BMW R1200RT100thとおんぶセローでバイクライフを楽しむ SAMとhideのぶらぶら日記


by SAM

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
RTでGO!
セローでGO!
幕末維新を訪ねる
100名城
四国八十八ヶ所
モータースポーツ
BOXING
只今鈴鹿山脈縦走中
山遊び
RUN・RUN・RUN
日記
未分類

リンク

タグ

岡山県 古代山城 鬼ノ城 100名城 山陽道編


山陽高速道路を利用して100名城を5ケ所楽しんだ1泊2日の旅。

岡山県 鬼ノ城(きのじょう)

広島県 福山城、

山口県 岩国城、

広島県 広島城

広島県 郡山城







まずは鬼ノ城へ向け山陽道を西へ走り、岡山総社ICで下道へ。




e0044657_20293362.jpg

右上、山頂付近に見えるのが目的地鬼ノ城の復元された城壁。



砂川公園内を抜け鬼城山ビジターセンターへは




e0044657_20293937.jpg

かなり狭い道を行くと書いてあった通り確かに狭い、

ゆずりあい精神を発揮しないと危険な道だった。





ビジターセンターで下調べ。




e0044657_20294513.jpg

鬼城山山頂を取り巻くように堅固な城壁が総延長2.8kmもつづく。




鬼ノ城(きのじょう)

鬼ノ城は史書に記載が無く築城年は不明だが、

7世紀後半に築かれたとされている。

しかし、発掘された土器を見れば、667年頃の築造説もある。



ビジターセンターを後に

鬼城山山頂に向け遊歩道を登っていくと、学習広場展望台。



e0044657_20295214.jpg


そこから眺める西門と土塁城壁。

近そうに見えるがその距離180m。

(登りの学習広場展望台には他にも見学者がいてドローンは

飛ばせなかった。帰り道、人気のないのを確認しドローンを飛ばした。

ところがここでトラブル発生! これについては 

タイトル「ドローンに禁物“欲の文字”」近日公開乞う御期待!) 






e0044657_20355637.jpg

復元された西門と版築(ばんちく)土塁





e0044657_20360391.jpg

敷石。  城壁を保護するための敷石の発見は、国内初だとか。






e0044657_20354552.jpg

城壁の80%は石垣ではなく、版築土塁といわれる土を固めたもの。

幾層にも踏み固められた見事な版築土塁。


11月23日





e0044657_20380503.jpg

燃えるような赤が青空に眩しかった鬼城山山頂東屋。





e0044657_20355169.jpg


西門から見た学習広場展望台、近そうに見えるがその距離180m。





e0044657_20400578.jpg
復元西門から続く塀。

この塀が奇跡を起こすことになろうとは、この時は知る由もない。










e0044657_20401220.jpg

古代山城 鬼ノ城を跡にして、砂川公園の秋も納めて

次なる目的地福山城へと向かう。








お腹が空いたので こんなところで昼食を取ってみた。





e0044657_20402780.jpg
砂川公園から出たところのちょっと怪しげなお店。

一旦通り過ごしたが、引き返していただいた焼きそば。





e0044657_20402097.jpg
夏にはフルーツ果汁たっぷりのかき氷がとっても美味しいとか。

遠方からも食べに来るらしいけど、

じゃあ滋賀から食べに再訪するよ近いうちに^^




ポチッとよろしく ^^

にほんブログ





今回は時間の都合もあって復元された城門付近だけの見学だったが、

いつの日か城壁を一周してみたいと思った。

その時は フルーツかき氷だ~~~ ^^








ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
# by power-shoes | 2019-03-21 20:52 | 100名城 | Trackback

「新幹線にしがみついているよう」 MotoGP開幕!




Moto
GP 2019が開幕した。

レギュラー参戦の日本人ライダーは、

Moto
3-6人、Moto2-1人、MotoGP-1人。

とりわけ最高峰クラスのMotoGPクラス、走るバイクは

HONDA・YAMAHA・SUZUKIが活躍しているにも関わらず、

日本人ライダーは中上貴晶一人のみは実に寂しい。




e0044657_23361909.jpg




と、ところが 日本人ライダーが優勝した~!!!




e0044657_23362780.jpg

Moto3クラスの鳥羽海渡。

もう、残り数周の見ていて苦しかったこと苦しかったこと。

ひたすら「転倒するなよ」と祈っていた。





e0044657_23363336.jpg

今は亡き富沢祥也がMoto2元年 

同じく開幕戦カタールで優勝した時の

ハラハラとドキドキを思い出した。

MotoGPクラスでは、中上貴晶がシングルフィニッシュの9位、

今年は楽しませてくれそうだ!






ところで、その中上だが。

昨年の新聞紙上、出光の社長との対談記事で

こんなことを語っていたのが印象的だった。




e0044657_23363916.jpg

MotoGPクラスのマシンは最高速でで350km/hに達します。

常に1000分の1秒を争う世界にいます。

ずっと新幹線にしがみついているようですよ。」




「幹線にしがみついて」は驚いた!

新幹線の中には乗れるが、外には乗れん。

同じバイク乗りでもやっぱりプロ

とてつもない
を感じたフレーズだった。



ポチッとよろしく ^^

にほんブログ







ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
# by power-shoes | 2019-03-15 23:59 | モータースポーツ | Trackback

高知を楽しんで 竜馬脱藩 幕末維新



今回の大いなる目的地梼原を後にて気が抜けてしまったか、





e0044657_20511531.jpg

梼原から高知市内「龍馬が生まれたまち記念館」まで

一枚の写真もない^^^;





e0044657_20512188.jpg

左から、しっかり者の竜馬のお姉ちゃん乙女さんと龍馬、

そして竜馬の友人近藤長次郎。

本当は竜馬と長次郎の間に座って写真が撮りたかったのだが、

閉館前でお願いする人が・・・^^;





e0044657_20512854.jpg

「祝 坂本龍馬先生誕生祭」の垂れ幕の右横が竜馬生誕の地碑。



思い出たくさんの地、思い出に触れたくて「おかげ横丁」

鰹の塩たたきをいただいたのは言うまでもない。




e0044657_20513497.jpg




そして三日目

一夜明け、向かったのが高知城 もう何回目だか。

今回はボランティアガイドさんをお願いして、

マニアックで楽しいお話しを聞かせていただいた。





e0044657_20535658.jpg


重厚な石垣の上に立つ独立式望楼型4重6階の天守は見ごたえあり。





e0044657_20540251.jpg

本丸の建造物が完全に残る唯一の城として知られている高知城。




e0044657_20540921.jpg


この時、一週間後に迫った「光の祭典」の準備が行われていた。




高知城を堪能して、高知道で帰路に就く。

途中目にした夏に起こった下り車線の崩落現場跡。





e0044657_20542290.jpg


高知道から徳島道、




e0044657_20543521.jpg

淡路島を縦断して淡路PAで一休み。



e0044657_20542991.jpg

やっぱり撮ってしまうこのカット。   いいね~野球少年たち。



e0044657_09492397.jpg
さあ、明石海峡大橋を渡って 家へ帰ろう。



幕末維新を知る上でどうしても訪れてみたかった脱藩の道と韮ケ峠。

幕末から維新へと日本が大きく振れるきっかけとなった竜馬の脱藩。

この平和な日本人(SAMさん)が当時の人々の気持ちを知ることなんて

到底できないが、命を懸けて戦った若者達に唯一できることは 

ただ冥福を祈るのみ。




ポチッとよろしく ^^

にほんブログ









ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
# by power-shoes | 2019-03-10 22:08 | 幕末維新を訪ねる | Trackback

脱藩の峠・韮ケ峠へ 竜馬脱藩 幕末維新





竜馬脱藩当日。




e0044657_22111806.jpg

那須邸跡




那須邸を後にした竜馬は、迎えに来た沢村惣之丞と、

那須俊平、信吾親子の案内で韮ケ峠を目指す。





e0044657_22143218.jpg
e0044657_22143857.jpg


梼原から韮ケ峠(愛媛県へと抜ける県境の峠道)まで、

グーグルマップで20km・車で40分、徒歩5時間と出た。

さあ、韮ケ峠まで行こう、RT振り回して、

細道クネクネ40分楽しめるぞ~。






e0044657_22113573.jpg

とその前に昼食購入、ウウムさすがに二個目はくどかった^^;





e0044657_22115080.jpg

竜馬が越えた峠には諸説あるが、現在ではほぼこの峠となっている。





e0044657_22115890.jpg

走るこの道のすべてが竜馬が歩いた旧峠道ではないが、




e0044657_22120693.jpg

眺める景色、向う峠、広がる空はバイクで走る道として、





e0044657_22122320.jpg


十分に楽しませてくれた。



e0044657_22123022.jpg


対向車に出会ったかな?



e0044657_22123681.jpg

そして遂にやってきた韮ケ峠。




e0044657_22200395.jpg

もちろん当時はけもの道のような峠道だったんだろうけれど。





e0044657_22190797.jpg

「我ら再び生きて 故国土州の土を踏まず!!」

(坂本龍馬・沢村惣之丞)

伊予の国(愛媛県)へ向かう三人(竜馬・澤村・那須父)

の足跡と、見送って梼原へと戻る那須信吾の足跡が残っている。




日本国の未来に己が力をささげるために決行した脱藩。

平和な(平和ボケともいう)今の日本においては

想像を絶するような覚悟の脱藩(死)だったんだろうな。







e0044657_22201081.jpg

右の脱藩の道から上ってきて、左の林道で下った。

もっと多くの観光客が訪れているのかと思った韮ケ峠。

ドローンを飛ばして楽しむ間も全く人の気配を感じることが無かった。






e0044657_22191650.jpg


下りの落ち葉の林道は緊張した。




梼原を後にして、今夜のお宿 高知市へと向かう。




ポチッとよろしく ^^

にほんブログ





e0044657_22234069.jpg







ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
# by power-shoes | 2019-03-07 22:19 | 幕末維新を訪ねる | Trackback

脱藩の道へ 梼原へ 竜馬脱藩 幕末維新


二日目



竜馬脱藩の地、高知県梼原へと向かう。



松山を後にして、高知県の梼原へはR33をひたすらの南下。




e0044657_21015995.jpg

久万高原町の道の駅天空の郷さんさんにて

CB
1100(CB750FOURモデル)

この日は眩しいくらいのいいお天気だった。

(40日後に訪れた年越しお遍路で同じ駅、

雪道走行になろうとはこの時は知る由もなし)






e0044657_21021271.jpg

R33号線沿い、面河川(おもごがわ)と久万川(くまがわ)の合流点に

そそり立つ岩 御三戸嶽(みみどだけ・別名軍艦岩)を

走りながら眺めて、南へ南へ走って走って、






e0044657_21022534.jpg

800m先を左折???

方角的には直進、左折は高知方面のはずだけど???





e0044657_21163185.jpg

トンネルを抜けて納得 ループ橋。





e0044657_21164039.jpg


地芳峠(じよしとうげ)を抜け(トンネル)梼原まであと27km。

お天気 最高~~~!






e0044657_21164814.jpg

梼原に来ると必ず寄ってしまう、迫力の「維新の門」

なぜかしらこれが、

人目につかない分かりにくいところに建ってるんだな~不思議?





幕末維新ツーリング故、寄っておきたかったところ。





e0044657_21265787.jpg

移築された、掛橋和泉邸(吉村虎太郎庄屋跡地)


e0044657_21271178.jpg




そしてもう一か所、

竜馬脱藩の道を行く前にどうしても見ておきたかった所。

龍馬が脱藩前夜に宿泊をした、那須俊平、信吾親子の屋敷跡。




e0044657_21334315.jpg

案内では 良く整備された写真だったが、

当日の現場は草伸び放題を分け入った。





e0044657_21335787.jpg
大きな木も生え、屋敷跡を偲べるようなものはなかったが、

この地で那須親子と酒を飲みかわし、大いに語り合ったとか。





e0044657_21335066.jpg

そして翌朝、この道を下って脱藩の峠を越えたとされている。




そして待ちに待ったこの時、

ず~っと行きたかった、竜馬脱藩の峠、韮ケ峠と向かう。




ポチッとよろしく ^^

にほんブログ






e0044657_21270420.jpg
掛橋和泉邸






ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
# by power-shoes | 2019-03-04 21:47 | 幕末維新を訪ねる | Trackback

今度こそ王王軒 竜馬脱藩 幕末維新



幕末維新、坂本竜馬脱藩の地、高知県梼原へ


初日





e0044657_21382776.jpg

明石海峡大橋は毎度のことながら空を飛んでいるようで

〇〇がキュッとなる。

とりわけこの橋の長~~いジョイントを渡るときは

思わず腰を浮かせてしまう。

かつて、そのジョイント上で転倒したって話は聞いたことないけど、

毎回フロントタイヤをとられそうで怖い!



間もなく淡路島。まだ四国ではない兵庫県。







e0044657_21383584.jpg

何回来てもこの景色は写真に収めてしまう、

快晴であろうとなかろうと。




さてさてやって来ました王王軒(わんわんけん)



e0044657_22363482.jpg

前回のやって来ました王王軒(わんわんけん)は臨時休業だった。





e0044657_21384766.jpg

いただきました徳島ラーメン。 食べログ1位の徳島ラーメン。

でしたが、ちょっと~ 油が~。  「巽屋」さんが好み。

でもさすがに1位、平日だけどひっきりなしの来客だった。





お腹を満たして一仕事して、向かうは今宵のお宿の松山市。






e0044657_22391675.jpg

走るは一車線自動車道の徳島道。


つないで走るは松山道。



e0044657_22325037.jpg


あと156km 到着予想時間は18:40分。






e0044657_22325721.jpg

そして買い出しは道後温泉近く、毎度のスーパーABC。




実はこの時危なかった、今思っても冷や汗が出るくらい。

この駐車場に入るためUターンした時、

路面電車のレールにフロントを取られ、あわや転倒の危機だった。

勿論右足が出て路面を蹴ったけど、1100RTならこけていたな。

何故だかわからないが、この1200RTは耐えられた???





かくして松山の夜は静かに更けていったのだった。




ポチッとよろしく ^^

にほんブログ








ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
# by power-shoes | 2019-02-28 22:52 | 日記 | Trackback

神子畑選鉱場跡から竹田駅





e0044657_22320053.jpg

明延鉱山探検坑道を後にして、来た道帰るのはつまらないので

K
6を南下して山道くねくね走ってみた、

これがなかなか楽しいカーブの連続。




e0044657_22332442.jpg

R429に出て、いったいどのあたりだったんだろう






e0044657_22314284.jpg



無人の野菜販売所発見。


今夜のお野菜買って帰ろうと止まっては見たが小銭がない!

そこに通りかかったおばあちゃんとお孫さん

「このお店の方呼んだげるわ」って、近くにお家ないけど・・・^^:

e0044657_22331779.jpg

ありがとうございました、おばちゃんお孫さん^^


さあ、「帰りましょう」と東へ向かって走っていると、

突然現れたのが ここ、神子畑(みこばた)選鉱場跡。




e0044657_23074436.jpg

って この「突然」実は四回目、これで西から三回、東から一回。

毎回この廃墟、地図のどこにあるのか分かってなくて、

楽しそうな道だなと走っているツーリングの途中でいきなり現れる。






e0044657_23085387.jpg

直近が201610月、

もう三回目だったからヘルメットも脱がずにリモートでパチリ。

だから過去三回は毎回「あれ?」「あれ?」「ここか~^^:」と

学習できてなくて大笑いしたものだったが、

今回は「あれ!」と思って車を止めた。





e0044657_23095353.jpg

非ろ過分離装置「シックナー」を上からのぞいてみた。



おまけの神子畑選鉱場跡を見学した後、向かったのは

天空の城「竹田城址」

ただし、登城するのではなく、押しもれの「100名城スタンプ」を

押しに竹田駅へ。



e0044657_23181333.jpg


2010年に登った時には

まだ「100名城スタンプ帳」を持っていなかったから。






e0044657_23114003.jpg
2010年9月  このころはまだ 「ひと気なし~」



かくして、鉱石の道と秋をたっぷりドライブした一日だった。




ポチッとよろしく ^^

にほんブログ







e0044657_23213739.jpg







ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
# by power-shoes | 2019-02-25 23:21 | 日記 | Trackback

明延鉱山探検坑道





兵庫県養父市の山間に位置する明延(あけのべ)鉱山。

廃坑になって30年、坑道見学ができると知り行ってきた。





e0044657_23351110.jpg


穴の中に入るわけだからお天気は崩れていてもいいのだが

(穴は崩れては困るけど)どうよこの晩秋の空オープン日和。




e0044657_23351749.jpg

勿論鉱山跡だから街中にはないとはいえ、

どこまで行くんだの道が続いて、

やっと見えた明延のロードサイン、もう少し。




e0044657_23352434.jpg


ここの明延鉱山探検坑道見学は予約制、料金は大人1200円。



e0044657_23353093.jpg

まずはこのあけのべ自然学校で受付と支払いを済ませ、

各自車で鉱山入り口まで移動。





e0044657_23383459.jpg

K6からさらに右の細い道を上っていく。




e0044657_23354464.jpg

この日の見学者私を含め5人。

まずは展示物でその様子や仕組み、歴史を勉強。




e0044657_23355075.jpg

穴を掘るのも大変だけど、

掘った鉱石を地上に上げるのも大変の繰り返し。





e0044657_23392577.jpg

ここ入坑口には当時使われていたトロッコ電車の

線路跡が今も一般道上に残る。



それでは入坑。



e0044657_23393763.jpg


e0044657_23394885.jpg


明延鉱山の歴史は古く、奈良の大仏さんにも使われたとか?

明治時代には「日本一のスズ鉱山」として有名だったが、

昭和62年(1987年)閉山された。

坑道の高低差は約1000m、アリの巣のように縦横無尽に掘られ、

総延長は約550kmにもなるとか。(東京―大阪だよ!)




e0044657_23473221.jpg

ただし見学できるのは650m。





e0044657_23395720.jpg

入ってすぐの一番の見どころはここ。「巨大鉱脈跡」

鉱脈って、岩盤と岩盤の間にサンドイッチ状にあるんやな!






e0044657_23473781.jpg

この掘削機、人が手にもって仕事をしていたとは思えない鉄の塊。




e0044657_23423116.jpg

今も当時の重機が地下深く置きっぱなしになっていて、



e0044657_23422593.jpg

整備された鉱山跡とは違い、操業当時の姿が体感できる。





e0044657_23423855.jpg

ここにて終了、

ガイドさんの最後の解説とご挨拶を聞いて坑道探検終了。

思っていた以上に長く詳しく楽しい説明に大満足だった。





坑道を出て明延集落へ。




e0044657_23501913.jpg

最盛期(昭和30年代)4000人が暮らしたそうだが、

今は80人を切るとか。






e0044657_23502648.jpg


採掘した鉱石や従業員を運んでいた一円電車。


明延からこの後訪れる選鉱場の神子畑行。




e0044657_23525779.jpg




それでは、鉱山の道を神子畑選鉱場跡へ、

山道ワインディングを楽しみながら。

つづく



ポチッとよろしく ^^

にほんブログ




e0044657_23530653.jpg




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
# by power-shoes | 2019-02-23 00:02 | 日記 | Trackback

甲府から中央道を走って思い出の地へ




4日、甲府駅前のINNから歩いて甲府城址へ朝のお散歩。




甲府城は竹田氏滅亡後、豊臣政権の重臣たちによって、

前日訪れた竹田氏館に代わる城として築城された。

関ヶ原の戦い後は、徳川一門によって支配された。






さすがに朝、

人気少なく絶好のドローン環境と判断して飛ばしてみました。





e0044657_19553854.jpg


平成12年に再建された稲荷櫓。

遠くからこの櫓が目に入ったものだからこのスロープを登ってみたが、

城址公園としてはどうも裏口だったようだ。

実際に艮(うしとら)の方角で鬼門でもあった。






e0044657_20181840.jpg


スロープを登り切ると目の前に立派な野面積みの天守台は見ごたえあり。




トイドローンとはいえ、

落ちる場所によっては迷惑をかけるので慎重に飛ばしたい。

ところが、ドローン撮影にもれなくついてくるのが「欲」、

「もっといいアングル」が時に冷や汗ものになる。





e0044657_19554886.jpg


この写真も、「手前の塀を入れたい」欲が出て、

撮影には成功したが直後コントロールを乱し、

塀の向こうに見えなくなってしまうハプニング発生。

携帯画面を見ながらドローンのカメラを頼りに

なんとか戻すことは出来たが、突然の制御不能、

見えないところに飛んでいくは冷や汗ものである。







e0044657_19555420.jpg

にもかかわらず、鉄門(くろがねもん)でも飛ばしてみた。

ここは欲を出さず、さっと上げて、さっと降ろす。

一瞬の撮影に楽しさを見つける。







e0044657_19560545.jpg

甲府城址を後に中央道を諏訪方面へ。岡谷JCTまで14km








e0044657_19561466.jpg

恵那山トンネルを抜けて向かったのは岩村城址歴史資料館。




e0044657_21103001.jpg

前回hideさんと来たときに100名城のスタンプを押し忘れ、




e0044657_20073985.jpg



e0044657_20074509.jpg

今回は一人、平成2年に再建された、御殿門と太鼓櫓を見学。







帰路、経由地を全く指定することなく、

ナビ通りに走っていると何やら見たことのある景色に出た。





e0044657_20075246.jpg

小原の春と秋に咲く四季桜の名所だった。



ここは以前、

hide
さんのリクエストで訪れた時は三分咲きで見学を諦めた。

この日だったら喜んでくれただろうな、満開。






そして、この日の最後のミッションは、

中部スタンプラリーの完走賞をいただくこと。



e0044657_20075922.jpg


Motorrad Mitsuoka 名古屋店にてGET! (かっこいい保温ボトル)



ハラハラドキドキのドローン撮影と思い出いっぱいのセンチメンタル。

いつも二個いただいていた完走賞も今年は一個。



新東名から中央道をぐるっと回って二日間。

お天気に恵まれ楽しいドライブだった。



ポチッとよろしく ^^

にほんブログ



e0044657_21125853.jpg










ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
# by power-shoes | 2019-02-17 20:13 | 100名城 | Trackback

2018年最後のクシタニCBM ~ 甲府へ



11月3日(土)

2018最後のクシタニコーヒーブレークミーティング

NEOPASA
清水へと向かった。




e0044657_21335510.jpg

名古屋港をまたぐ名港トリトン。

バイクの時は風が心配だけど今日は安心。





e0044657_10002671.jpg




都会じゃごろごろ走ってるんだろうけど、

初めて見たよNSX。   オーラ感じないな~






新東名清水では正面に富士山が見えるのだが、

写真が残っていないということは見えなかったということか。








e0044657_21353847.jpg


2018年を締めくくるCBMだからもう少し盛大に

やっているのかなと思ったら意外や寂しい。

ちょうどにぎわう時間帯の10時なのだが?





e0044657_21352984.jpg



かなりの風で「TELLO」傾く。

これ以上の高度は怖くて上げられなかった。







CBM
を後に向かったのは甲府市、

今回はお城を楽しむの旅。(今回も か^^





甲府市へ北上の道は、R52を使わず、


富士川東岸、JR身延線に沿って走るK10。






e0044657_21340975.jpg

身延線だけに勿論身延駅前を通過する。





e0044657_21341609.jpg

笛吹ラインで甲府市へ。



城址へと向かう前に甲府市を通り過ぎて立ち寄ったのがここ。



e0044657_21381934.jpg


JR中央線塩山駅のすぐ近く「三省堂菓子店」




e0044657_21390008.jpg
e0044657_21392113.jpg











新聞で紹介されていた美味しそうな和菓子「一葉懐古」を買いに。

滋賀からの客に驚くそぶりもなく

「新聞に掲載されてから遠くから来ていただくようになって」

だって。








それでは本題、今回三城址巡る予定の一城址目。

戦国大名の雄、武田氏三代の居城「武田氏館」

武田信虎・信玄・勝頼と三代にわたり約63年続いた館。




e0044657_21440324.jpg


主郭部には武田神社があり、七五三のお参りで境内は賑わっていた。


(これらの写真は全く賑わいを伝えていない^^;)





e0044657_21440910.jpg

発掘された主郭に隣接する曲輪を上空から。



e0044657_21441727.jpg

風強し、トイドローンではどこへ飛んでいくかわからず、

これ以上上昇出来ないのが弱点。




今宵は甲府駅前にて一人寝の夜。

最近では、地元スーパーで買い出し・部屋飲み・Bリーグ観戦が

お決まりになって来た。

懐に優しいし、何より気楽でいいや。



ポチッとよろしく ^^

にほんブログ





e0044657_21564134.jpg







ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
# by power-shoes | 2019-02-15 22:03 | 100名城 | Trackback

最新の記事

岡山県 古代山城 鬼ノ城 1..
at 2019-03-21 20:52
「新幹線にしがみついているよ..
at 2019-03-15 23:59
高知を楽しんで 竜馬脱藩 幕..
at 2019-03-10 22:08
脱藩の峠・韮ケ峠へ 竜馬脱藩..
at 2019-03-07 22:19
脱藩の道へ 梼原へ 竜馬脱藩..
at 2019-03-04 21:47
今度こそ王王軒 竜馬脱藩 幕..
at 2019-02-28 22:52
神子畑選鉱場跡から竹田駅
at 2019-02-25 23:21
明延鉱山探検坑道
at 2019-02-23 00:02
甲府から中央道を走って思い出..
at 2019-02-17 20:13
2018年最後のクシタニCB..
at 2019-02-15 22:03

以前の記事

2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
more...

記事ランキング

画像一覧

最新のコメント

ぶんさんへ ね、ね、素..
by power-shoes at 21:16
みつえっちゃんへ 本栖..
by power-shoes at 21:13
hideさんの笑顔に胸打..
by ぶん at 19:27
SAMさんへ やっぱり..
by みつ at 18:22
ずっといられる本栖湖ブル..
by みつえっちゃん at 17:00
sennin411さんへ..
by power-shoes at 18:29
今年は白シャツ、BMWの..
by sennin411 at 13:29
えっちゃんへ 今までの..
by power-shoes at 17:00
二日間とも本当に良いお天..
by えっちゃん at 09:45
ソロインテさんへ 汗ば..
by power-shoes at 18:58
Y RAVENさんへ ..
by power-shoes at 22:55
私達は行けませんが、皆さ..
by RAVEN at 00:19
たんたんさんへ 波平さ..
by power-shoes at 18:41
3枚目の富士山は 「波..
by たんたん at 18:06
たこやきSundayさ..
by power-shoes at 12:44

ファン

ブログジャンル

車・バイク
旅行・お出かけ