BMW R1200RT100thとおんぶセローでバイクライフと田舎暮らしを楽しむ SAMとhideのぶらぶら日記


by SAM

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
RTでGO!
セローでGO!
幕末維新を訪ねる
100名城
四国八十八ヶ所
モータースポーツ
BOXING
只今鈴鹿山脈縦走中
山遊び
RUN・RUN・RUN
日記
未分類

リンク

タグ

<   2018年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

生きるということ




先日、保守派の評論家 西部邁(すすむ)さんが自死を選ばれた。
(享年78歳)

とはいうものの、  正直 全くこの方を存じていない。


東大大学院卒、東大教授、評論家そして哲学者。

経歴を見て秀才であることはわかった。



e0044657_21355614.jpg


ただ、その訃報の記事で考えさせられたというか、

身につまされた言葉があった。

この方、50代半ばから自死を公言していて、

「生の周囲への貢献が、それへの迷惑を下回ること確実となるなら、

死すべき時期がやってきたということ」と記されている。

遺書にも、家族に迷惑をかけたくない旨書かれていたとか。




「周囲への貢献より、迷惑が上回った時、世に生る意味なし」

と言うことなのか。

生き物として確かにそうなのかもしれないが、人間には情が存在する。

とは言うものの、その生のあり方が情を上回るとき、

死すべき時期の逆の思いが周囲の心に去来してもおかしくない。




我が母90歳、 100歳まで頑張れと言っている、

そして100歳まで頑張ると言っている。

西部さんと我が母 珍しく哲学っぽいこと考えた^^




[PR]
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
by power-shoes | 2018-01-30 21:41 | 日記 | Trackback

誰よりも早く空を飛びたかった日本人



京都府八幡市に変わった名前の神社がある。

その名は「飛行神社」




その昔、飛行機には関係なく、

たまたまこの地域がそんな地名だったとか違う漢字の「ひこう」が

いつの間にか「飛行」に変わり、これ幸いに名前にあやかって

航空関係に・・・何てことかなと思っていたら とんでもない。



神社を創建したのは二宮忠八「日本の航空機の父」と呼ばれる人物。

ライト兄弟よりも早くから飛行原理を発見していたものの、

有人飛行は先を越されてしまった。

その後、世界を飛び交うようになった飛行機の事故で多くの犠牲者を

出したことを嘆き、私財を投じて自宅敷地内に建てたのがこの神社。

航空関係や海外からのお参りも多く、日本様式にとらわれることなく

拝殿は洋風、鳥居はステンレスとなかなかにユニーク。


e0044657_22593580.jpg

でで~んと 入口にジェットエンジン、



e0044657_22594265.jpg
大阪湾から引き揚げられたゼロ戦のエンジンと鳥居、



e0044657_22595329.jpg
ウウム神殿



e0044657_23005290.jpg

スピナーに見立てた街灯

資料館では二宮忠八の偉業と飛行機の歴史をかじってみた。




飛行神社を後に向かったのが 高槻駅前のカレー専門店、

悲運のボクサー村田英次郎が紹介していた「ヴァスコダガマ」


e0044657_23064157.jpg

セローでいって良かった商店街内(入口付近だけど)。



列に並んで待っている間にお話しした奥さま、

週に二回は来るほどの病み付き。

時に昼食後お持ち帰りで夜も頂くとか 期待膨らむ~。


いただいたのは

「季節の野菜カレーゴロゴロ肉トッピング」1250円(込)


e0044657_23064876.jpg

村田英次郎の言葉を借りれば

「一口目は甘く、あとからピリッとした辛さに包まれる。

少し汗が出るような、そんな辛さが疲れをリセットしてくれる」

確かにガツンと来るような味わいではなかったけれど、

ゴロゴロ肉のボリームにご飯並盛でもアップアップだった。ご馳走様。

(あくまで満腹感は小鳥の胃袋SAMさんの感想・ご飯大盛まで同値)


で この後 「エディ・タウンゼントジム」へ行って 

驚きと幸せに包まれたことは前ページで紹介。

ウウム カレーが食べたくなってきた。

今週末も行こうかな「ヴァスコダガマ」。






[PR]
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
by power-shoes | 2018-01-26 23:15 | セローでGO! | Trackback

こんな強い選手でも世界チャンピオンになれなかった時代




ある日の読売新聞夕刊に高槻市のカレーのお店が紹介されていた。


そしてその紹介者は、

1970年代後半から1980年代前半に活躍した

悲運のボクサー 村田英次郎だった。






e0044657_21151774.jpg



アマチュア戦績78勝(43KO)10敗

プロ戦績24勝(15KO)2敗3分け

4回の世界挑戦も2敗2分けでベルトの奪取ならず。

つまり プロ生涯成績の2敗はこの世界戦のみ。


対戦した二人の世界チャンピオンは当時一級品で、

強打のWBC世界王者、ルペ・ピントール(メキシコ)と

名ボクサーのWBA世界王者ジェフ・チャンドラー(アメリカ)だった。

加えて当時はWBCWBAの2団体しかなく、

(現在はWBOIBFも加わり4団体が世界チャンピオンを公認)

正真正銘のチャンピオンだった時代。

そんな時代に両団体同時にバンタム級1位にランクされていた

村田だったのだが・・・。


e0044657_21152315.jpg


世界チャンピオンにはなれなかったが、東洋太平洋タイトルは

12度の防衛を果たしチャンピオンのままで引退をしている。




そんな村田英次郎が紹介するお店ならとでかけたのだが、

本音のところは同市内にある彼のジムを覗いてみたい、

できれば出会ってみたい、幸運なら話がしたい写真が撮りたいの

気持ちの方が強かったことは事実。



カレーをいただいた後、村田英次郎会長のジム

「エディ・タウンゼント ボクシングジム」へむかった。




日曜の午後、

HP
には「日曜日、試合があるときはお休み」とかいてあった。

閑静な住宅街、休みの可能性もある、予約をしたわけではないので

仕方あるまい、ジムを見て帰れるだけでもよしとしようと

ナビの案内宜しくセローを転がせ到着、人気なし、やっぱり。






と思った瞬間、目の前に犬小屋から犬を出そうとしていた

男性が顔をあげてビックリ!



ヘルメットをかぶったまま、バイクにまたがったまま

村田英次郎さんだ!村田英次郎さんだ!」と二回名前を呼んだ。


犬の散歩に出られる直前のなんという偶然。

立ち話ではあったけれど、握手をして(大きな右手だった)

写真も一緒に撮っていただいた。(現役の時と変わらない優しい笑顔で)

突然の面会に何をしゃべったか?
 

いつの間にか、二匹の犬を連れた彼の背中が遠くにあった。





昔はこんな強いボクサーでも世界チャンピオンになれなかったほどに

頂は高かった。 悲運のボクサーも何人も生まれた。


そんなボクサーの一人、


村田英次郎が今現役だったらと思うと残念でならない。






現役引退から35年、

今はジムの会長として世界の頂に立たれることを願わずにはいられない。






[PR]
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
by power-shoes | 2018-01-23 21:37 | BOXING | Trackback

だから 京都へは行きたくなかったんだ



今をさかのぼること156年前、

1862年京都、徳川幕府は反幕府勢力によって荒れていた

京都の地を鎮圧すため京都守護職を設置する。

(1867年坂本竜馬暗殺の5年前)




この鎮圧役を命じられたのが会津藩主松平容保(かたもり)、

最初の内は何回も断ったそうだが、最後は押し切られて

死を覚悟で承諾したそうだ。

会津若松から、家臣一千人を引き連れ12月24日京都到着。

本陣は黒谷金戒光明寺(くろだにこんかいこうみょうじ)に置かれた。

今回は、そんな歴史の一ページへとセローを走らせた。




京都は良く知っているとはいうものの、最近じゃなんでもナビに頼って

しまって、今回も検索で出てきた目的地を何気なくセットし

忠実に進んだら、こんな道走らせてくれた。



e0044657_23204540.jpg

大型バイクだったらどうするの、セローだから面白いけど^^


なんて呑気なことを思ったのもつかの間、

石畳に出てほっとして見下ろした行く手は階段だった^^;


e0044657_23205009.jpg

地図帳で見れば、その図形から入り口付近をイメージできただろうに。

今では時にナビの間抜けさに翻弄される。






e0044657_23205799.jpg


毎度のことながら、無料駐輪所 バイク冥利に尽きるね。






e0044657_23210402.jpg







e0044657_23211289.jpg


山門、1600年の再建だから、会津藩士たちは

ピッカピカのこの門をくぐったのだろうな。






敷地内山手奥に会津藩士の墓。


e0044657_23212281.jpg


ふるさと遠く離れ京の地に骨を埋めた無念。





e0044657_23212827.jpg





黒谷金戒光明寺に本陣を置いた会津藩はそののち

現京都府庁の地に屋敷を移す。

以前にも「容保桜」を一目見ようと訪問したことがあったが、

この日と同じく休日で門が閉ざされていて入ることが出来なかった。

今回も門前にて。







e0044657_23213410.jpg






坂本龍馬を暗殺したと言われる京都見廻り組や

新選組は京都守護職の配下だった。


ほとんどの藩や公家が倒幕派に傾く中、

最後まで徳川幕府側で有り続けた会津藩。

鳥羽・伏見の戦い、戊辰戦争を経て賊軍となり、

後に下北半島へ移住させられてしまった。

「こんなことになるなら 京都守護職なんて受けなければ良かった、

だから京都へは行きたくなかったんだ」

と松平容保は言ったかどうか?

忠義を尽くした会津藩士の悲しい歴史に触れた一日だった。





[PR]
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
by power-shoes | 2018-01-19 23:37 | 幕末維新を訪ねる | Trackback

竜馬暗殺の地


坂本竜馬暗殺の地、近江屋跡へ走ってみた。

もちろん初めてじゃないけれど、新聞記事が目に留まり

大政奉還150周年と言うこともありの久しぶり。

e0044657_15453679.jpg
(訪問日は12月10日)





何度訪れてもそのあまりの歴史の重さに感慨深い場所。

日本の歴史を大きく動かした坂本龍馬という人物がこの地で落命した、

31歳という若さで。

明治の時代に名を残そうとしていなかったらしいが、

もし生き延びていたとしたら、日本はどう変わっていたのだろう。


e0044657_15454264.jpg

道路幅が当時より広くなっているので ちょうどリュックを背負った

男性の位置が暗殺現場の真下になるらしい。




近江屋跡から少し北へ上がって東入る北側に池田屋跡。


e0044657_15455132.jpg

京都の治安維持にあたっていた新選組が一躍世に名前を知らしめた事件。

その事件を解説する掲示板に「旅籠茶屋 池田屋」とあるが

全く歴史とは無関係の食事処。

その歴史を伝えるのは石碑のみ。






この後、清水寺近くの霊山歴史館訪問。


e0044657_15455606.jpg

興味津々の展示物に時間を忘れ楽しんではいたが、

空腹と重いバイクジャケットで立ちっぱなしがさすがに苦になり

集中が切れ、全館体感出来ず、志半ばにして無念のリタイア。

なんと入館から4時間と30分が経過していた。再訪あるのみ。

1時間くらいで満足するのかな程度の展示かと思っていたのが大間違い

だった、失礼しました。



2018年 今年は明治維新150周年 

次回は何処で感慨にふけようか。






[PR]
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
by power-shoes | 2018-01-14 16:00 | 幕末維新を訪ねる | Trackback

初 伊賀食堂


名阪国道 上柘植ICの伊賀食堂 

多くのライダーさんが紹介されていて、

いつかは行ってみたいなとは思っていた。

しかし、ここでご飯を頂くタイミングが基本なく(出発時は朝、

帰宅時は夕方)通過するのみだったが、

今回お昼時に合わせて走ってみた。


元より 怪しげなと言うか きたなシュラン的なイメージがあって、

無性に行きたかったというわけではないので


e0044657_21364590.jpg

バイクを止めてこののれんの傾き具合を見たときに 

二の足を踏んだことは事実。つまり、勇気と気合で入店した。


想像していた通りのセピアな店内、

客は奥の座敷に、仕事終わりと思われるトラックドライバー風の

男女数名 昼間からビールにタバコの上機嫌。

一斉に注がれる視線に一瞬固まる。


焼肉定食を頼んだ時
 

「おかわりは出来ませんが、ご飯大盛は出来ますよ」

これまた一瞬躊躇したが、並みで注文。


e0044657_21365292.jpg

出てきた焼肉    結論「美味い!」 人気あるはずだわ。

しかし、小鳥の胃袋SAMさん 並盛でも食べきれない量に残すご飯

不甲斐ない
^^;




しっかりいただいて 向かったのが針テラス。

訪問したのがここ


e0044657_21365915.jpg

コーヒーブレークミーティングのスタンプが貯まっていたので

カップと交換していただこうと訪れたものの、

いまだ赤いカップと聞き交換中止。

次回のカップまで待つことにした。



一人クルージングで帰る信号待ち、足付の悪さに淋しさを覚える。





[PR]
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
by power-shoes | 2018-01-12 21:40 | RTでGO! | Trackback

第二回 セローで巡る四国八十八ケ所 ―雨にも負けず 全身ゴア―



2017年最後の日は松山連泊。

荷物は宿に預けて身軽にお遍路さんを楽しむ一日。

さて、何ケ寺巡ることができるか、お天気崩れるの予報外れてくれ~。


12月31日大晦日

松山ICから松山道を東へ、次回のお遍路さんのコース取り上

どうしても行っておかないといけない札所を抑えに行く。


いよ小松ICで下道へ 


e0044657_21172940.jpg
ここから いよいよ最終日の一番寺へと駆け上がります。

この別れから山道へ 

e0044657_21173666.jpg
こんな景色も楽しめるが 

基本くねくねぐいぐいのとっても楽しい舗装林道。

e0044657_21175686.jpg

途中に有料林道があるが(バイク400円)誰もいなかったので

何も払わず前進。(繁忙期のみ徴収するのかな?)

しかしこの有料林道セローでひらひら走るにはうってつけの幅なんだが、

車では離合がかなりの困難と見た。次回車で来たとき緊張するな。


六十番札所「横峰寺」(よこみねじ)

e0044657_21180338.jpg

山肌のシャクナゲ群生、開花時は美しいだろうな。


e0044657_21180998.jpg

この時、こんな険しい九十九の道を徒歩で登る老夫婦と立ち話。


S「歩きでなんて信じられない、すごいですね!」

老「いや~バイクの方がよっぽどすごいよ、だって危険じゃない!」

S「?」

老「225CCか 大きなバイクだね!」

S「?」

老「125CCの倍だね」

S「はあ、確かに^^;

お見送りをして 今にも泣きだしそうなので急ぎ山を下りた。

六十四番札所「前神寺」(まえかみじ)

e0044657_21224942.jpg
あ~あ ついに泣き出した。

e0044657_21225891.jpg

御滝不動尊、一円玉を投げて張り付くと願いがかなうとか。

垂直の石にどうすれば張り付くのよ?

e0044657_21230630.jpg

四円目で張り付いた~。


六十三番札所「吉祥寺」(きちじょうじ)

e0044657_21242615.jpg

くぐり吉祥天女の下をくぐり抜けるとご利益があるとか。


六十二番札所「宝寿寺」(ほうじゅじ)

e0044657_21250583.jpg

セルフ走行写真 一回でコンプリート^^

六十一番札所「香園寺」(こうおんじ)

五十九番札所「国分寺」(こくぶんじ)

大師と握手をしながら願いを掛けると叶うらしい。

e0044657_21254948.jpg

五十八番札所「仙遊寺」(せんゆうじ)

ここで広島ナンバーの軽バンで一人お遍路の青年の存在に気付く。


e0044657_21290314.jpg


五十七番札所「栄福寺」(えいふくじ)

このお寺、お願い地蔵・伊予の石清水八幡宮とか見どころはあるのだが、

e0044657_21275069.jpg

なによりもこれ この建物使い勝手はどうなのかわからないけど、斬新。


五十六番札所「泰山寺」(たいさんじ)

e0044657_21293942.jpg

親子のようだった。


五十五番札所「南光坊」(なんこうぼう)

五十四番札所「延命寺」(えんめいじ)

e0044657_21310798.jpg
五ケ寺ずっと一緒だった広島青年と本日最後の延命寺で立ち話。

なんと彼もオフ車で仲間と林道を走っているとか 

冬のノープロテクション走行の大変さやバイクの楽しさを語り合った。

もっと早く声を掛けておけばよかった。


かくして 今回の巡礼は今治市の全札所を巡ったところで終了。

R317(今治~松山のサブルート)の山越えで松山へ。

BOXINGをあてに部屋飲み部屋食べで2017年の最後を楽しんだ。



明日(元旦)は ただひたすらの帰路、高速を走り続けるの予定。


 
第二回 セローで巡る四国八十八ケ所

今回はノントラブルで無事終了 。

次回、第三回はいつ行けるか 室戸が先か足摺が先か?

どちらにしても 暖かいころに走ってみたい。




本日巡った札所

e0044657_21433350.jpg

e0044657_21434019.jpg














e0044657_21434940.jpg
e0044657_21435837.jpg














e0044657_21440544.jpg
e0044657_21441165.jpg














e0044657_21442088.jpg
e0044657_21443258.jpg














e0044657_21444202.jpg
e0044657_21444948.jpg














e0044657_21445982.jpg















小計11ケ寺   合計27ケ寺








[PR]
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
by power-shoes | 2018-01-10 21:40 | 四国八十八ヶ所 | Trackback

第二回 セローで巡る四国八十八ケ所 ー素敵な出会いをありがとうー


昨夜、高松の夜と言えば骨付き鶏だということで、

一昨年同様有名店の「一鶴」に行っては見たものの、

店外に並ぶ列で諦めて、魚屋さんが経営する居酒屋のカウンターで

第二回お遍路に乾杯した。



一夜明け 12月30日

本日一ケ寺目は

八十二番札所「根香寺」(ねごろじ)

e0044657_20453990.jpg

標高450mの青峰山へとぐいぐい高度を上げる快走の山道。


e0044657_20462361.jpg

気持のいい走りで到着の根香寺山門から見える本堂へとつづく石段

なかなかにヘビー。


e0044657_20470150.jpg

牛鬼伝説の牛鬼君とセロー。

退治された牛鬼の角が保存されているとか とか とか?


e0044657_20473039.jpg

本堂では烏天狗が迎えてくれます。


この後向かった白峯寺への五色台スカイラインへとつながる

尾根道の気持ちよかったこと。



八十一番札所「白峯寺」(しろみねじ)


e0044657_20485685.jpg

八十番札所「国分寺」(こくぶんじ)

e0044657_20493816.jpg

ミニ八十八ケ所巡りあり。

つまり各寺の出張所。八十八個の石仏がずらりと並ぶ。

「ミニ」というより、

インスタント八十八ヶ所巡りの方がしっくりくるかな?


e0044657_20494623.jpg

恋愛成就だけにハート。

七十九番札所「天皇寺」(てんのうじ)

e0044657_20511444.jpg

最初間違えて神社の方へ行ってしまった。珍しい形の鳥居。


七十八番札所「郷照寺」(ごうしょうじ)

e0044657_20521952.jpg

地下の万躰観音洞には三万体の観音像が納められていた。


e0044657_20524298.jpg
どこのお寺も立派なお正月飾りだった。


e0044657_20532530.jpg



七十七番札所「道隆寺」(どうりゅうじ)

e0044657_20541978.jpg

ずらりと並ぶ観音像が迎えてくれる。



e0044657_20544993.jpg

この日の決め打ち昼食どころ「鍋ホルうどん いこい」さん到着も、

パトライトが回っていなかった、残念。

年末にやってなくてもおかしくないわな。電話で確認しろちゅうの。



次のお寺までナビが楽しい裏道(お遍路道)走らせてくれたものだから

食事処見つけられず、この日も遅い昼食になってしまった。

e0044657_20562058.jpg

にもかかわらず空腹に思わず天ぷら頼んでしまった。

しまったしまった島倉・・・前日の失敗を生かせず。(二玉肉うどん)


七十一番札所「弥谷寺」(いやだにじ)

e0044657_21010565.jpg

セローでガッツリ坂道上ったものの、その先の階段にひと汗。


e0044657_22314711.jpg

その分本堂からの眺めはとっても素敵だったな。


e0044657_21015471.jpg

弘法大師が刻んだとされる阿弥陀仏三尊。

いい具合に光が差してきて、ロウソクの様に見えた。


六十七番札所「大興寺」(だいこうじ)

e0044657_21023494.jpg

品川ナンバーの女性セロー乗りさんと暫しの立ち話。

この先向かおうと思っていた標高927mの、

四国霊場でいちばん高所にある雲辺寺に積雪の情報をいただき、

今回の巡礼は断念した。



この後走った夕闇迫る松山道の寒かったこと寒かったこと。

松山の夜はお刺身と美味しい冷酒をいただいて、

締めは名物釜炊き鯛飯に舌鼓。



本日巡ったお寺一覧
e0044657_21040771.jpg
e0044657_21041535.jpg
















e0044657_21042584.jpg
e0044657_21043299.jpg














e0044657_21044355.jpg
e0044657_21045406.jpg














e0044657_21051200.jpg
e0044657_21052290.jpg





















小計八ケ寺






[PR]
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
by power-shoes | 2018-01-08 21:15 | 四国八十八ヶ所 | Trackback

第二回 セローで巡る四国八十八ケ所 ーキャンプはしない^^;ー


まだもうちょっと乗れたけどタイヤは前後新品にした。

走行3000kmだけど、4年間換えてなかったのでオイル交換した、

一緒にエレメントも。

クシタニゴア、今年が最後と聞いてオーバーパンツを買った。

針テラスで最後の一枚をマネキンから脱がした
L寸。

もちろん試着のまま帰った、使用感・サイズ良好。

そして、BMWのナビをセローに移植した。これで万全。


12月29日 

気温2°雪さえ降らなければ出発すると決めてはいたものの、

この外気には腰が引けた。


いつものRTなら、 

風は当たらない・電熱服着てる・グリップとお尻はホッカホカなのに

無防備なセロー 

頼りになるのは使い捨てカイロと胸に入れた古新聞のみ。

どんなに防寒をうたい文句にした装備でも、

寒風には歯が立たないのは百も承知。

案の定、山陽道に入ったころには久しく経験したことのない

奥歯がガチガチ鳴り始めた、限界。

SAPAで暖を取っては進み、暖をとってはまた進みして

瀬戸大橋から四国入り。

暖休憩が想定外の時間を使ってしまい、

腹ペコで初日昼食予定の「岸井うどん」さん到着。





e0044657_22225651.jpg

愕然以外の何物でもなし。



気を取りなおして見つけたうどん屋でいただいた肉うどん 


e0044657_22240725.jpg

麺は美味しかったけど出汁が?出汁が?

出汁にね厚みがないのは香川のうどん?

遅い時間だったのに腹ペコすぎて二玉頼んで大失敗、

夜までお腹すかず
^^;





それでは第二回 セローで巡る、四国八十八箇所スタート。


七十五番札所「善通寺」(ぜんつうじ)


e0044657_22260518.jpg

いきなりの有名どころ なんでも叶えてくれるよ善通寺




七十六番札所「金倉寺」(こんぞうじ)

e0044657_22271320.jpg

絵馬が小判、願いの多くは金儲けと宝くじ当選。

七十四番札所「甲山寺」(こうやまじ)

七十二番札所「曼荼羅寺」(まんだらじ)


e0044657_22342321.jpg



七十三番札所「出釋迦寺」(しゅっしゃかじ)


七十番札所「本山寺」(もとやまじ)

e0044657_22364405.jpg

多くのお寺で見掛ける弘法大師の修行姿像。


六十八番札所「神恵院」(じんねいん)

六十九番札所「観音寺」(かんおんじ) 

この二ケ寺は同じ敷地内にあり、一度で二札所のお遍路さん喜ぶ^^


e0044657_22371741.jpg

迫力の鐘楼




e0044657_22380706.jpg
六十八・九番札所を少し登ったところから眺める琴引公園の銭形砂絵、

長い歴史があったんだ。




でもって ここを本日最後にしてお宿の高松へと急行すれば

明るい内に着けるのに、癖です癖、目の前に半島があるものだから

先っちょへ行かなくてはと夕日と追いかけっこの荘内半島周遊、

e0044657_22395024.jpg

爆走に次ぐ爆走、もちろん日はとっぷり暮れた。

over400kmのセローな一日だった。







本日巡ったお寺一覧


e0044657_22404712.jpg

e0044657_22411053.jpg














e0044657_22412459.jpg

e0044657_22414817.jpg














e0044657_22415974.jpg
e0044657_22420965.jpg














e0044657_22422757.jpg















小計八ケ寺







[PR]
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
by power-shoes | 2018-01-05 22:53 | 四国八十八ヶ所 | Trackback

最新の記事

梅の実の酵母を使って純米吟醸酒
at 2018-04-19 22:29
びわ湖 de カレー
at 2018-04-15 22:47
福知山でスイーツとラーメン
at 2018-04-12 21:22
絶対残留!
at 2018-04-08 21:37
出世街道まっしぐら  光秀その一
at 2018-04-05 22:41
唐橋と桜
at 2018-04-02 22:26
お多賀さんの糸切り餅
at 2018-03-30 22:22
新選組ここに生まれる
at 2018-03-26 21:18
歴史に名を遺した門
at 2018-03-22 21:28
敬われた王の館
at 2018-03-19 21:48

以前の記事

2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...

記事ランキング

画像一覧

最新のコメント

ぶんさんへ ね、ね、素..
by power-shoes at 21:16
みつえっちゃんへ 本栖..
by power-shoes at 21:13
hideさんの笑顔に胸打..
by ぶん at 19:27
SAMさんへ やっぱり..
by みつ at 18:22
ずっといられる本栖湖ブル..
by みつえっちゃん at 17:00
sennin411さんへ..
by power-shoes at 18:29
今年は白シャツ、BMWの..
by sennin411 at 13:29
えっちゃんへ 今までの..
by power-shoes at 17:00
二日間とも本当に良いお天..
by えっちゃん at 09:45
ソロインテさんへ 汗ば..
by power-shoes at 18:58
Y RAVENさんへ ..
by power-shoes at 22:55
私達は行けませんが、皆さ..
by RAVEN at 00:19
たんたんさんへ 波平さ..
by power-shoes at 18:41
3枚目の富士山は 「波..
by たんたん at 18:06
たこやきSundayさ..
by power-shoes at 12:44

ファン

ブログジャンル

車・バイク
旅行・お出かけ