人気ブログランキング |


BMW R1200RT100thとおんぶセローでバイクライフを楽しむ SAMとhideのぶらぶら日記


by SAM

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
RTでGO!
セローでGO!
幕末維新を訪ねる
100名城
四国八十八ヶ所
モータースポーツ
BOXING
只今鈴鹿山脈縦走中
山遊び
RUN・RUN・RUN
日記
未分類

リンク

タグ

さよならトイドローンTELLO これを奇跡と呼ばずになんと呼びましょう



風に流され、展望台へ戻すことは諦めたトイドローンTELLO

かくなる上はTELLOの眼を使い鬼ノ城(きのじょう)へ

不時着させるしかないとと判断し、携帯に送られてくる画像を

頼りに城に向け飛ばしていたがその画像がプツリと切れた。





e0044657_23432309.jpg


バッテリーが切れたのか、Wi-Fiがつながらなくなったのか?

はてさてどこへ飛んで行ったのやら

鬼ノ城まではまだだいぶ遠かったはず。





こんな広い山の中、探しようもなければ、

落下して木に引っ掛かっているを発見したとしても

救出は不可能だし、遺作も撮ったし諦めて帰るかと迷ったが、

やっぱり城跡まで戻り当てのない捜索をすることにした。





e0044657_18512772.jpg

正直全く当てがない「城壁にぶつかって落ちてないかな」

「谷の木に引っ掛かってないかな」

捜索の的を絞ることもできず先程見学した鬼ノ城内を

ウロウロするのみ。  



やっぱり無理だ。

お城跡まで飛んできたかもわからないのに。



諦めるしかない、

人や建造物に危害を加えていなかったことだけでも良しとしよう、

と戻り始めて何気に柵の反対側のぞき込んでみた、

発見できるかもしれないなんて期待もせず。




そうしたらどうでしょう、そ・そ・そこにTELLO

ちょこんと居るじゃないですか。




e0044657_18562428.jpg


TELLOTELLOTELLOって目がTELLOになっていたから、

木の枝でもTELLOに見えたのかなって

ドラマじゃないけど目をこすった。




e0044657_18563365.jpg

いや~ これには驚いた!

発見したのもすごいけど、ここまで飛んできたのもすごい!

しかも どうもこの柵にぶつかって落下したようだ。

高さ120cmくらいのこの柵にピンポイントでぶつかるなんて、

もうこれは奇跡としか言いようがない。





e0044657_18563999.jpg

ズーム効果で近くに見えるが展望台からのその距離150m

ただただこれは奇跡の積み重ねとしか言いようがない。



もう二度とこんな無茶しないぞと誓った、

トイドローンTELLO、奇跡の生還物語。



ポチッとよろしく ^^

にほんブログ






ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
# by power-shoes | 2019-04-16 19:52 | 日記 | Trackback

さよなら トイドローン TELLO 飛行から消息不明まで




タイトルは“さよなら”だが、

結果的には手元に戻ってきた奇跡の物語。





岡山県総社市の100名城「鬼ノ城」を訪れた時のこと。

最近はどこへ行くにもTELLOを持ち歩く、

隙あらば迫力の写真を楽しむため。





e0044657_23423278.jpg

ビジターセンターの駐車場から

鬼ノ城跡へ向かう途中に道をそれて展望台に立ち寄った。





e0044657_23424503.jpg

ただしこの時は他に客有りTELLOを飛ばすことが出来ず、

鬼ノ城跡見学へと向かい、その帰り再び立ち寄った。




人気なし、チャンス到来。慣れた手つきで一気に急上昇、

そして撮影。



e0044657_23425431.jpg




しかし、問題はこの時この後、欲が出た。

ドローン飛行に禁句の「欲」が出た。


「私の後姿をフレームに入れたい」

これが大きな間違い、大いなる過ち。



後方に引きながら高度を上げ始めたその時だった・・・

谷へ吹き下ろす風に一気に機体を持っていかれてしまった。

展望台ではそれほど危険な風は吹いていなかったのだが、

上空の風は見えなかった。

携帯コントローラで必死に戻そうとしても

見る見る離れていくTELLO

どんどんどんどん離れていく機体 流されていく機体。

携帯画面を押す指に力が入る、押す力の強弱は全く関係ないのに。

きっと体まで傾いていたと思う^^;

そんな努力の甲斐もなくどんどん離れていく機体。

遂には背景の山に同化して姿すら確認できなくなった。






諦めた「さよならTELLO





しかし幸いにもTELLOの眼からの画像は送られてきていた。

こうなったら遺作を残そうと、押し流されていくTELLOから

「鬼ノ城」に向けシャッターを押した、何回も押した。





e0044657_23431061.jpg
風に逆らい傾いた機体から送られてきた一枚。

短い間だったけどありがとう、色々と楽しませてもらったよ。

「さようなら」 と見えない機体に別れを告げた。

帰還の期待もむなしく。






と その時、ふと思いついた「高度を下げてみたらどうなる」




そうしたらどうだ、TELLOの眼に映る鬼ノ城が

どんどん逆方向に動き始めるではないか。

何々 戻ってきてる まさか戻ってきてる!!




機体が見えた、肉眼で見えた やった~戻って来た~!



と喜んだのはここまで。

手元に戻そうと高度を上げ始めたとたん   だめだ!

谷へ吹き下ろす風に再び一気に持っていかれコントロール不能。

またしてもどんどん押し流されていく機体に腹をくくった。

もう手元には戻らない、バッテリーもどんどんなくなっていく。

かくなる上は、鬼ノ城へ向け飛ばし、

送られてくる画像を頼りに不時着を考えた。

もうこの飛行しかない。





どんどん近づいてくる鬼ノ城、近づいてくる鬼ノ城。

もしかして、うまくいくか、うまくいくか、と思ったその時

携帯に送り続けられていたTELLOの眼からの画像が消えた 

ぷつりと消えた。




勿論 機体はとっくに見失っていて、 

どのあたりを飛んでいったのか全く見当がつかないままに

消息を絶ってしまった。





e0044657_23431795.jpg

e0044657_23432309.jpg


展望台から鬼ノ城までの距離、150m。

何処へ飛んで行った?




ポチッとよろしく ^^

にほんブログ










ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
# by power-shoes | 2019-04-12 00:03 | 日記 | Trackback

広島県 吉田郡山城 100名城 山陽道編




100名城 山陽道編三日目。


最終日向かったのは広島市より北東へ約50kmの安芸高田市。


毛利家の居城、吉田郡山城を訪れた。




e0044657_20581100.jpg


いつものように歴史民俗博物館でにわかお勉強^^;



吉田郡山城

毛利氏活躍の拠点となった山城。


1550年ころ、毛利元就によって

270もの曲輪を持つ西日本最大級の城に生まれ変わり、

1591年、孫の輝元が広島城に移るまでのあいだ

毛利家が居城としていた。





標高390mの郡山全体を要塞とする巨大な城郭。


今に残るのは石垣や土塁、掘だけだが、

これはこれで山城の楽しいところでもあり、

登山そしてぐるり見学ルート一周コースで出発。




e0044657_20581778.jpg


まずは毛利元就のお墓にたちよる。



e0044657_20582778.jpg


一面のコケが美しい毛利元就のお墓。




e0044657_20584202.jpg


それでは、本丸に向け出発。




e0044657_20583516.jpg

まずは銀杏の落ち葉を踏みしめて。





e0044657_20585123.jpg

登山道に入ると道を覆い尽くす落ち葉を踏みしめて登っていく。

尾根伝いに上って御蔵屋敷、三の丸を経由して二の丸到着。



e0044657_20585753.jpg
そこから一段上がって本丸に到着。



e0044657_20590570.jpg
そしてさらに奥の一段高いところに物見櫓が建っていた。




e0044657_21141064.jpg
これだけ周りに木や枝が多くあるとドローンを高く上げるのは危険。

これくらいの高度では、

居合わせた誰かに頼んで撮ってもらったのと変わらぬアングル^^;



帰路は別ルートの一周コースを下山。

展望台で毛利家の家紋「一文字三ツ星」を納めた後に案の定

枝にドローンをぶつけて墜落。プロペラ一枚を紛失。



e0044657_21185786.jpg





e0044657_20591311.jpg
登り始めてから1時間と30分。

山歩きも撮影もドローンもしっかり楽しんで

郡山をバックに記念の一枚。



e0044657_21224312.jpg



中国道三次ICより11月25日 秋真っ盛りの中帰路に就く。



e0044657_21225008.jpg
周りに車を気にすることなくのんびりとハンドルを握り

右に左に前に赤い(茶色い^^;)山を眺めながらのクルージング。

それにしても中国道はスイスイ、

眠たくなるちょっと手前の気の抜けた美しい走りを楽しんだ。

お城三昧とドローンを楽しんだ三日間だった。



岡山県 鬼ノ城(きのじょう)

広島県 福山城、

山口県 岩国城、

広島県 広島城

広島県 郡山城





ポチッとよろしく ^^

にほんブログ





e0044657_21410012.jpg






ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
# by power-shoes | 2019-04-08 21:48 | 100名城 | Trackback

広島県 広島城 100名城 山陽道編




岩国城を後にして、本日の宿泊地広島市へと向かう。




東横インにチェックインして広島城まで歩いて向かったのだが

これが想像以上に遠かった(2.3km、30分)4時過ぎに到着。




e0044657_20371953.jpg






平成2年に再建された左から、表御門・比良櫓・多門櫓・太鼓櫓。





e0044657_20372508.jpg

表御門から入城、





e0044657_20373117.jpg

中御門後を通って天守閣へ。





e0044657_20373790.jpg

天守閣入口、

こんな時間にもかかわらず外に列が出来ていたのには驚いた。

インバウンド多し。



広島城

1589年、毛利輝元が築城に着手。

望楼型の五重五階の大天守に小天守を二基連ねた連結式天守をはじめ、

立ち並ぶ櫓群が120万石の大名にふさわしい格式を誇った。

昭和20年原爆によって倒壊した天守は、昭和33年に再建された。

(日本100名城 より)





e0044657_20391001.jpg

じっくり展示物を楽しんで、天守を出たころには、





e0044657_20403534.jpg

まだ青がかすかに残る夜空をバックにライトアップされていた。





e0044657_20392402.jpg

入城は表御門、退城は裏御門跡から。


あたり真っ暗で一人じゃちょっと気持ち悪いくらいだったのに、

外国人観光客の姿があちらこちらに。

安全の国日本を象徴するような光景だった。




ところで 初めて広島城を訪問したのは昭和48年45年前のこと。

当時の入城料は30円^^

ちなみに現在の入城料は370円。(それでも安い!)


ポチッとよろしく ^^

にほんブログ



前回、hideさんと訪れたのは2009年12月、

もう9年も前のことになるんだね。


e0044657_20133711.jpg







ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
# by power-shoes | 2019-04-02 20:43 | 100名城 | Trackback

山口県 岩国城 100名城 山陽道編




福山駅前東横INNで独り寝を寂しんだ翌朝24日





e0044657_21313669.jpg


秋晴れだよ!



福山駅前から山口県岩国市まで140km 高速移動で2時間。






e0044657_21314940.jpg

快晴の岩国城下に到着。

雲一つないとはこういうことを言うんだろうな。
(右の白い線は飛行機雲)




有名な錦帯橋は13年前(平成17年)に訪れたけど、



e0044657_21503425.jpg


お城に上るのは46年ぶりのこと。

いやはやずいぶん昔のことだな。


歩いて登ることもできるがロープウェーを利用した。
(写真なし^^;

半世紀近くも昔のこと、

毎度のことながら全く以前の記憶なく蘇りもせず。

ある意味フレッシュでいいけど。





e0044657_21315994.jpg

岩国城

福山城同様、徳川幕府が西国の諸藩に睨みを利かすために築いた城。

8年の歳月を経て1608年に竣工した。

しかし、そのわずか7年後、

一国一城の令により廃城となってしまった。




e0044657_21322747.jpg

四重六階の天守は、

上層が大きく張り出した特異な形式の「南蛮造」と呼ばれる。




e0044657_21530311.jpg

この天守の本来の天守台はこちらだが、昭和37年の天守再建時、

錦帯橋から見えるようにと50mずらして建築。




e0044657_21550767.jpg

確かに錦帯橋と天守のツーショットは絵になり

岩国市に先見の明ありというか、

当時のトップの頭が柔らかかったというか、

今ならきっと国の許可下りないんじゃないかな?




e0044657_21320767.jpg
天守より城下を、遠くに瀬戸内海を望む。






e0044657_21321960.jpg
錦帯橋が眼下に。




e0044657_21583419.jpg

下山は歩きで秋を満喫。




e0044657_21584054.jpg
前撮りとそれを眺めるカップルと、それを撮影する一人ぽっち。




e0044657_21584706.jpg

錦帯橋、お金払っても一度は渡る値打ちあり。




e0044657_21590171.jpg
錦帯橋渡って河川敷駐車場で飛ばしてみたTELLO。

勿論多くの観光客の手前、さっと上げてさっと降ろしてだったが

いい写真が撮れました。






e0044657_21590712.jpg

何回か取り上げている山口県のガードレールはオレンジ色。



さて、次は広島城。

今夜のお宿の、広島市へと向かおう。



ポチッとよろしく ^^

にほんブログ






e0044657_21585558.jpg








ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
# by power-shoes | 2019-03-28 22:14 | 100名城 | Trackback

広島県 福山城 100名城山陽道編



なかなかに興味深い鬼ノ城を後にして、

次に向かったのは 今夜の宿泊地の広島県福山市。


岡山総社ICから高速へ、山陽道を西に向かって気持ちよく走っていた

「どこのPA」だったか忘れてしまったが、

「広島」と書かれた紙を持つヒッチハイカー発見。




e0044657_22234919.jpg

何を隠そうSAMさん(隠してないけど^^;)

学生時代にはヒッチハイクで旅した身。

よって、ハイカーを見ると恩返しがしたくなる。

ところがハイカーは広島、私ずいぶん手前の福山。



SAM「乗せてあげたいけどほんの少しだよ」

ハイカー「お願いします。オープンカーに乗りたかったので」 


ほんのわずかな距離だったけど

福山IC手前のPAまで一人ぼっちじゃなかった。




鬼ノ城での思わぬ「さよなら私のTELLO」事件で

予定が大幅に狂って3時過ぎ福山城到着。




e0044657_22235716.jpg


早速ボランティアガイドさんをお願いして隅々まで案内してもらう。


福山は1615年の大阪夏の陣の後、1619年に西のアンチ徳川に

にらみを利かすため水野勝成が領主となり、1622年城が築かれた。


「この角度がいいんだよ」と案内されて撮った写真、

コンパクトカメラでは収まり切らずにごめんなさい不採用^^;






e0044657_22241042.jpg

裏に回って人気のない天守閣 光の加減で素敵な一枚が撮れた。





e0044657_22321127.jpg

太平洋戦争でそのほとんどが焼失したが、戦火を逃れた筋金御門。





e0044657_22244937.jpg

復元された御湯殿は実にユニーク。

石垣上に張り出し、

展望施設とお風呂(当時は湯船ではなく蒸し風呂)を兼ねていた。

奥に見える櫓も戦火を逃れた伏見櫓(京都伏見城からの移築)





e0044657_22334289.jpg
鬼ノ城で奇跡の帰還に成功したトイドローンTELLO活躍する。




かくして、100名城訪問 山陽道編の初日終了。

それにしてもTELLO 良く帰還したものだ。



ポチッとよろしく ^^

にほんブログ



e0044657_22334888.jpg










ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
# by power-shoes | 2019-03-25 22:39 | 100名城 | Trackback

岡山県 古代山城 鬼ノ城 100名城 山陽道編


山陽高速道路を利用して100名城を5ケ所楽しんだ

1泊2日の旅。



岡山県 鬼ノ城(きのじょう)

広島県 福山城、

山口県 岩国城、

広島県 広島城

広島県 郡山城







まずは鬼ノ城へ向け山陽道を西へ走り、岡山総社ICで下道へ。




e0044657_20293362.jpg

右上、山頂付近に見えるのが目的地鬼ノ城の復元された城壁。



砂川公園内を抜け鬼城山ビジターセンターへは




e0044657_20293937.jpg

かなり狭い道を行くと書いてあった通り確かに狭い、

ゆずりあい精神を発揮しないと危険な道だった。





ビジターセンターで下調べ。




e0044657_20294513.jpg

鬼城山山頂をぐるりと堅固な城壁が総延長2.8kmもつづく。




鬼ノ城(きのじょう)

鬼ノ城は史書に記載が無く築城年は不明だが、

7世紀後半に築かれたとされている。

しかし、発掘された土器を見れば、667年頃の築造説もある。



ビジターセンターを後に

鬼城山山頂に向け遊歩道を登っていくと、学習広場展望台。



e0044657_20295214.jpg


そこから眺める西門と土塁城壁。

近そうに見えるがその距離180m。

(登りの学習広場展望台には他にも見学者がいてドローンは

飛ばせなかった。帰り道、人気のないのを確認しドローンを飛ばした。

ところがここでトラブル発生! これについては 

タイトル「ドローンに禁物“欲の文字”」近日公開乞う御期待!) 






e0044657_20355637.jpg

復元された西門と版築(ばんちく)土塁





e0044657_20360391.jpg

敷石。  城壁を保護するための敷石の発見は、国内初だとか。






e0044657_20354552.jpg

城壁の80%は石垣ではなく、版築土塁といわれる土を固めたもの。

幾層にも踏み固められた見事な版築土塁。


11月23日





e0044657_20380503.jpg

燃えるような赤が青空に眩しかった鬼城山山頂東屋。





e0044657_20355169.jpg


西門から見た学習広場展望台、近そうに見えるがその距離180m。





e0044657_20400578.jpg
復元西門から続く塀。

この塀が奇跡を起こすことになろうとは、この時は知る由もない。













古代山城 鬼ノ城を跡にして、次なる目的地福山城へと向かう。








お腹が空いたので こんなところで昼食を取ってみた。





e0044657_20402780.jpg

砂川公園から出たところのちょっと怪しげなお店。

一旦通り過ごしたが、引き返していただいた焼きそば。





e0044657_20402097.jpg
夏にはフルーツ果汁たっぷりのかき氷がとっても美味しいとか。

遠方からも食べに来るらしいけど、

じゃあ滋賀から食べに再訪するよ近いうちに^^




ポチッとよろしく ^^

にほんブログ





今回は時間の都合もあって復元された城門付近だけの見学だったが、

いつの日か城壁を一周してみたいと思った。

その時は フルーツかき氷だ~~~ ^^



e0044657_20401220.jpg








ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
# by power-shoes | 2019-03-21 20:52 | 100名城 | Trackback

「新幹線にしがみついているよう」 MotoGP開幕!




Moto
GP 2019が開幕した。

レギュラー参戦の日本人ライダーは、

Moto
3-6人、Moto2-1人、MotoGP-1人。

とりわけ最高峰クラスのMotoGPクラス、走るバイクは

HONDA・YAMAHA・SUZUKIが活躍しているにも関わらず、

日本人ライダーは中上貴晶一人のみは実に寂しい。




e0044657_23361909.jpg




と、ところが 日本人ライダーが優勝した~!!!




e0044657_23362780.jpg

Moto3クラスの鳥羽海渡。

もう、残り数周の見ていて苦しかったこと苦しかったこと。

ひたすら「転倒するなよ」と祈っていた。





e0044657_23363336.jpg

今は亡き富沢祥也がMoto2元年 

同じく開幕戦カタールで優勝した時の

ハラハラとドキドキを思い出した。

MotoGPクラスでは、中上貴晶がシングルフィニッシュの9位、

今年は楽しませてくれそうだ!






ところで、その中上だが。

昨年の新聞紙上、出光の社長との対談記事で

こんなことを語っていたのが印象的だった。




e0044657_23363916.jpg

MotoGPクラスのマシンは最高速でで350km/hに達します。

常に1000分の1秒を争う世界にいます。

ずっと新幹線にしがみついているようですよ。」




「幹線にしがみついて」は驚いた!

新幹線の中には乗れるが、外には乗れん。

同じバイク乗りでもやっぱりプロ

とてつもない
を感じたフレーズだった。



ポチッとよろしく ^^

にほんブログ







ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
# by power-shoes | 2019-03-15 23:59 | モータースポーツ | Trackback

高知を楽しんで 竜馬脱藩 幕末維新



今回の大いなる目的地梼原を後にて気が抜けてしまったか、





e0044657_20511531.jpg

梼原から高知市内「龍馬が生まれたまち記念館」まで

一枚の写真もない^^^;





e0044657_20512188.jpg

左から、しっかり者の竜馬のお姉ちゃん乙女さんと龍馬、

そして竜馬の友人近藤長次郎。

本当は竜馬と長次郎の間に座って写真が撮りたかったのだが、

閉館前でお願いする人が・・・^^;





e0044657_20512854.jpg

「祝 坂本龍馬先生誕生祭」の垂れ幕の右横が竜馬生誕の地碑。



思い出たくさんの地、思い出に触れたくて「おかげ横丁」

鰹の塩たたきをいただいたのは言うまでもない。




e0044657_20513497.jpg




そして三日目

一夜明け、向かったのが高知城 もう何回目だか。

今回はボランティアガイドさんをお願いして、

マニアックで楽しいお話しを聞かせていただいた。





e0044657_20535658.jpg


重厚な石垣の上に立つ独立式望楼型4重6階の天守は見ごたえあり。





e0044657_20540251.jpg

本丸の建造物が完全に残る唯一の城として知られている高知城。




e0044657_20540921.jpg


この時、一週間後に迫った「光の祭典」の準備が行われていた。




高知城を堪能して、高知道で帰路に就く。

途中目にした夏に起こった下り車線の崩落現場跡。





e0044657_20542290.jpg


高知道から徳島道、




e0044657_20543521.jpg

淡路島を縦断して淡路PAで一休み。



e0044657_20542991.jpg

やっぱり撮ってしまうこのカット。   いいね~野球少年たち。



e0044657_09492397.jpg
さあ、明石海峡大橋を渡って 家へ帰ろう。



幕末維新を知る上でどうしても訪れてみたかった脱藩の道と韮ケ峠。

幕末から維新へと日本が大きく振れるきっかけとなった竜馬の脱藩。

この平和な日本人(SAMさん)が当時の人々の気持ちを知ることなんて

到底できないが、命を懸けて戦った若者達に唯一できることは 

ただ冥福を祈るのみ。




ポチッとよろしく ^^

にほんブログ









ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
# by power-shoes | 2019-03-10 22:08 | 幕末維新を訪ねる | Trackback

脱藩の峠・韮ケ峠へ 竜馬脱藩 幕末維新





竜馬脱藩当日。




e0044657_22111806.jpg

那須邸跡




那須邸を後にした竜馬は、迎えに来た沢村惣之丞と、

那須俊平、信吾親子の案内で韮ケ峠を目指す。





e0044657_22143218.jpg
e0044657_22143857.jpg


梼原から韮ケ峠(愛媛県へと抜ける県境の峠道)まで、

グーグルマップで20km・車で40分、徒歩5時間と出た。

さあ、韮ケ峠まで行こう、RT振り回して、

細道クネクネ40分楽しめるぞ~。






e0044657_22113573.jpg

とその前に昼食購入、ウウムさすがに二個目はくどかった^^;





e0044657_22115080.jpg

竜馬が越えた峠には諸説あるが、現在ではほぼこの峠となっている。





e0044657_22115890.jpg

走るこの道のすべてが竜馬が歩いた旧峠道ではないが、




e0044657_22120693.jpg

眺める景色、向う峠、広がる空はバイクで走る道として、





e0044657_22122320.jpg


十分に楽しませてくれた。



e0044657_22123022.jpg


対向車に出会ったかな?



e0044657_22123681.jpg

そして遂にやってきた韮ケ峠。




e0044657_22200395.jpg

もちろん当時はけもの道のような峠道だったんだろうけれど。





e0044657_22190797.jpg

「我ら再び生きて 故国土州の土を踏まず!!」

(坂本龍馬・沢村惣之丞)

伊予の国(愛媛県)へ向かう三人(竜馬・澤村・那須父)

の足跡と、見送って梼原へと戻る那須信吾の足跡が残っている。




日本国の未来に己が力をささげるために決行した脱藩。

平和な(平和ボケともいう)今の日本においては

想像を絶するような覚悟の脱藩(死)だったんだろうな。







e0044657_22201081.jpg

右の脱藩の道から上ってきて、左の林道で下った。

もっと多くの観光客が訪れているのかと思った韮ケ峠。

ドローンを飛ばして楽しむ間も全く人の気配を感じることが無かった。






e0044657_22191650.jpg


下りの落ち葉の林道は緊張した。




梼原を後にして、今夜のお宿 高知市へと向かう。




ポチッとよろしく ^^

にほんブログ





e0044657_22234069.jpg







ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
# by power-shoes | 2019-03-07 22:19 | 幕末維新を訪ねる | Trackback

最新の記事

さよならトイドローンTELL..
at 2019-04-16 19:52
さよなら トイドローン TE..
at 2019-04-12 00:03
広島県 吉田郡山城 100名..
at 2019-04-08 21:48
広島県 広島城 100名城 ..
at 2019-04-02 20:43
山口県 岩国城 100名城 ..
at 2019-03-28 22:14
広島県 福山城 100名城山..
at 2019-03-25 22:39
岡山県 古代山城 鬼ノ城 1..
at 2019-03-21 20:52
「新幹線にしがみついているよ..
at 2019-03-15 23:59
高知を楽しんで 竜馬脱藩 幕..
at 2019-03-10 22:08
脱藩の峠・韮ケ峠へ 竜馬脱藩..
at 2019-03-07 22:19

以前の記事

2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
more...

記事ランキング

画像一覧

最新のコメント

ぶんさんへ ね、ね、素..
by power-shoes at 21:16
みつえっちゃんへ 本栖..
by power-shoes at 21:13
hideさんの笑顔に胸打..
by ぶん at 19:27
SAMさんへ やっぱり..
by みつ at 18:22
ずっといられる本栖湖ブル..
by みつえっちゃん at 17:00
sennin411さんへ..
by power-shoes at 18:29
今年は白シャツ、BMWの..
by sennin411 at 13:29
えっちゃんへ 今までの..
by power-shoes at 17:00
二日間とも本当に良いお天..
by えっちゃん at 09:45
ソロインテさんへ 汗ば..
by power-shoes at 18:58
Y RAVENさんへ ..
by power-shoes at 22:55
私達は行けませんが、皆さ..
by RAVEN at 00:19
たんたんさんへ 波平さ..
by power-shoes at 18:41
3枚目の富士山は 「波..
by たんたん at 18:06
たこやきSundayさ..
by power-shoes at 12:44

ファン

ブログジャンル

車・バイク
旅行・お出かけ