BMW R1200RT100thとおんぶセローでバイクライフを楽しむ SAMとhideのぶらぶら日記


by SAM

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
RTでGO!
セローでGO!
幕末維新を訪ねる
100名城
四国八十八ヶ所
モータースポーツ
BOXING
只今鈴鹿山脈縦走中
山遊び
RUN・RUN・RUN
日記
未分類

リンク

タグ

甲府から中央道を走って思い出の地へ




4日、甲府駅前のINNから歩いて甲府城址へ朝のお散歩。




甲府城は竹田氏滅亡後、豊臣政権の重臣たちによって、

前日訪れた竹田氏館に代わる城として築城された。

関ヶ原の戦い後は、徳川一門によって支配された。






さすがに朝、

人気少なく絶好のドローン環境と判断して飛ばしてみました。





e0044657_19553854.jpg


平成12年に再建された稲荷櫓。

遠くからこの櫓が目に入ったものだからこのスロープを登ってみたが、

城址公園としてはどうも裏口だったようだ。

実際に艮(うしとら)の方角で鬼門でもあった。






e0044657_20181840.jpg


スロープを登り切ると目の前に立派な野面積みの天守台は見ごたえあり。




トイドローンとはいえ、

落ちる場所によっては迷惑をかけるので慎重に飛ばしたい。

ところが、ドローン撮影にもれなくついてくるのが「欲」、

「もっといいアングル」が時に冷や汗ものになる。





e0044657_19554886.jpg


この写真も、「手前の塀を入れたい」欲が出て、

撮影には成功したが直後コントロールを乱し、

塀の向こうに見えなくなってしまうハプニング発生。

携帯画面を見ながらドローンのカメラを頼りに

なんとか戻すことは出来たが、突然の制御不能、

見えないところに飛んでいくは冷や汗ものである。







e0044657_19555420.jpg

にもかかわらず、鉄門(くろがねもん)でも飛ばしてみた。

ここは欲を出さず、さっと上げて、さっと降ろす。

一瞬の撮影に楽しさを見つける。







e0044657_19560545.jpg

甲府城址を後に中央道を諏訪方面へ。岡谷JCTまで14km








e0044657_19561466.jpg

恵那山トンネルを抜けて向かったのは岩村城址歴史資料館。




e0044657_21103001.jpg

前回hideさんと来たときに100名城のスタンプを押し忘れ、




e0044657_20073985.jpg



e0044657_20074509.jpg

今回は一人、平成2年に再建された、御殿門と太鼓櫓を見学。







帰路、経由地を全く指定することなく、

ナビ通りに走っていると何やら見たことのある景色に出た。





e0044657_20075246.jpg

小原の春と秋に咲く四季桜の名所だった。



ここは以前、

hide
さんのリクエストで訪れた時は三分咲きで見学を諦めた。

この日だったら喜んでくれただろうな、満開。






そして、この日の最後のミッションは、

中部スタンプラリーの完走賞をいただくこと。



e0044657_20075922.jpg


Motorrad Mitsuoka 名古屋店にてGET! (かっこいい保温ボトル)



ハラハラドキドキのドローン撮影と思い出いっぱいのセンチメンタル。

いつも二個いただいていた完走賞も今年は一個。



新東名から中央道をぐるっと回って二日間。

お天気に恵まれ楽しいドライブだった。



ポチッとよろしく ^^

にほんブログ



e0044657_21125853.jpg










ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
# by power-shoes | 2019-02-17 20:13 | 100名城 | Trackback

2018年最後のクシタニCBM ~ 甲府へ



11月3日(土)

2018最後のクシタニコーヒーブレークミーティング

NEOPASA
清水へと向かった。




e0044657_21335510.jpg

名古屋港をまたぐ名港トリトン。

バイクの時は風が心配だけど今日は安心。





e0044657_10002671.jpg




都会じゃごろごろ走ってるんだろうけど、

初めて見たよNSX。   オーラ感じないな~






新東名清水では正面に富士山が見えるのだが、

写真が残っていないということは見えなかったということか。








e0044657_21353847.jpg


2018年を締めくくるCBMだからもう少し盛大に

やっているのかなと思ったら意外や寂しい。

ちょうどにぎわう時間帯の10時なのだが?





e0044657_21352984.jpg



かなりの風で「TELLO」傾く。

これ以上の高度は怖くて上げられなかった。







CBM
を後に向かったのは甲府市、

今回はお城を楽しむの旅。(今回も か^^





甲府市へ北上の道は、R52を使わず、


富士川東岸、JR身延線に沿って走るK10。






e0044657_21340975.jpg

身延線だけに勿論身延駅前を通過する。





e0044657_21341609.jpg

笛吹ラインで甲府市へ。



城址へと向かう前に甲府市を通り過ぎて立ち寄ったのがここ。



e0044657_21381934.jpg


JR中央線塩山駅のすぐ近く「三省堂菓子店」




e0044657_21390008.jpg
e0044657_21392113.jpg











新聞で紹介されていた美味しそうな和菓子「一葉懐古」を買いに。

滋賀からの客に驚くそぶりもなく

「新聞に掲載されてから遠くから来ていただくようになって」

だって。








それでは本題、今回三城址巡る予定の一城址目。

戦国大名の雄、武田氏三代の居城「武田氏館」

武田信虎・信玄・勝頼と三代にわたり約63年続いた館。




e0044657_21440324.jpg


主郭部には武田神社があり、七五三のお参りで境内は賑わっていた。


(これらの写真は全く賑わいを伝えていない^^;)





e0044657_21440910.jpg

発掘された主郭に隣接する曲輪を上空から。



e0044657_21441727.jpg

風強し、トイドローンではどこへ飛んでいくかわからず、

これ以上上昇出来ないのが弱点。




今宵は甲府駅前にて一人寝の夜。

最近では、地元スーパーで買い出し・部屋飲み・Bリーグ観戦が

お決まりになって来た。

懐に優しいし、何より気楽でいいや。



ポチッとよろしく ^^

にほんブログ





e0044657_21564134.jpg







ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
# by power-shoes | 2019-02-15 22:03 | 100名城 | Trackback

名神高速道路起工の地





京都市山科区の小野小学校正門近くにある。




昭和38年、日本で最初の高速道路として名神高速道路、

(栗東IC~尼崎IC)71kmが開通した。

工事は昭和33年、この地「京都山科」で起工した。





e0044657_22474719.jpg



面白いのが、名神高速が完成してから初めて国産自動車による

高速試験走行が130日間行われたこと。

はたして、国産の自動車が高速走行に十分耐えうるかの試験だった。





e0044657_22475387.jpg


その内容は、国産各種の自動車が高速走行した場合の制動、

振動、乗り心地、騒音、操縦性。

騒音試験、バスストップ試験、タイヤの横滑り試験、標識試験、

夜間走行試験、燃料や油脂試験、タイヤ試験、人間工学試験など、

多様なものだった。

ちなみに、開通した昭和38年は、東京オリンピックの前年。



ポチッとよろしく ^^

にほんブログ











ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
# by power-shoes | 2019-02-10 23:38 | 日記 | Trackback

白馬の朝を楽しんで





宿泊客は私ともう一人。




e0044657_20484778.jpg

清々しいから朝食も美味しい なんて言うまでもない。





e0044657_20485782.jpg

食事を済ませて、

ドローンを飛ばして楽しむおっさんとお兄さん^^;

(立ち位置的には、お兄さんとおっさん)




e0044657_20490440.jpg


表の道路まで飛ばして、看板も入れてみた。

(よい子はマネしちゃだめだぞ~)



今回ペンション「ハーシー」を訪れた目的は、

トイドローン「TELLO」のコントロール可能距離実験。

どこまで遠く飛ばすことができて、

操縦不能になった後はどのような動きをするのかを

確かめるというお題。



オーナーのお仕事が一段落して、それでは実験に参りましょう。

やってきたのは五竜スキー場とおみゲレンデ駐車場。

全く車の止まっていない奥の駐車場で実験。






100m近くはある駐車場の端に立つオーナーめがけて

低空飛行でドローンを飛ばし、操縦不能になってもなお飛び

続けたなら 捕獲するか叩き落してもらう作戦。





ところが、ずんずんと飛んで、結局オーナーさんとこまで飛んで

なおコントロールがきくことを確認。



e0044657_20491938.jpg


旋回してこんなちっぽけ。 もちろん機体を肉眼では確認できない。


e0044657_20491410.jpg



と言うことで結論。

機体が見えなくなるまで飛ばすことなんてないから、

見える距離なら十分制御可能ということを確認して実験終了。

制御不能後の飛行確認が出来なかったのは残念だったが。






と、この時は納得していたのだが、

まさか後日、意に反して、機体が見えなくなる事態が起こるとは、

この時は知る由もなかった。





ペンション「ハーシー」を後にして




e0044657_11542404.jpg

五竜とおみ・いいもりゲレンデをバックに。






e0044657_21182657.jpg
HAKUBA47スキー場への道。

(言わずと知れた、BMW M0TORRAD DAYSウエルカムロード)






e0044657_21183451.jpg
糸魚川へのR148は落石除けのシェルター多し。




e0044657_21184117.jpg



行きも帰りも雨に降られたけれど、

ひと時の安らぎ、お天気も心も晴れ晴れの長野ドライブだった。



ポチッとよろしく ^^

にほんブログ















ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
# by power-shoes | 2019-02-06 21:30 | 日記 | Trackback

上田市に赤松小三郎を訪ねる






赤松小三郎記念館を上田城址内にたずねた。




前回(7月)訪問時には赤松小三郎記念館は開館時間を過ぎていて

見学することが出来なかったので、今回はお昼に到着、

ゆっくりじっくり楽しんだ。





7月に訪れた赤松小三郎生誕の地。






e0044657_19515470.jpg

10月27日

朝6時30分、あいにくの雨でこの週末はスタートした。





e0044657_19520009.jpg

雨にも負けずGS二台、秋色に染まった山に向かって。






e0044657_19520548.jpg

到着した上田城址は快晴! 

路上に落ちた銀杏がとってもいい匂いだった^^;






e0044657_19521181.jpg

開館中の赤松小三郎記念館、奥の土蔵。




e0044657_19523377.jpg

無人なため、パネル展示がそのほとんどで、

訳ありの記念碑はさすがに重くて盗難の心配なし。





e0044657_19524166.jpg

別館のこちらもそのほとんどはパネル展示と複製の展示だったが、

訪れる人もほとんどなく、じっくりゆっくり読ませていただいた。



赤松小三郎の活躍

長野県上田市出身、幕末期の兵学者・政治思想家。

18歳で江戸に出て蘭学や数学、兵学などを学び、

後に勝海舟に師事している。兎にも角にも優秀!



その後、京都で英式の兵学塾を開き、門下生には、

中村半次郎(桐野利秋)や村田新八、東郷平八郎などがおり、

その数は800人を超えたと言われている。


兵学者としてだけでなく、

政治面に関しても先進的な思想を持っていて、

坂本龍馬の船中八策は小三郎の思想に影響を受けたの説あり。




e0044657_19522344.jpg





赤松小三郎の死。

京都市内において郷里に帰省する前日に暗殺されている。

幕府のスパイとみなした薩摩藩士、

教え子でもある桐野利秋(中村半次郎)らに、

1867年9月3日。(竜馬が暗殺される三ケ月前)








e0044657_19524899.jpg

市立博物館には上の小三郎の刀が展示されている。

e0044657_19525498.jpg

サーベルの様なつばと、切っ先のとがった西洋風の刀が印象的だった。







この日のお宿は白馬のペンション、毎度の「ハーシー」




e0044657_20215585.jpg


e0044657_20214790.jpg
e0044657_20214146.jpg









などなどいただいて、





e0044657_20220052.jpg

暖炉な夜は ほのぼの・ぽかぽか・うとうと 

と更けていったのだった。




ポチッとよろしく ^^

にほんブログ








ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
# by power-shoes | 2019-02-03 20:37 | 幕末維新を訪ねる | Trackback

やっぱり登ろう太龍寺(下) 第四回、セローで巡る四国八十八ヶ所 四日目




平成31年 元旦


太龍寺の旧お遍路道を奥の奥まで二輪は上り詰めて、




e0044657_21054257.jpg
ここ仁王門裏の駐輪場に止める。

(きっと坊さんが作ったであろう手作りパーキングボードが可愛い)

中腹の車止め駐車場からだと徒歩30分の山道だから

これは何とも素晴らしい優遇処置。






e0044657_21085905.jpg

太子堂・本堂と見学し、

さて向かうは弘法大師修業中の姿が拝める岩場へ。

ロープウェーイ終着駅から徒歩十五分の山道を登っていく。






e0044657_21095541.jpg


88個の石仏が修業中の弘法大師へと導いてくれる。


なんともこのドラマティックな状況を楽しみながら歩を進めると、





e0044657_21142869.jpg







e0044657_21143580.jpg


ここからは弘法大師がお迎えに来てくれる。ホスピタリティ精神旺盛。

「南無大師遍照金剛」(なむたいしこんごうへんじょう)を

唱えながら上って行けと言うことで、さすがに最後は唱えてみた^^;









e0044657_21231385.jpg

88番目の石仏を確認し振り返ると、そこには修業中のお大師様。






e0044657_21232292.jpg

東の方向、遠く高野山を眺めての修行中とか。






e0044657_21232883.jpg




計算して最後の最後にこの場所を選んだわけではなく、

偶然とはいえ、初めての四国八十八ヶ所巡礼を締めくくるに

ふさわしい眺めであったことに感謝して太龍寺を後にした。





e0044657_21262695.jpg
  






e0044657_21305687.jpg



四国八十八ヶ所ツーリングの楽しさを表現したような

下り専用路のタイトなカーブ。



下り切ったらさあ帰ろう!




午後5時30分、

徳島市内のコンビニ休憩中にRS隊長堀田さんから頂いた新年の電話。

ず~っと一日無言のツーリングに心温まったコーヒーブレイクだった。




e0044657_21310390.jpg



明石海峡大橋を渡るころにはとっぷりと日が暮れた、

初めての四国八十八ヶ所巡礼。

別段心が清らかになったとか、

人間が大きくなったとかと言うことはなかったけれど、

次回は、一番札所から順番に回ってみようかなと

思いながら帰路を急いだ。





これにて結願!





ポチッとよろしく ^^

にほんブログ







e0044657_21311090.jpg



走行距離、1321km 燃費 39.58/ℓ







ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
# by power-shoes | 2019-01-28 21:47 | 四国八十八ヶ所 | Trackback

やっぱり登ろう太龍寺(上)第四回、セローで巡る四国八十八ヶ所 四日目




平成31年 元旦


おせちやお雑煮を食べる訳でなく、

もちろんお屠蘇もなしで迎えたいつも通りの朝。



「正月やな~」というような景色や風情を目にすることなく

高知を後に、向かうは徳島県の太龍寺。




一応“SAM流巡礼八十八ヶ所”は大晦日で終了した。

しかし、二十一番札所太龍寺へは三年前、

ロープウェーイ乗り場まで行ってそれで良しとしたことが

今となっては心残りだった。

そこで調べたところ、ロープウェーが整備されるまでの旧遍路道が

山頂まで続いていることを知り、こここそセローと訪問を決める。






e0044657_22545672.jpg

初めて走るR195、

兎にも角にも楽しかった・寒かった 山間のワインディング。




e0044657_22550473.jpg

四足峠トンネルを抜け、




e0044657_22551471.jpg

剣山スーパー林道入口は記念撮影だけにして、





e0044657_22552019.jpg

走るは走るR195走りごたえ十分にあり。






e0044657_22552764.jpg

道の駅わじきを横目に見て、さあここからセロー本領発揮の山登り。

(ロープウェーイ乗り場は6km西、道の駅鷲の里にあります)

振り回すような走りが楽しすぎて写真は一枚もなし。





e0044657_22572019.jpg

車はここまでだが二輪はこの先まだまだ登れる。




e0044657_22572904.jpg
なんて オートバイ に優しいんだろう。




e0044657_23013275.jpg

ただし、道は狭く荒れ、ガードレールなく、

歩く人を縫っての緊張の走りだが これはこれでなんとも楽しかった^^




ポチッとよろしく ^^

にほんブログ








ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
# by power-shoes | 2019-01-25 23:33 | 四国八十八ヶ所 | Trackback

結願まであと五ケ寺 第四回、セローで巡る四国八十八ヶ所 三日目




12月31日大晦日、2018もあと14時間。


何かにつけて受難の愛南町を後にして 

結願(けちがん)まで残り五ケ寺。


第四十番札所 観自在寺(かんじざいじ)

愛媛県最後の寺(順打ちだと最初の寺)



e0044657_21232959.jpg


なになに? この道通るなら通行料を入れていけってか?

何処にでも居るな信楽焼の狸。


第三十九番札所 延光寺(えんこうじ)



e0044657_21233692.jpg

竜宮城伝説を伝える大赤亀。

竜宮城って浦島太郎かと思っていたが

全国各地にその伝説話はあるみたい。

亀が梵鐘を背負ってやって来たんだって。

カモがネギなら軽いけどこれは重い。




e0044657_21234767.jpg

苔むす高知県道21号の走りを楽しんで足摺岬へと向かう。




e0044657_21261526.jpg

四国最南端の地 足摺岬。後方の銅像はジョン万次郎。





第三十八番札所 金剛福寺(こんごうふくじ)


e0044657_21235491.jpg

弘法大使が海上で修業した時に亀の背中に乗って海を渡った伝説有り。


e0044657_21262240.jpg

頭をなでると幸運が訪れるとか。(何処かに蘇るはないのかな)


足摺から北上、



e0044657_21263360.jpg

土佐清水市市内へ向かわずに土佐湾沿いの県道27は

こんな走りも楽しめる。





e0044657_21281786.jpg

よもぎ餅とかりんとう饅頭の昼食タイム。



第三十七番札所 岩本寺(いわもとじ)




e0044657_21283201.jpg

焚火の熱さが火傷するくらいの幸せだった岩本寺




e0044657_21282642.jpg



さあ、八十八ケ寺目へ、高知自動車道を須崎に向け。



e0044657_21292350.jpg
車走っていな~い。



第三十六番札所 青龍寺(しょうりゅうじ)





e0044657_21293661.jpg

八十八ヶ所目、最後の札所だと思うと

170段の登り位では物足りなかった。




e0044657_21293056.jpg

ここでも出会ったVストローム東京ライダーさん。

私はこの後宿舎だったが、彼はもう一ケ寺。

5時までに間に合うかな?

e0044657_21294298.jpg



お目当て有って今回も「ウエルカムホテル」。



e0044657_21311132.jpg

竜馬がお出迎え。



平成最後の大晦日の晩餐は一人部屋でボクシングにバスケット、

メイウエザーの頃には夢の中(元より見る気はなかったけど)




ポチッとよろしく ^^

にほんブログ





本日巡ったお寺5ケ寺


e0044657_21325257.jpg

e0044657_21330086.jpg














e0044657_21330601.jpg

e0044657_21331591.jpg














e0044657_21333268.jpg


これにて四国八十八か所巡り結願なのだが、心残りが一ケ寺。

よって明日向かうことに。そして結願としよう。





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
# by power-shoes | 2019-01-22 21:35 | 四国八十八ヶ所 | Trackback(1)

石垣の里 第四回、セローで巡る四国八十八ヶ所 三日目朝




12月31日大晦日

愛媛県愛南町のオカルトチックな夜が明け、食べきれない朝食を残し

民宿「ビーチ」さんを後にした。



e0044657_21211089.jpg

景色は最高だったんだけどな~。




今回のお遍路の旅で唯一観光を組み込んだ目的地、

「石垣の里」愛南町外泊(そとどまり)へと向かう、




e0044657_21211703.jpg

こんな景色を楽しみながら。






e0044657_21212501.jpg

「石垣の里」でイメージしたのは

殿様が農民を働かせて積み上げた城郭の石垣だったが、

ここは人が生きるために石を積み上げた生活のための石垣だった。




e0044657_21213122.jpg


「その歴史は幕末期にさかのぼる。

当時、隣接した中泊地区の人口が増加したことから、

居住地を求めた次男や三男が入植し切り開いたのが外泊。

台風や強烈な冬の季節風から家を守るため、

住民が一帯から自ら切り出した岩で作り上げたのがこの石垣。」

(読売新聞「もっと知りたい」より)






e0044657_21452031.jpg






町並みや景色などの紹介写真によくある、

何処までもその景色が続いているかのように見える写真。

実際に現場に行くと写真に写っている以外のところは

普通だったり興ざめすることが多々あるが、

ここ「石垣の里」は違った。




e0044657_21281154.jpg

このエリア(外泊)すべてが石垣で作られているといっても

過言ではないくらいに、山道・段々畑・通路など

ほぼほぼすべての造作が石垣で出来ていた。




e0044657_21281615.jpg

よくある、食品サンプルより現物は貧弱の

逆だったのには驚いた。

人が生きるために繰り出す知恵と労力にときに敬服させられるが、

正にその結晶の産物でしかなかった。ただただ凄い!




ポチッとよろしく ^^

にほんブログ






e0044657_21282149.jpg

そんな素晴らしい景色を上空から撮影しようとして

結果、大汗かいた原因^^;






ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
# by power-shoes | 2019-01-19 21:57 | 四国八十八ヶ所 | Trackback

圧巻の岩屋寺 第四回、セローで巡る四国八十八ヶ所 二日目午後



12月30日午後

44番大寶寺の雪にビビったのに、次に向かうはさらなる山間部

だったが、地形の関係か 幸い道には残雪なくあさりと到着。

とここまではよかったのだが・・・。




第四十五番札所 岩屋寺(いわやじ)


駐車場から山道歩いて20分との看板あり 

そしていきなりの急勾配にいきなりの汗。

でもオーバーパンツは脱げない(タイツだから^^;


e0044657_22270975.jpg

20分て お年寄りの足でだろと高をくくっていたら

しっかり20分はかかった。お年寄りだからか?




e0044657_22271512.jpg

いやいや 写真とってたからだ^^;





e0044657_22272728.jpg

この寺で80ヶ所目の札所だったが 

ここが一番の迫力というか感動というか、

よくもまあこんなところにお寺を立てたもんだと

暫し仰ぎ見たものだった。

宿坊の屋根は岩の中に埋め込んで建ててある。



e0044657_22274038.jpg

大きなくぼみにかかる梯子段。




e0044657_22332633.jpg

ステップの段がすり減るのは分かるが、

手をかける桟までもこのすり減りよう。







e0044657_22340789.jpg


下山してきて一息。

年末は土産物屋も、食事処も、多くのお店は締まっている。




第四十三番札所 明石寺(めいせきじ)

e0044657_22345047.jpg

第四十二番札所 佛木寺(ぶつもくじ)

e0044657_22345677.jpg


第四十一番札所 龍光寺(りゅうこうじ)


e0044657_22350320.jpg

いくつもの札所で一緒だった東京のVストローム650お遍路ライダー。

彼は宇和島泊まり、私はさらに先の愛南町まで、

遅くなっては民宿に迷惑をかけると、

景色を楽しむ余裕なしのぶんぶん走り。

まさかこの後 恐怖体験が待ち受けているとも知らずに。



ポチッとよろしく ^^

にほんブログ





e0044657_22370827.jpg


本日巡ったお寺 8ケ所

e0044657_23023267.jpg

e0044657_23023894.jpg












e0044657_23024618.jpg

e0044657_23025330.jpg












e0044657_23054143.jpg
e0044657_23063406.jpg

e0044657_23064733.jpg












e0044657_23065485.jpg





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
# by power-shoes | 2019-01-16 22:58 | 四国八十八ヶ所 | Trackback

最新の記事

甲府から中央道を走って思い出..
at 2019-02-17 20:13
2018年最後のクシタニCB..
at 2019-02-15 22:03
名神高速道路起工の地
at 2019-02-10 23:38
白馬の朝を楽しんで
at 2019-02-06 21:30
上田市に赤松小三郎を訪ねる
at 2019-02-03 20:37
やっぱり登ろう太龍寺(下) ..
at 2019-01-28 21:47
やっぱり登ろう太龍寺(上)第..
at 2019-01-25 23:33
結願まであと五ケ寺 第四回、..
at 2019-01-22 21:35
石垣の里 第四回、セローで巡..
at 2019-01-19 21:57
圧巻の岩屋寺 第四回、セロー..
at 2019-01-16 22:58

以前の記事

2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
more...

記事ランキング

画像一覧

最新のコメント

ぶんさんへ ね、ね、素..
by power-shoes at 21:16
みつえっちゃんへ 本栖..
by power-shoes at 21:13
hideさんの笑顔に胸打..
by ぶん at 19:27
SAMさんへ やっぱり..
by みつ at 18:22
ずっといられる本栖湖ブル..
by みつえっちゃん at 17:00
sennin411さんへ..
by power-shoes at 18:29
今年は白シャツ、BMWの..
by sennin411 at 13:29
えっちゃんへ 今までの..
by power-shoes at 17:00
二日間とも本当に良いお天..
by えっちゃん at 09:45
ソロインテさんへ 汗ば..
by power-shoes at 18:58
Y RAVENさんへ ..
by power-shoes at 22:55
私達は行けませんが、皆さ..
by RAVEN at 00:19
たんたんさんへ 波平さ..
by power-shoes at 18:41
3枚目の富士山は 「波..
by たんたん at 18:06
たこやきSundayさ..
by power-shoes at 12:44

ファン

ブログジャンル

車・バイク
旅行・お出かけ