずと知れた 織田信長の居城 楽市楽座の城下町

小谷城:言わずと知れた 浅井長政とお市の方が愛を育んだ悲運の城
     大河ドラマ「お江」で一躍表舞台に。

観音寺城:言っても誰も知らない  山の上にあります^^;




その滋賀県民でも多くの方が知らない観音寺城へ行ってきました。

で どこにあるのと言うと ここ 安土城のすぐ近くです。

e0044657_20414891.jpg


「じゃあ 何故そんなにマイナーな城址が「日本100名城」に選ばれたの?」

とのお声が聞こえてきそうですのでお答えしましょう。


日本の城で初めて築かれた本格的な高石垣が山中に残り、

標高433mの山全体に多くの曲輪跡が設けられ、

戦国時代の山城としては最大級の規模をもつ。  (ガイドブックより)


ということで 城郭史的にはなかなか重要なお城跡なのであります。




その前に 予習の為立ち寄ったのが安土城考古博物館

e0044657_20542169.jpg
 

安土城だけでなく観音寺城も解説されています。

  
安土城天主閣を復元した「信長の館」もすぐ近くにあります。



予習が済んだら 登山口まで車で移動して 

冬期は車道が閉鎖ですので麓から登ります。


e0044657_20552466.jpg

石段はとっても不規則で 右へ行ったり左へ行ったりと登りにくいけれど

往時をしのばせるたたずまいで趣があって実によろしいかと。

e0044657_20561010.jpg



e0044657_20594468.jpg途中から手すりに三十個の

名言が取り付けられていて
e0044657_210379.jpgこれを一まで読み進んでいくと

頂上と言う仕組みになっています。

e0044657_2103463.jpgそして その名言が実によろしくて 

すべてカメラに収めてきました

e0044657_2145017.jpg全部紹介できないのが残念なくらい

素直に入ってくる身近な言葉に

心洗われました。

e0044657_2151596.jpg残り25名言は現地にて。


階段を上りきると二体の仁王さんが出迎えてくれます。

e0044657_217574.jpg

ここは観音正寺 

本丸跡はここから500mほど登り進んだところにあります。

e0044657_2110134.jpg
e0044657_21101749.jpg
e0044657_21104231.jpg
e0044657_2111447.jpg
 


遠くに 近江富士 三上山が見えます。

e0044657_21161535.jpg




これでスタンプは 

安土城考古博物館で押した安土城を含めて4個になりました。
(安土城は何度も登っているので 今回はスタンプのみ)

e0044657_21171068.jpg
  




訪れる人も少なくひっそりと、歴史の表舞台には立たなかったけれど

それでも 100名城に選ばれたのは 

城郭好きとしては 嬉しい限りの 久々の観音寺城でした。



e0044657_21205620.jpg

[PR]
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
by power-shoes | 2014-01-22 21:22 | 日記 | Comments(4)

最新のコメント

ほんとだ!LINEの写真..
by 仙人 at 22:06
IDEさんへ ありがと..
by power-shoes at 06:31
たこやきSundayさん..
by power-shoes at 19:04
ぶんさんへ さりげなく..
by power-shoes at 18:30
SAMさんキャップ似合い..
by IDE at 23:36
SAMさん 私も思います..
by たこやきSunday at 22:06
さり気ないデザイン、カッ..
by ぶん at 19:45
硬モリさんへ 控えめな..
by power-shoes at 21:54
こんばんは! BMのキ..
by qjoo at 20:46
saraさんへ おはよ..
by power-shoes at 09:57
おはようございます ..
by sara at 07:59
熊鹿夫婦さんへ なって..
by power-shoes at 23:11
あれこれ新しくなってく(..
by 熊鹿夫婦 at 07:05
たこやきSundayさ..
by power-shoes at 22:37
ディーラーの待ち時間・・..
by たこやきSunday at 07:36

最新の記事

BMW Motorrad ア..
at 2017-04-20 23:55
BMW Motorrad ア..
at 2017-04-17 23:09
BMW Motorrad ア..
at 2017-04-14 22:17
RT1000km点検と美味し楽し
at 2017-04-13 13:07
BMW Motorrad中部..
at 2017-04-10 22:20
春だというのに冬のトピック
at 2017-04-05 06:50
若狭湾三方五湖 いか丼いた..
at 2017-03-31 21:26
お年玉プレゼント当たりました
at 2017-03-28 22:57
いなべ梅林公園
at 2017-03-24 23:41
走るぞ~の土曜日 寒すぎませ..
at 2017-03-23 22:30

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
more...

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

車・バイク
旅行・お出かけ

画像一覧