人気ブログランキング |


BMW R1200RT100thとおんぶセローでバイクライフを楽しむ SAMとhideのぶらぶら日記


by SAM

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
RTでGO!
セローでGO!
幕末維新を訪ねる
100名城
四国八十八ヶ所
モータースポーツ
BOXING
只今鈴鹿山脈縦走中
山遊び
RUN・RUN・RUN
日記
未分類

リンク

タグ

カテゴリ:日記( 452 )

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

布団をかぶったお釈迦様と犬甘野そば





又してもネタ元は読売新聞「おまいり日和」から。

お布団をかぶって寝ているお釈迦様がおられるというので

拝見に伺った。

場所は京都府亀山市「穴太寺」(あなおじ)。




京滋バイパスから京都縦貫をつないで亀岡ICで降りて


大津から50km、45分とナビは教えてくれた。





e0044657_21404795.jpg

2月2日、空気はキンキンに冷えてるけど

お日様はしっかり熱を送ってくれる

こんなお天気こそオープン日和。





e0044657_21405356.jpg

到着して知りました、ここ西国三十三か所の二十一番札所。

あらあら、八十八か所の次は三十三か所巡りかい、

なんか頭をもたげ始めたりして、次なる巡礼の予感?








e0044657_21411537.jpg



屋根裏から見つかったという御釈迦様の涅槃像。






e0044657_21412896.jpg

起こしているわけではない。

この時右肩が四十肩だったので(嘘つけ!)

治るようにとさすっているところ。(今では全快)





e0044657_21410528.jpg

多くの参拝者が触るから体の表面はつるつる。



e0044657_21405973.jpg


次回は右ふくらはぎをさすりに行かないと。





穴太寺の後に向かったお昼処

一度食べてみたかった「犬甘野そば」(いぬかんの)




e0044657_22145475.jpg


このお店の前は何度も通り過ぎたが一度も寄ったことがない。

何故ならその先にカフェ「あたご屋」さんがあるから。




e0044657_22051961.jpg

ブロ友仙人さんの奥様チョコさんと伺った時の思い出。

みんな同じヘルメットかぶっているって

仙人さんが羨ましがってたね。





e0044657_22052401.jpg

そういえばこんな写真も取れて楽しかった。

さすがはライダーとタンデマー、

傾いてなんぼのバイク乗りです^^

と まあそういうことで お初の犬甘野そば。






e0044657_22073098.jpg

おっ、オフのライダーがやってきた。





e0044657_22053031.jpg

そば粉8割の手打ちそばをいただいた。

美味しかったので生そばのお土産も購入した。





ポチッとよろしく ^^

にほんブログ



犬甘野そば この後又行ったは後日の報告^^








ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
by power-shoes | 2019-05-24 22:11 | 日記 | Trackback

与謝野晶子とハンバーグランチ




「与謝野晶子内気な素顔」という見出しを新聞記事に見つけた。

とはいうものの、与謝野晶子をよく知っているわけではない。

だから大阪府堺市へと出かけた。




向かったのは「さかい利晶の杜」(さかいりしょうのもり)





e0044657_20150302.jpg

杜といっても周りに森などない街中、

こんなお天気は建物の中じゃなくてお外で楽しむ日だけど、

ここまで1時間30分楽しんできたオープン^^






e0044657_20150943.jpg

「さかい利晶の杜」の1Fは「千利休茶の湯館」。

堺市出身の商人であり茶人であった千利休の生涯を紹介している。

そして、2Fが「与謝野晶子記念館」



Fに上がるまでで 与謝野晶子で知っていたこと。

歌人・夫は鉄幹・みだれ髪(読んだことない)



記念館を見学して知ったこと、

夫婦仲がとても良かった・12人の子供を産んだ・

日本中そして世界へ旅を愛した・静かで内気、シャイな女性・

「君死にたまふことなかれ」





たくさんの歌や詩が展示してあったけど

その内容を読み込む力がないので

雑学的に「与謝野晶子」をじったに過ぎなかったけど、

いつの日か歌を目に耳にしたとき、広がる世界が変わるかな?





堺市を後にランチに向かったのは奈良県三郷町、



e0044657_20151548.jpg

4.2mの標識多くない?





e0044657_20152229.jpg

JR
三郷駅近くの「カフェ ファンチャーナ」

毎度の読売新聞「幸せランチ」がネタ元。

この企画に登場するお店は

そのほとんどが飛び切りの有名店ではないので

時に悩ましいお店もあるが、知らない街、知らないお店へと

ハラドキで走らせてくれるのが実に楽しい。

(がっかりも楽しみのうち)




e0044657_20152810.jpg

お客さんはカップルか女性グループ、ちょっと浮いた男一人

美味しくいただいた「デミグラス煮込みハンバーグランチ」

今回は行ってよかった美味しかった。




ポチッとよろしく ^^

にほんブログ









ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
by power-shoes | 2019-05-22 20:54 | 日記 | Trackback

Anniversary




e0044657_20293228.jpg





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
by power-shoes | 2019-05-22 20:31 | 日記 | Trackback

御所でカレーうどん、奈良で聖徳太子、針でクシタニ




奈良県御所(ごせ)市を訪問した。

「古地図が使える町」として売り出そうとしているらしく、

1742年の絵図は水路や道幅がほぼ現在と一緒で、

江戸の町づくりが今も実感できるそうだ。




e0044657_22250923.jpg

まず訪れたのが「JR和歌山線 御所駅」

明治29年に開業した当時のままの木造り駅舎が残る。





e0044657_22251960.jpg

続いて街中を散策してみた。



e0044657_22254043.jpg


確かに情緒満点の建物が楽しめる街並み、

撮影スポットがいくつもあって楽しめた。




e0044657_22253418.jpg

高札場も残っていました。





e0044657_22254782.jpg




街中散策はこの辺にしてランチタイム。




e0044657_22271644.jpg

「新地 入船」さんでカレーうどんをいただく。

スパイシーでカツオだしがしっかりと利いた

「癖になる」と評判のお店とか。




1945年創業のお店らしい内装、

どちらかというと「なんとかナシュラン」に針は振っている^^;

駐車場は狭く奥詰めのため、食べている最中に

奥のお客さんが出られるときは車の移動をお願いされる。

お礼にうまい棒とジュースが出てくる^^




e0044657_22272136.jpg



腹ごしらえが済んで、

御所市を後に向かったのが奈良市明日香村。





e0044657_22291547.jpg

聖徳太子生誕の地であると伝えられている橘寺。

(生誕の地は諸説ある) 



聖徳太子は574年、

用明天皇の長男として生まれた高貴な生い立ち。

(そういえば御釈迦様も高貴な身分だったんだけど・・・)

「聖徳太子」とは死後の称号で信仰上の尊称。

だから、厳密にいうと聖徳太子は実在していないことにな。

だが、それを論じるのはタブーだとか。




e0044657_22292216.jpg

2018クリスマスイブ。

観光客の姿は見当たらず、地元の方のお参りのみ。





e0044657_22293847.jpg

乾いた田んぼの上に飛ばしたドローンの音が

やけに大きく聞こえてきた聖徳太子生誕の地訪問だった。






e0044657_22313677.jpg

帰路は毎度の針テラスでクシタニSHOP訪問。

店長と暫しの会話を楽しんで、

CBM
の満タンカードをキーホルダーに交換してもらった。





e0044657_22314218.jpg


奈良初訪問の地を楽しんだ一日だった。





ポチッとよろしく ^^

にほんブログ





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
by power-shoes | 2019-05-14 22:32 | 日記 | Trackback

トイドローンTELLOは所詮おもちゃだけど




先日新聞で紹介されていた神子畑(みこばた)選鉱所の

写真にため息を漏らした。




e0044657_20284974.jpg

これプロのドローン(無人飛行機)で撮影されたもの。

あの巨大な産業遺産神子畑選鉱所がフレームの中にしっかり納まり、

現場では絶対に目にできない角度からの迫力の一枚。





一方、

こんな写真をイメージして飛ばしたトイドローンTELLOの一枚。




e0044657_20285575.jpg

は、は、 一目瞭然のお粗末さ^^;

いったいプロドローンは何メートル上がっているんだろう。





我がTELLO君は10m。

たった10mしか上がらないのに新聞のようなアングルを

イメージした私も私。(想像の翼を広げすぎ)



TELLO君とて、30mまで上げられるようにはできるそうだが

(ブロ友熊さんは30mにセットしている)

今まで経験してきたハラハラの数々、

その圧倒的軽さ(80g)ゆえ風にとても弱い、

背景に溶け込んで見えなくなる、

時にコントロールを乱す、

バッテリ―使用時間13分、

を考えると、とても30mまで上げる勇気がない。

なんといっても風に弱い。





e0044657_20290195.jpg

上の写真、

左下でたなびく旗、

右から吹く風に必死に耐えて傾きながらホバリング撮影。


だからと言って プロ仕様が欲しいかというとそうでもない。

飛行申請は必要だし(場所によっては)、動画をとるわけでない。

トイドローンTELLOは所詮おもちゃで限界はあるけれど、

ブログをより楽しむためのツールとしては十分だ。

何より気軽にどこでも飛ばせるのが今のスタンスにはぴったり。

限界TELLOでどれだけ素敵な驚きが演出できるか、

イメージと禁物の「欲」の狭間で楽しんでみる。




ポチッとよろしく ^^

にほんブログ





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
by power-shoes | 2019-04-25 20:33 | 日記 | Trackback

さよならトイドローンTELLO これを奇跡と呼ばずになんと呼びましょう



風に流され、展望台へ戻すことは諦めたトイドローンTELLO

かくなる上はTELLOの眼を使い鬼ノ城(きのじょう)へ

不時着させるしかないとと判断し、携帯に送られてくる画像を

頼りに城に向け飛ばしていたがその画像がプツリと切れた。





e0044657_23432309.jpg


バッテリーが切れたのか、Wi-Fiがつながらなくなったのか?

はてさてどこへ飛んで行ったのやら

鬼ノ城まではまだだいぶ遠かったはず。





こんな広い山の中、探しようもなければ、

落下して木に引っ掛かっているを発見したとしても

救出は不可能だし、遺作も撮ったし諦めて帰るかと迷ったが、

やっぱり城跡まで戻り当てのない捜索をすることにした。





e0044657_18512772.jpg

正直全く当てがない「城壁にぶつかって落ちてないかな」

「谷の木に引っ掛かってないかな」

捜索の的を絞ることもできず先程見学した鬼ノ城内を

ウロウロするのみ。  



やっぱり無理だ。

お城跡まで飛んできたかもわからないのに。



諦めるしかない、

人や建造物に危害を加えていなかったことだけでも良しとしよう、

と戻り始めて何気に柵の反対側のぞき込んでみた、

発見できるかもしれないなんて期待もせず。




そうしたらどうでしょう、そ・そ・そこにTELLO

ちょこんと居るじゃないですか。




e0044657_18562428.jpg


TELLOTELLOTELLOって目がTELLOになっていたから、

木の枝でもTELLOに見えたのかなって

ドラマじゃないけど目をこすった。




e0044657_18563365.jpg

いや~ これには驚いた!

発見したのもすごいけど、ここまで飛んできたのもすごい!

しかも どうもこの柵にぶつかって落下したようだ。

高さ120cmくらいのこの柵にピンポイントでぶつかるなんて、

もうこれは奇跡としか言いようがない。





e0044657_18563999.jpg

望遠効果で近くに見えるが展望台からのその距離150m

ただただこれは奇跡の積み重ねとしか言いようがない。



もう二度とこんな無茶しないぞと誓った、

トイドローンTELLO、奇跡の生還物語。



ポチッとよろしく ^^

にほんブログ






ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
by power-shoes | 2019-04-16 19:52 | 日記 | Trackback(1)

さよなら トイドローン TELLO 飛行から消息不明まで




タイトルは“さよなら”だが、

結果的には手元に戻ってきた奇跡の物語。





岡山県総社市の100名城「鬼ノ城」を訪れた時のこと。

最近はどこへ行くにもTELLOを持ち歩く、

隙あらば迫力の写真を楽しむため。





e0044657_23423278.jpg

ビジターセンターの駐車場から

鬼ノ城跡へ向かう途中に道をそれて展望台に立ち寄った。





e0044657_23424503.jpg

ただしこの時は他に客有りTELLOを飛ばすことが出来ず、

鬼ノ城跡見学へと向かい、その帰り再び立ち寄った。




人気なし、チャンス到来。慣れた手つきで一気に急上昇、

そして撮影。



e0044657_23425431.jpg




しかし、問題はこの時この後、欲が出た。

ドローン飛行に禁句の「欲」が出た。


「私の後姿をフレームに入れたい」

これが大きな間違い、大いなる過ち。



後方に引きながら高度を上げ始めたその時だった・・・

谷へ吹き下ろす風に一気に機体を持っていかれてしまった。

展望台ではそれほど危険な風は吹いていなかったのだが、

上空の風は見えなかった。

携帯コントローラで必死に戻そうとしても

見る見る離れていくTELLO

どんどんどんどん離れていく機体 流されていく機体。

携帯画面を押す指に力が入る、押す力の強弱は全く関係ないのに。

きっと体まで傾いていたと思う^^;

そんな努力の甲斐もなくどんどん離れていく機体。

遂には背景の山に同化して姿すら確認できなくなった。






諦めた「さよならTELLO





しかし幸いにもTELLOの眼からの画像は送られてきていた。

こうなったら遺作を残そうと、押し流されていくTELLOから

「鬼ノ城」に向けシャッターを押した、何回も押した。





e0044657_23431061.jpg
風に逆らい傾いた機体から送られてきた一枚。

短い間だったけどありがとう、色々と楽しませてもらったよ。

「さようなら」 と見えない機体に別れを告げた。

帰還の期待もむなしく。






と その時、ふと思いついた「高度を下げてみたらどうなる」




そうしたらどうだ、TELLOの眼に映る鬼ノ城が

どんどん逆方向に動き始めるではないか。

何々 戻ってきてる まさか戻ってきてる!!




機体が見えた、肉眼で見えた やった~戻って来た~!



と喜んだのはここまで。

手元に戻そうと高度を上げ始めたとたん   だめだ!

谷へ吹き下ろす風に再び一気に持っていかれコントロール不能。

またしてもどんどん押し流されていく機体に腹をくくった。

もう手元には戻らない、バッテリーもどんどんなくなっていく。

かくなる上は、鬼ノ城へ向け飛ばし、

送られてくる画像を頼りに不時着を考えた。

もうこの飛行しかない。





どんどん近づいてくる鬼ノ城、近づいてくる鬼ノ城。

もしかして、うまくいくか、うまくいくか、と思ったその時

携帯に送り続けられていたTELLOの眼からの画像が消えた 

ぷつりと消えた。




勿論 機体はとっくに見失っていて、 

どのあたりを飛んでいったのか全く見当がつかないままに

消息を絶ってしまった。





e0044657_23431795.jpg

e0044657_23432309.jpg


展望台から鬼ノ城までの距離、150m。

何処へ飛んで行った?




ポチッとよろしく ^^

にほんブログ










ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
by power-shoes | 2019-04-12 00:03 | 日記 | Trackback

今度こそ王王軒 竜馬脱藩 幕末維新



幕末維新、坂本竜馬脱藩の地、高知県梼原へ


初日





e0044657_21382776.jpg

明石海峡大橋は毎度のことながら空を飛んでいるようで

〇〇がキュッとなる。

とりわけこの橋の長~~いジョイントを渡るときは

思わず腰を浮かせてしまう。

かつて、そのジョイント上で転倒したって話は聞いたことないけど、

毎回フロントタイヤをとられそうで怖い!



間もなく淡路島。まだ四国ではない兵庫県。







e0044657_21383584.jpg

何回来てもこの景色は写真に収めてしまう、

快晴であろうとなかろうと。




さてさてやって来ました王王軒(わんわんけん)



e0044657_22363482.jpg

前回のやって来ました王王軒(わんわんけん)は臨時休業だった。





e0044657_21384766.jpg

いただきました徳島ラーメン。 食べログ1位の徳島ラーメン。

でしたが、ちょっと~ 油が~。  「巽屋」さんが好み。

でもさすがに1位、平日だけどひっきりなしの来客だった。





お腹を満たして一仕事して、向かうは今宵のお宿の松山市。






e0044657_22391675.jpg

走るは一車線自動車道の徳島道。


つないで走るは松山道。



e0044657_22325037.jpg


あと156km 到着予想時間は18:40分。






e0044657_22325721.jpg

そして買い出しは道後温泉近く、毎度のスーパーABC。




実はこの時危なかった、今思っても冷や汗が出るくらい。

この駐車場に入るためUターンした時、

路面電車のレールにフロントを取られ、あわや転倒の危機だった。

勿論右足が出て路面を蹴ったけど、1100RTならこけていたな。

何故だかわからないが、この1200RTは耐えられた???





かくして松山の夜は静かに更けていったのだった。




ポチッとよろしく ^^

にほんブログ








ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
by power-shoes | 2019-02-28 22:52 | 日記 | Trackback

神子畑選鉱場跡から竹田駅





e0044657_22320053.jpg

明延鉱山探検坑道を後にして、来た道帰るのはつまらないので

K
6を南下して山道くねくね走ってみた、

これがなかなか楽しいカーブの連続。




e0044657_22332442.jpg

R429に出て、いったいどのあたりだったんだろう






e0044657_22314284.jpg



無人の野菜販売所発見。


今夜のお野菜買って帰ろうと止まっては見たが小銭がない!

そこに通りかかったおばあちゃんとお孫さん

「このお店の方呼んだげるわ」って、近くにお家ないけど・・・^^:

e0044657_22331779.jpg

ありがとうございました、おばちゃんお孫さん^^


さあ、「帰りましょう」と東へ向かって走っていると、

突然現れたのが ここ、神子畑(みこばた)選鉱場跡。




e0044657_23074436.jpg

って この「突然」実は四回目、これで西から三回、東から一回。

毎回この廃墟、地図のどこにあるのか分かってなくて、

楽しそうな道だなと走っているツーリングの途中でいきなり現れる。






e0044657_23085387.jpg

直近が201610月、

もう三回目だったからヘルメットも脱がずにリモートでパチリ。

だから過去三回は毎回「あれ?」「あれ?」「ここか~^^:」と

学習できてなくて大笑いしたものだったが、

今回は「あれ!」と思って車を止めた。





e0044657_23095353.jpg

非ろ過分離装置「シックナー」を上からのぞいてみた。



おまけの神子畑選鉱場跡を見学した後、向かったのは

天空の城「竹田城址」

ただし、登城するのではなく、押しもれの「100名城スタンプ」を

押しに竹田駅へ。



e0044657_23181333.jpg


2010年に登った時には

まだ「100名城スタンプ帳」を持っていなかったから。






e0044657_23114003.jpg
2010年9月  このころはまだ 「ひと気なし~」



かくして、鉱石の道と秋をたっぷりドライブした一日だった。




ポチッとよろしく ^^

にほんブログ







e0044657_23213739.jpg







ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
by power-shoes | 2019-02-25 23:21 | 日記 | Trackback

明延鉱山探検坑道





兵庫県養父市の山間に位置する明延(あけのべ)鉱山。

廃坑になって30年、坑道見学ができると知り行ってきた。





e0044657_23351110.jpg


穴の中に入るわけだからお天気は崩れていてもいいのだが

(穴は崩れては困るけど)どうよこの晩秋の空オープン日和。




e0044657_23351749.jpg

勿論鉱山跡だから街中にはないとはいえ、

どこまで行くんだの道が続いて、

やっと見えた明延のロードサイン、もう少し。




e0044657_23352434.jpg


ここの明延鉱山探検坑道見学は予約制、料金は大人1200円。



e0044657_23353093.jpg

まずはこのあけのべ自然学校で受付と支払いを済ませ、

各自車で鉱山入り口まで移動。





e0044657_23383459.jpg

K6からさらに右の細い道を上っていく。




e0044657_23354464.jpg

この日の見学者私を含め5人。

まずは展示物でその様子や仕組み、歴史を勉強。




e0044657_23355075.jpg

穴を掘るのも大変だけど、

掘った鉱石を地上に上げるのも大変の繰り返し。





e0044657_23392577.jpg

ここ入坑口には当時使われていたトロッコ電車の

線路跡が今も一般道上に残る。



それでは入坑。



e0044657_23393763.jpg


e0044657_23394885.jpg


明延鉱山の歴史は古く、奈良の大仏さんにも使われたとか?

明治時代には「日本一のスズ鉱山」として有名だったが、

昭和62年(1987年)閉山された。

坑道の高低差は約1000m、アリの巣のように縦横無尽に掘られ、

総延長は約550kmにもなるとか。(東京―大阪だよ!)




e0044657_23473221.jpg

ただし見学できるのは650m。





e0044657_23395720.jpg

入ってすぐの一番の見どころはここ。「巨大鉱脈跡」

鉱脈って、岩盤と岩盤の間にサンドイッチ状にあるんやな!






e0044657_23473781.jpg

この掘削機、人が手にもって仕事をしていたとは思えない鉄の塊。




e0044657_23423116.jpg

今も当時の重機が地下深く置きっぱなしになっていて、



e0044657_23422593.jpg

整備された鉱山跡とは違い、操業当時の姿が体感できる。





e0044657_23423855.jpg

ここにて終了、

ガイドさんの最後の解説とご挨拶を聞いて坑道探検終了。

思っていた以上に長く詳しく楽しい説明に大満足だった。





坑道を出て明延集落へ。




e0044657_23501913.jpg

最盛期(昭和30年代)4000人が暮らしたそうだが、

今は80人を切るとか。






e0044657_23502648.jpg


採掘した鉱石や従業員を運んでいた一円電車。


明延からこの後訪れる選鉱場の神子畑行。




e0044657_23525779.jpg




それでは、鉱山の道を神子畑選鉱場跡へ、

山道ワインディングを楽しみながら。

つづく



ポチッとよろしく ^^

にほんブログ




e0044657_23530653.jpg




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
by power-shoes | 2019-02-23 00:02 | 日記 | Trackback

最新の記事

布団をかぶったお釈迦様と犬甘..
at 2019-05-24 22:11
与謝野晶子とハンバーグランチ
at 2019-05-22 20:54
Anniversary
at 2019-05-22 20:31
関西ラグビーはここから始まった
at 2019-05-20 20:02
給油ランプ点灯後何キロ走れる..
at 2019-05-15 21:27
御所でカレーうどん、奈良で聖..
at 2019-05-14 22:32
BMW Motorrad中部..
at 2019-05-12 21:03
中山道を歩く 帰路、妻籠宿か..
at 2019-05-09 21:14
中山道を歩く 馬籠宿から妻籠宿へ
at 2019-05-06 18:42
木曽路 馬籠宿へ「夜明け前」..
at 2019-05-01 12:28

以前の記事

2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
more...

記事ランキング

画像一覧

最新のコメント

ぶんさんへ ね、ね、素..
by power-shoes at 21:16
みつえっちゃんへ 本栖..
by power-shoes at 21:13
hideさんの笑顔に胸打..
by ぶん at 19:27
SAMさんへ やっぱり..
by みつ at 18:22
ずっといられる本栖湖ブル..
by みつえっちゃん at 17:00
sennin411さんへ..
by power-shoes at 18:29
今年は白シャツ、BMWの..
by sennin411 at 13:29
えっちゃんへ 今までの..
by power-shoes at 17:00
二日間とも本当に良いお天..
by えっちゃん at 09:45
ソロインテさんへ 汗ば..
by power-shoes at 18:58
Y RAVENさんへ ..
by power-shoes at 22:55
私達は行けませんが、皆さ..
by RAVEN at 00:19
たんたんさんへ 波平さ..
by power-shoes at 18:41
3枚目の富士山は 「波..
by たんたん at 18:06
たこやきSundayさ..
by power-shoes at 12:44

ファン

ブログジャンル

車・バイク
旅行・お出かけ