人気ブログランキング |


BMW R1200RT100thとおんぶセローでバイクライフを楽しむ SAMとhideのぶらぶら日記


by SAM

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
RTでGO!
セローでGO!
幕末維新を訪ねる
100名城
四国八十八ヶ所
モータースポーツ
BOXING
只今鈴鹿山脈縦走中
山遊び
RUN・RUN・RUN
日記
未分類

リンク

タグ

カテゴリ:100名城( 15 )

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

広島県 吉田郡山城 100名城 山陽道編




100名城 山陽道編三日目。


最終日向かったのは広島市より北東へ約50kmの安芸高田市。


毛利家の居城、吉田郡山城を訪れた。




e0044657_20581100.jpg


いつものように歴史民俗博物館でにわかお勉強^^;



吉田郡山城

毛利氏活躍の拠点となった山城。


1550年ころ、毛利元就によって

270もの曲輪を持つ西日本最大級の城に生まれ変わり、

1591年、孫の輝元が広島城に移るまでのあいだ

毛利家が居城としていた。





標高390mの郡山全体を要塞とする巨大な城郭。


今に残るのは石垣や土塁、掘だけだが、

これはこれで山城の楽しいところでもあり、

登山そしてぐるり見学ルート一周コースで出発。




e0044657_20581778.jpg


まずは毛利元就のお墓にたちよる。



e0044657_20582778.jpg


一面のコケが美しい毛利元就のお墓。




e0044657_20584202.jpg


それでは、本丸に向け出発。




e0044657_20583516.jpg

まずは銀杏の落ち葉を踏みしめて。





e0044657_20585123.jpg

登山道に入ると道を覆い尽くす落ち葉を踏みしめて登っていく。

尾根伝いに上って御蔵屋敷、三の丸を経由して二の丸到着。



e0044657_20585753.jpg
そこから一段上がって本丸に到着。



e0044657_20590570.jpg
そしてさらに奥の一段高いところに物見櫓が建っていた。




e0044657_21141064.jpg
これだけ周りに木や枝が多くあるとドローンを高く上げるのは危険。

これくらいの高度では、

居合わせた誰かに頼んで撮ってもらったのと変わらぬアングル^^;



帰路は別ルートの一周コースを下山。

展望台で毛利家の家紋「一文字三ツ星」を納めた後に案の定

枝にドローンをぶつけて墜落。プロペラ一枚を紛失。



e0044657_21185786.jpg





e0044657_20591311.jpg
登り始めてから1時間と30分。

山歩きも撮影もドローンもしっかり楽しんで

郡山をバックに記念の一枚。



e0044657_21224312.jpg



中国道三次ICより11月25日 秋真っ盛りの中帰路に就く。



e0044657_21225008.jpg
周りに車を気にすることなくのんびりとハンドルを握り

右に左に前に赤い(茶色い^^;)山を眺めながらのクルージング。

それにしても中国道はスイスイ、

眠たくなるちょっと手前の気の抜けた美しい走りを楽しんだ。

お城三昧とドローンを楽しんだ三日間だった。



岡山県 鬼ノ城(きのじょう)

広島県 福山城、

山口県 岩国城、

広島県 広島城

広島県 郡山城





ポチッとよろしく ^^

にほんブログ





e0044657_21410012.jpg






ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
by power-shoes | 2019-04-08 21:48 | 100名城 | Trackback | Comments(0)

広島県 広島城 100名城 山陽道編




岩国城を後にして、本日の宿泊地広島市へと向かう。




東横インにチェックインして広島城まで歩いて向かったのだが

これが想像以上に遠かった(2.3km、30分)4時過ぎに到着。




e0044657_20371953.jpg






平成2年に再建された左から、表御門・比良櫓・多門櫓・太鼓櫓。





e0044657_20372508.jpg

表御門から入城、





e0044657_20373117.jpg

中御門後を通って天守閣へ。





e0044657_20373790.jpg

天守閣入口、

こんな時間にもかかわらず外に列が出来ていたのには驚いた。

インバウンド多し。



広島城

1589年、毛利輝元が築城に着手。

望楼型の五重五階の大天守に小天守を二基連ねた連結式天守をはじめ、

立ち並ぶ櫓群が120万石の大名にふさわしい格式を誇った。

昭和20年原爆によって倒壊した天守は、昭和33年に再建された。

(日本100名城 より)





e0044657_20391001.jpg

じっくり展示物を楽しんで、天守を出たころには、





e0044657_20403534.jpg

まだ青がかすかに残る夜空をバックにライトアップされていた。





e0044657_20392402.jpg

入城は表御門、退城は裏御門跡から。


あたり真っ暗で一人じゃちょっと気持ち悪いくらいだったのに、

外国人観光客の姿があちらこちらに。

安全の国日本を象徴するような光景だった。




ところで 初めて広島城を訪問したのは昭和48年45年前のこと。

当時の入城料は30円^^

ちなみに現在の入城料は370円。(それでも安い!)


ポチッとよろしく ^^

にほんブログ



前回、hideさんと訪れたのは2009年12月、

もう9年も前のことになるんだね。


e0044657_20133711.jpg







ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
by power-shoes | 2019-04-02 20:43 | 100名城 | Trackback | Comments(0)

山口県 岩国城 100名城 山陽道編




福山駅前東横INNで独り寝を寂しんだ翌朝24日





e0044657_21313669.jpg


秋晴れだよ!



福山駅前から山口県岩国市まで140km 高速移動で2時間。






e0044657_21314940.jpg

快晴の岩国城下に到着。

雲一つないとはこういうことを言うんだろうな。
(右の白い線は飛行機雲)




有名な錦帯橋は13年前(平成17年)に訪れたけど、



e0044657_21503425.jpg


お城に上るのは46年ぶりのこと。

いやはやずいぶん昔のことだな。


歩いて登ることもできるがロープウェーを利用した。
(写真なし^^;

半世紀近くも昔のこと、

毎度のことながら全く以前の記憶なく蘇りもせず。

ある意味フレッシュでいいけど。





e0044657_21315994.jpg

岩国城

福山城同様、徳川幕府が西国の諸藩に睨みを利かすために築いた城。

8年の歳月を経て1608年に竣工した。

しかし、そのわずか7年後、

一国一城の令により廃城となってしまった。




e0044657_21322747.jpg

四重六階の天守は、

上層が大きく張り出した特異な形式の「南蛮造」と呼ばれる。




e0044657_21530311.jpg

この天守の本来の天守台はこちらだが、昭和37年の天守再建時、

錦帯橋から見えるようにと50mずらして建築。




e0044657_21550767.jpg

確かに錦帯橋と天守のツーショットは絵になり

岩国市に先見の明ありというか、

当時のトップの頭が柔らかかったというか、

今ならきっと国の許可下りないんじゃないかな?




e0044657_21320767.jpg
天守より城下を、遠くに瀬戸内海を望む。






e0044657_21321960.jpg
錦帯橋が眼下に。




e0044657_21583419.jpg

下山は歩きで秋を満喫。




e0044657_21584054.jpg
前撮りとそれを眺めるカップルと、それを撮影する一人ぽっち。




e0044657_21584706.jpg

錦帯橋、お金払っても一度は渡る値打ちあり。




e0044657_21590171.jpg
錦帯橋渡って河川敷駐車場で飛ばしてみたTELLO。

勿論多くの観光客の手前、さっと上げてさっと降ろしてだったが

いい写真が撮れました。






e0044657_21590712.jpg

何回か取り上げている山口県のガードレールはオレンジ色。



さて、次は広島城。

今夜のお宿の、広島市へと向かおう。



ポチッとよろしく ^^

にほんブログ






e0044657_21585558.jpg








ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
by power-shoes | 2019-03-28 22:14 | 100名城 | Trackback | Comments(0)

広島県 福山城 100名城山陽道編



なかなかに興味深い鬼ノ城を後にして、

次に向かったのは 今夜の宿泊地の広島県福山市。


岡山総社ICから高速へ、山陽道を西に向かって気持ちよく走っていた

「どこのPA」だったか忘れてしまったが、

「広島」と書かれた紙を持つヒッチハイカー発見。




e0044657_22234919.jpg

何を隠そうSAMさん(隠してないけど^^;)

学生時代にはヒッチハイクで旅した身。

よって、ハイカーを見ると恩返しがしたくなる。

ところがハイカーは広島、私ずいぶん手前の福山。



SAM「乗せてあげたいけどほんの少しだよ」

ハイカー「お願いします。オープンカーに乗りたかったので」 


ほんのわずかな距離だったけど

福山IC手前のPAまで一人ぼっちじゃなかった。




鬼ノ城での思わぬ「さよなら私のTELLO」事件で

予定が大幅に狂って3時過ぎ福山城到着。




e0044657_22235716.jpg


早速ボランティアガイドさんをお願いして隅々まで案内してもらう。


福山は1615年の大阪夏の陣の後、1619年に西のアンチ徳川に

にらみを利かすため水野勝成が領主となり、1622年城が築かれた。


「この角度がいいんだよ」と案内されて撮った写真、

コンパクトカメラでは収まり切らずにごめんなさい不採用^^;






e0044657_22241042.jpg

裏に回って人気のない天守閣 光の加減で素敵な一枚が撮れた。





e0044657_22321127.jpg

太平洋戦争でそのほとんどが焼失したが、戦火を逃れた筋金御門。





e0044657_22244937.jpg

復元された御湯殿は実にユニーク。

石垣上に張り出し、

展望施設とお風呂(当時は湯船ではなく蒸し風呂)を兼ねていた。

奥に見える櫓も戦火を逃れた伏見櫓(京都伏見城からの移築)





e0044657_22334289.jpg
鬼ノ城で奇跡の帰還に成功したトイドローンTELLO活躍する。




かくして、100名城訪問 山陽道編の初日終了。

それにしてもTELLO 良く帰還したものだ。



ポチッとよろしく ^^

にほんブログ



e0044657_22334888.jpg










ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
by power-shoes | 2019-03-25 22:39 | 100名城 | Trackback | Comments(0)

岡山県 古代山城 鬼ノ城 100名城 山陽道編


山陽高速道路を利用して100名城を5ケ所楽しんだ

1泊2日の旅。



岡山県 鬼ノ城(きのじょう)

広島県 福山城、

山口県 岩国城、

広島県 広島城

広島県 郡山城







まずは鬼ノ城へ向け山陽道を西へ走り、岡山総社ICで下道へ。




e0044657_20293362.jpg

右上、山頂付近に見えるのが目的地鬼ノ城の復元された城壁。



砂川公園内を抜け鬼城山ビジターセンターへは




e0044657_20293937.jpg

かなり狭い道を行くと書いてあった通り確かに狭い、

ゆずりあい精神を発揮しないと危険な道だった。





ビジターセンターで下調べ。




e0044657_20294513.jpg

鬼城山山頂をぐるりと堅固な城壁が総延長2.8kmもつづく。




鬼ノ城(きのじょう)

鬼ノ城は史書に記載が無く築城年は不明だが、

7世紀後半に築かれたとされている。

しかし、発掘された土器を見れば、667年頃の築造説もある。



ビジターセンターを後に

鬼城山山頂に向け遊歩道を登っていくと、学習広場展望台。



e0044657_20295214.jpg


そこから眺める西門と土塁城壁。

近そうに見えるがその距離180m。

(登りの学習広場展望台には他にも見学者がいてドローンは

飛ばせなかった。帰り道、人気のないのを確認しドローンを飛ばした。

ところがここでトラブル発生! これについては 

タイトル「ドローンに禁物“欲の文字”」近日公開乞う御期待!) 






e0044657_20355637.jpg

復元された西門と版築(ばんちく)土塁





e0044657_20360391.jpg

敷石。  城壁を保護するための敷石の発見は、国内初だとか。






e0044657_20354552.jpg

城壁の80%は石垣ではなく、版築土塁といわれる土を固めたもの。

幾層にも踏み固められた見事な版築土塁。


11月23日





e0044657_20380503.jpg

燃えるような赤が青空に眩しかった鬼城山山頂東屋。





e0044657_20355169.jpg


西門から見た学習広場展望台、近そうに見えるがその距離180m。





e0044657_20400578.jpg
復元西門から続く塀。

この塀が奇跡を起こすことになろうとは、この時は知る由もない。













古代山城 鬼ノ城を跡にして、次なる目的地福山城へと向かう。








お腹が空いたので こんなところで昼食を取ってみた。





e0044657_20402780.jpg

砂川公園から出たところのちょっと怪しげなお店。

一旦通り過ごしたが、引き返していただいた焼きそば。





e0044657_20402097.jpg
夏にはフルーツ果汁たっぷりのかき氷がとっても美味しいとか。

遠方からも食べに来るらしいけど、

じゃあ滋賀から食べに再訪するよ近いうちに^^




ポチッとよろしく ^^

にほんブログ





今回は時間の都合もあって復元された城門付近だけの見学だったが、

いつの日か城壁を一周してみたいと思った。

その時は フルーツかき氷だ~~~ ^^



e0044657_20401220.jpg








ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
by power-shoes | 2019-03-21 20:52 | 100名城 | Trackback | Comments(0)

甲府から中央道を走って思い出の地へ




4日、甲府駅前のINNから歩いて甲府城址へ朝のお散歩。




甲府城は竹田氏滅亡後、豊臣政権の重臣たちによって、

前日訪れた竹田氏館に代わる城として築城された。

関ヶ原の戦い後は、徳川一門によって支配された。






さすがに朝、

人気少なく絶好のドローン環境と判断して飛ばしてみました。





e0044657_19553854.jpg


平成12年に再建された稲荷櫓。

遠くからこの櫓が目に入ったものだからこのスロープを登ってみたが、

城址公園としてはどうも裏口だったようだ。

実際に艮(うしとら)の方角で鬼門でもあった。






e0044657_20181840.jpg


スロープを登り切ると目の前に立派な野面積みの天守台は見ごたえあり。




トイドローンとはいえ、

落ちる場所によっては迷惑をかけるので慎重に飛ばしたい。

ところが、ドローン撮影にもれなくついてくるのが「欲」、

「もっといいアングル」が時に冷や汗ものになる。





e0044657_19554886.jpg


この写真も、「手前の塀を入れたい」欲が出て、

撮影には成功したが直後コントロールを乱し、

塀の向こうに見えなくなってしまうハプニング発生。

携帯画面を見ながらドローンのカメラを頼りに

なんとか戻すことは出来たが、突然の制御不能、

見えないところに飛んでいくは冷や汗ものである。







e0044657_19555420.jpg

にもかかわらず、鉄門(くろがねもん)でも飛ばしてみた。

ここは欲を出さず、さっと上げて、さっと降ろす。

一瞬の撮影に楽しさを見つける。







e0044657_19560545.jpg

甲府城址を後に中央道を諏訪方面へ。岡谷JCTまで14km








e0044657_19561466.jpg

恵那山トンネルを抜けて向かったのは岩村城址歴史資料館。




e0044657_21103001.jpg

前回hideさんと来たときに100名城のスタンプを押し忘れ、




e0044657_20073985.jpg



e0044657_20074509.jpg

今回は一人、平成2年に再建された、御殿門と太鼓櫓を見学。







帰路、経由地を全く指定することなく、

ナビ通りに走っていると何やら見たことのある景色に出た。





e0044657_20075246.jpg

小原の春と秋に咲く四季桜の名所だった。



ここは以前、

hide
さんのリクエストで訪れた時は三分咲きで見学を諦めた。

この日だったら喜んでくれただろうな、満開。






そして、この日の最後のミッションは、

中部スタンプラリーの完走賞をいただくこと。



e0044657_20075922.jpg


Motorrad Mitsuoka 名古屋店にてGET! (かっこいい保温ボトル)



ハラハラドキドキのドローン撮影と思い出いっぱいのセンチメンタル。

いつも二個いただいていた完走賞も今年は一個。



新東名から中央道をぐるっと回って二日間。

お天気に恵まれ楽しいドライブだった。



ポチッとよろしく ^^

にほんブログ



e0044657_21125853.jpg










ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
by power-shoes | 2019-02-17 20:13 | 100名城 | Trackback | Comments(0)

2018年最後のクシタニCBM ~ 甲府へ



11月3日(土)

2018最後のクシタニコーヒーブレークミーティング

NEOPASA
清水へと向かった。




e0044657_21335510.jpg

名古屋港をまたぐ名港トリトン。

バイクの時は風が心配だけど今日は安心。





e0044657_10002671.jpg




都会じゃごろごろ走ってるんだろうけど、

初めて見たよNSX。   オーラ感じないな~






新東名清水では正面に富士山が見えるのだが、

写真が残っていないということは見えなかったということか。








e0044657_21353847.jpg


2018年を締めくくるCBMだからもう少し盛大に

やっているのかなと思ったら意外や寂しい。

ちょうどにぎわう時間帯の10時なのだが?





e0044657_21352984.jpg



かなりの風で「TELLO」傾く。

これ以上の高度は怖くて上げられなかった。







CBM
を後に向かったのは甲府市、

今回はお城を楽しむの旅。(今回も か^^





甲府市へ北上の道は、R52を使わず、


富士川東岸、JR身延線に沿って走るK10。






e0044657_21340975.jpg

身延線だけに勿論身延駅前を通過する。





e0044657_21341609.jpg

笛吹ラインで甲府市へ。



城址へと向かう前に甲府市を通り過ぎて立ち寄ったのがここ。



e0044657_21381934.jpg


JR中央線塩山駅のすぐ近く「三省堂菓子店」




e0044657_21390008.jpg
e0044657_21392113.jpg











新聞で紹介されていた美味しそうな和菓子「一葉懐古」を買いに。

滋賀からの客に驚くそぶりもなく

「新聞に掲載されてから遠くから来ていただくようになって」

だって。








それでは本題、今回三城址巡る予定の一城址目。

戦国大名の雄、武田氏三代の居城「武田氏館」

武田信虎・信玄・勝頼と三代にわたり約63年続いた館。




e0044657_21440324.jpg


主郭部には武田神社があり、七五三のお参りで境内は賑わっていた。


(これらの写真は全く賑わいを伝えていない^^;)





e0044657_21440910.jpg

発掘された主郭に隣接する曲輪を上空から。



e0044657_21441727.jpg

風強し、トイドローンではどこへ飛んでいくかわからず、

これ以上上昇出来ないのが弱点。




今宵は甲府駅前にて一人寝の夜。

最近では、地元スーパーで買い出し・部屋飲み・Bリーグ観戦が

お決まりになって来た。

懐に優しいし、何より気楽でいいや。



ポチッとよろしく ^^

にほんブログ





e0044657_21564134.jpg







ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
by power-shoes | 2019-02-15 22:03 | 100名城 | Trackback | Comments(0)

「東海の名城」 ー日本100名城ー





滋賀から、新名神・東名を東へ走ってツーリングを楽しむとき、

下道へとよく降りるところは、

名古屋市(キーワード:愛知県東部・秀桝屋・足助街道・熊鹿夫婦)、

次に浜松市(キーワード:鰻・餃子・ハンバーグ・浜松のタンデマー)、

そして沼津市(キーワード:伊豆・箱根)、

そのあとは、東京までいかずに海老名インターから

圏央道→埼玉(仕事^^;)。




と言うことで、

今回は めったに利用しない掛川ICから掛川城をおとづれた。



e0044657_20575074.jpg

「良く出来た奥さまと頼りない殿さま」の比喩で知られる

山之内一豊が高知城に転封する前に近世城郭へと

大改築を行った掛川城。



e0044657_21022108.jpg

貴族的な外観を持つ天守閣の美しさは「東海の名城」とうたわれた。

しかし、1854年安政の東海大地震により天守など大半が損壊した。

(掛川城天守閣パンフレットより)



平成6年 日本で初めて木造天守閣が高知城に摸して復元された。




e0044657_20580085.jpg

東海大地震で倒壊し、幕末に再建された御殿に天守の影が落ちる。




e0044657_20581179.jpg
御殿内部。   奥が殿さまの間。




e0044657_20581881.jpg
御殿から見上げる掛川城。



掛川城を満喫して、向かう今夜のお宿。





e0044657_20582863.jpg

とその前に立ち寄った「掛川スーパー」今夜もお気軽部屋のみ。





e0044657_21144976.jpg
買い過ぎた~^^; すきっ腹でスーパーに行くのは危険!

MY醤油買いました。(以前、醤油なしで刺身を食べた教訓をいかして)





e0044657_21144458.jpg

玄関横軒下、毎回このシチュエーイションだったらいいのにな。


ポチッとよろしく ^^

にほんブログ








ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
by power-shoes | 2018-12-16 21:21 | 100名城 | Trackback | Comments(0)

-歩いて登った金華山- 100名城 岐阜城





この日は車で向かった岐阜城。「駐車場確保できるのかな?」

バイクなら全く気にしなくていい心配の種。





e0044657_21024473.jpg

ところがやっぱり案の定。

近くの公共駐車場はバス専用になっていて、

登山口から1.2km離れた河川敷駐車場に案内される。




でも、今日の目的地は岐阜城址のみ、急ぐこともないので、

山登り前ののウォーミングアップと考えればいい。

岐阜城のある金華山はロープウェーで楽々登れるのだが、

ここはやっぱり己が足で登城せねばなるまい。(私の場合は)





e0044657_21025141.jpg

登山口まで岐阜公園を横切っていると、

池のほとりに女性がぽつりお座りしている。

思わず凝視したが、「見ていいものやら見てはいけないものやら」

どうも演出のような気がしたけど、今どきのこと、

成りきりコスプレか?







e0044657_21025970.jpg

いくつかある登山道のうち

今回は初心者向けの「七曲登山道」を選択。




e0044657_21030689.jpg

うねうね ゆるゆる のんびりと途中まではのんびりと行くが、



e0044657_21031231.jpg

大詰めに来てなかなかの急が待ち構えていたのは誤算だったが 

そこはそれ吾輩の辞書には「えらい!・しんどい!」

なんて言葉は載っていない。汗汗汗^^;




下からは何度も眺めた岐阜城も山頂まで来たのは二十歳の時以来。

毎度のことながら当時の記憶は全く残っていない。



e0044657_21190500.jpg

それにしてもたくさんの観光客。

ロープウェーのおかげで軽装老若男女に外国人。

シニア登山グループは狭い本丸でお弁当を広げお話に夢中。








「美濃の蝮」と称された斎藤道三が城を構え、

後に織田信長が居城をかまえた岐阜城。



e0044657_21191265.jpg

昭和31年復興天守、鉄筋コンクリート34階建て。







e0044657_21191994.jpg

天守最上階から暫し眺望を楽しんで、さあ下山。






e0044657_21193226.jpg

下りは剣客向きを選択、

奨学生には向いていない なんてことはなかった^^






e0044657_22141724.jpg

確かに足元は良くなかったけど。






e0044657_22162671.jpg
バイクで来てたらここの駐輪場 登山口のすぐ近く。

やっぱりバイクで来た方が良かったかな

と思ったけど、これ困るんだよね。











e0044657_22163284.jpg




ポチッとよろしく ^^

にほんブログ









e0044657_22192722.jpg







ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
by power-shoes | 2018-12-06 22:25 | 100名城 | Trackback | Comments(0)

-松山城- 四国へ、100名城とこんぴらさん初日 



今治からR317の山間ワインディングを存分に楽しんで松山到、

道後温泉に出てきた。




お宿にバイクを置いて歩いて出かけた松山城。

18の時に来て以来だから何十年ぶり???




e0044657_22260738.jpg

その時乗ったであろうロープウェーかリフト、まったく記憶なし。




e0044657_22261498.jpg

ロプウェーを降りて迎えてくれる急勾配の石垣の見事なこと。






e0044657_22261932.jpg

この道を目前に見える天守に向かって真っすぐに進もうとすると、

先は行き止まりになっているダミーの道。

(この写真では木の陰になって天守は見えないが)





e0044657_22262678.jpg

くねくねと折れ曲がって本丸へとつづく坂道、いくつもの門をくぐる。




e0044657_22263231.jpg

本丸に上って迎えてくれるこの眺め、重なる櫓と天守閣、

それを支える重厚なる石垣の圧巻。


e0044657_22264317.jpg




そのまま天守閣に攻めあがるのはなんだかもったいない気がして、

本丸の裏口(搦手・からめて)に位置する乾門へと向かう。




e0044657_22310342.jpg
なかなかに迫力の眺め。乾門東続櫓と奥に南隅櫓と小天守。




e0044657_22312047.jpg

打ち込みはぎの石垣が美しい。





e0044657_22311104.jpg
南隅櫓と北隅櫓。




連立天守の周りをもったいぶって一周し、さあ天守内へといざ行かん。





e0044657_22313200.jpg

で いきなりのこの迫力。

中央の天守閣と連なる小天守(左)、一ノ門南櫓(右)、

日本三大連立式平山城(姫路・和歌山・松山)の一つだけあって、

その様は美しい。




e0044657_22314020.jpg

地図もなく攻め入った敵は初めて入る城内をどう進んでいいのやら

分からないままに矢や鉄砲で迎え撃たれる。





e0044657_22315121.jpg

天守から見下ろす太鼓櫓と馬具櫓。




帰りは黒門口登城道で下る。




e0044657_22344904.jpg

当時の石畳と石垣、門柱の土台石も残る。


2時から5時まで、たっぷり見てたっぷり歩いた3時間だった。






最近の旅先夕食は、部屋飲み部屋食べで済ましてしまう。





e0044657_22345657.jpg

今夜も近くのスーパーまでRTで買い出しに出かけ、

そしていつものように買い過ぎてしまった^^;


ポチッとよろしく ^^

にほんブログ






e0044657_22350244.jpg





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
by power-shoes | 2018-10-24 22:38 | 100名城 | Trackback | Comments(0)

最新の記事

エキパイ受難 焼き切り作戦
at 2019-07-22 20:08
エキパイ受難 やっちまった~
at 2019-07-20 21:34
訳あって向かった那智大社、食..
at 2019-07-18 19:54
BMW Motorrad ス..
at 2019-07-16 21:48
ひとあしお先にBMW Mot..
at 2019-07-15 07:30
白馬の休日
at 2019-07-14 09:06
スタンプラリー2nd.ステー..
at 2019-07-10 21:34
海王丸見学とバスケット観戦
at 2019-07-06 22:34
福井・一乗谷朝倉氏遺跡から富山へ
at 2019-07-04 20:24
「銀そば」から「道の途中」へ
at 2019-07-01 20:11

以前の記事

2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
more...

記事ランキング

画像一覧

最新のコメント

ぶんさんへ ね、ね、素..
by power-shoes at 21:16
みつえっちゃんへ 本栖..
by power-shoes at 21:13
hideさんの笑顔に胸打..
by ぶん at 19:27
SAMさんへ やっぱり..
by みつ at 18:22
ずっといられる本栖湖ブル..
by みつえっちゃん at 17:00
sennin411さんへ..
by power-shoes at 18:29
今年は白シャツ、BMWの..
by sennin411 at 13:29
えっちゃんへ 今までの..
by power-shoes at 17:00
二日間とも本当に良いお天..
by えっちゃん at 09:45
ソロインテさんへ 汗ば..
by power-shoes at 18:58
Y RAVENさんへ ..
by power-shoes at 22:55
私達は行けませんが、皆さ..
by RAVEN at 00:19
たんたんさんへ 波平さ..
by power-shoes at 18:41
3枚目の富士山は 「波..
by たんたん at 18:06
たこやきSundayさ..
by power-shoes at 12:44

ファン

ブログジャンル

車・バイク
旅行・お出かけ