人気ブログランキング |


BMW R1200RT100thとおんぶセローでバイクライフを楽しむ SAMとhideのぶらぶら日記


by SAM

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
RTでGO!
セローでGO!
幕末維新を訪ねる
100名城
四国八十八ヶ所
モータースポーツ
BOXING
只今鈴鹿山脈縦走中
山遊び
RUN・RUN・RUN
日記
未分類

リンク

タグ

<   2019年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

今度こそ王王軒 竜馬脱藩 幕末維新



幕末維新、坂本竜馬脱藩の地、高知県梼原へ


初日





e0044657_21382776.jpg

明石海峡大橋は毎度のことながら空を飛んでいるようで

〇〇がキュッとなる。

とりわけこの橋の長~~いジョイントを渡るときは

思わず腰を浮かせてしまう。

かつて、そのジョイント上で転倒したって話は聞いたことないけど、

毎回フロントタイヤをとられそうで怖い!



間もなく淡路島。まだ四国ではない兵庫県。







e0044657_21383584.jpg

何回来てもこの景色は写真に収めてしまう、

快晴であろうとなかろうと。




さてさてやって来ました王王軒(わんわんけん)



e0044657_22363482.jpg

前回のやって来ました王王軒(わんわんけん)は臨時休業だった。





e0044657_21384766.jpg

いただきました徳島ラーメン。 食べログ1位の徳島ラーメン。

でしたが、ちょっと~ 油が~。  「巽屋」さんが好み。

でもさすがに1位、平日だけどひっきりなしの来客だった。





お腹を満たして一仕事して、向かうは今宵のお宿の松山市。






e0044657_22391675.jpg

走るは一車線自動車道の徳島道。


つないで走るは松山道。



e0044657_22325037.jpg


あと156km 到着予想時間は18:40分。






e0044657_22325721.jpg

そして買い出しは道後温泉近く、毎度のスーパーABC。




実はこの時危なかった、今思っても冷や汗が出るくらい。

この駐車場に入るためUターンした時、

路面電車のレールにフロントを取られ、あわや転倒の危機だった。

勿論右足が出て路面を蹴ったけど、1100RTならこけていたな。

何故だかわからないが、この1200RTは耐えられた???





かくして松山の夜は静かに更けていったのだった。




ポチッとよろしく ^^

にほんブログ








ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
by power-shoes | 2019-02-28 22:52 | 日記 | Trackback | Comments(0)

神子畑選鉱場跡から竹田駅





e0044657_22320053.jpg

明延鉱山探検坑道を後にして、来た道帰るのはつまらないので

K
6を南下して山道くねくね走ってみた、

これがなかなか楽しいカーブの連続。




e0044657_22332442.jpg

R429に出て、いったいどのあたりだったんだろう






e0044657_22314284.jpg



無人の野菜販売所発見。


今夜のお野菜買って帰ろうと止まっては見たが小銭がない!

そこに通りかかったおばあちゃんとお孫さん

「このお店の方呼んだげるわ」って、近くにお家ないけど・・・^^:

e0044657_22331779.jpg

ありがとうございました、おばちゃんお孫さん^^


さあ、「帰りましょう」と東へ向かって走っていると、

突然現れたのが ここ、神子畑(みこばた)選鉱場跡。




e0044657_23074436.jpg

って この「突然」実は四回目、これで西から三回、東から一回。

毎回この廃墟、地図のどこにあるのか分かってなくて、

楽しそうな道だなと走っているツーリングの途中でいきなり現れる。






e0044657_23085387.jpg

直近が201610月、

もう三回目だったからヘルメットも脱がずにリモートでパチリ。

だから過去三回は毎回「あれ?」「あれ?」「ここか~^^:」と

学習できてなくて大笑いしたものだったが、

今回は「あれ!」と思って車を止めた。





e0044657_23095353.jpg

非ろ過分離装置「シックナー」を上からのぞいてみた。



おまけの神子畑選鉱場跡を見学した後、向かったのは

天空の城「竹田城址」

ただし、登城するのではなく、押しもれの「100名城スタンプ」を

押しに竹田駅へ。



e0044657_23181333.jpg


2010年に登った時には

まだ「100名城スタンプ帳」を持っていなかったから。






e0044657_23114003.jpg
2010年9月  このころはまだ 「ひと気なし~」



かくして、鉱石の道と秋をたっぷりドライブした一日だった。




ポチッとよろしく ^^

にほんブログ







e0044657_23213739.jpg







ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
by power-shoes | 2019-02-25 23:21 | 日記 | Trackback | Comments(0)

明延鉱山探検坑道





兵庫県養父市の山間に位置する明延(あけのべ)鉱山。

廃坑になって30年、坑道見学ができると知り行ってきた。





e0044657_23351110.jpg


穴の中に入るわけだからお天気は崩れていてもいいのだが

(穴は崩れては困るけど)どうよこの晩秋の空オープン日和。




e0044657_23351749.jpg

勿論鉱山跡だから街中にはないとはいえ、

どこまで行くんだの道が続いて、

やっと見えた明延のロードサイン、もう少し。




e0044657_23352434.jpg


ここの明延鉱山探検坑道見学は予約制、料金は大人1200円。



e0044657_23353093.jpg

まずはこのあけのべ自然学校で受付と支払いを済ませ、

各自車で鉱山入り口まで移動。





e0044657_23383459.jpg

K6からさらに右の細い道を上っていく。




e0044657_23354464.jpg

この日の見学者私を含め5人。

まずは展示物でその様子や仕組み、歴史を勉強。




e0044657_23355075.jpg

穴を掘るのも大変だけど、

掘った鉱石を地上に上げるのも大変の繰り返し。





e0044657_23392577.jpg

ここ入坑口には当時使われていたトロッコ電車の

線路跡が今も一般道上に残る。



それでは入坑。



e0044657_23393763.jpg


e0044657_23394885.jpg


明延鉱山の歴史は古く、奈良の大仏さんにも使われたとか?

明治時代には「日本一のスズ鉱山」として有名だったが、

昭和62年(1987年)閉山された。

坑道の高低差は約1000m、アリの巣のように縦横無尽に掘られ、

総延長は約550kmにもなるとか。(東京―大阪だよ!)




e0044657_23473221.jpg

ただし見学できるのは650m。





e0044657_23395720.jpg

入ってすぐの一番の見どころはここ。「巨大鉱脈跡」

鉱脈って、岩盤と岩盤の間にサンドイッチ状にあるんやな!






e0044657_23473781.jpg

この掘削機、人が手にもって仕事をしていたとは思えない鉄の塊。




e0044657_23423116.jpg

今も当時の重機が地下深く置きっぱなしになっていて、



e0044657_23422593.jpg

整備された鉱山跡とは違い、操業当時の姿が体感できる。





e0044657_23423855.jpg

ここにて終了、

ガイドさんの最後の解説とご挨拶を聞いて坑道探検終了。

思っていた以上に長く詳しく楽しい説明に大満足だった。





坑道を出て明延集落へ。




e0044657_23501913.jpg

最盛期(昭和30年代)4000人が暮らしたそうだが、

今は80人を切るとか。






e0044657_23502648.jpg


採掘した鉱石や従業員を運んでいた一円電車。


明延からこの後訪れる選鉱場の神子畑行。




e0044657_23525779.jpg




それでは、鉱山の道を神子畑選鉱場跡へ、

山道ワインディングを楽しみながら。

つづく



ポチッとよろしく ^^

にほんブログ




e0044657_23530653.jpg




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
by power-shoes | 2019-02-23 00:02 | 日記 | Trackback | Comments(0)

甲府から中央道を走って思い出の地へ




4日、甲府駅前のINNから歩いて甲府城址へ朝のお散歩。




甲府城は竹田氏滅亡後、豊臣政権の重臣たちによって、

前日訪れた竹田氏館に代わる城として築城された。

関ヶ原の戦い後は、徳川一門によって支配された。






さすがに朝、

人気少なく絶好のドローン環境と判断して飛ばしてみました。





e0044657_19553854.jpg


平成12年に再建された稲荷櫓。

遠くからこの櫓が目に入ったものだからこのスロープを登ってみたが、

城址公園としてはどうも裏口だったようだ。

実際に艮(うしとら)の方角で鬼門でもあった。






e0044657_20181840.jpg


スロープを登り切ると目の前に立派な野面積みの天守台は見ごたえあり。




トイドローンとはいえ、

落ちる場所によっては迷惑をかけるので慎重に飛ばしたい。

ところが、ドローン撮影にもれなくついてくるのが「欲」、

「もっといいアングル」が時に冷や汗ものになる。





e0044657_19554886.jpg


この写真も、「手前の塀を入れたい」欲が出て、

撮影には成功したが直後コントロールを乱し、

塀の向こうに見えなくなってしまうハプニング発生。

携帯画面を見ながらドローンのカメラを頼りに

なんとか戻すことは出来たが、突然の制御不能、

見えないところに飛んでいくは冷や汗ものである。







e0044657_19555420.jpg

にもかかわらず、鉄門(くろがねもん)でも飛ばしてみた。

ここは欲を出さず、さっと上げて、さっと降ろす。

一瞬の撮影に楽しさを見つける。







e0044657_19560545.jpg

甲府城址を後に中央道を諏訪方面へ。岡谷JCTまで14km








e0044657_19561466.jpg

恵那山トンネルを抜けて向かったのは岩村城址歴史資料館。




e0044657_21103001.jpg

前回hideさんと来たときに100名城のスタンプを押し忘れ、




e0044657_20073985.jpg



e0044657_20074509.jpg

今回は一人、平成2年に再建された、御殿門と太鼓櫓を見学。







帰路、経由地を全く指定することなく、

ナビ通りに走っていると何やら見たことのある景色に出た。





e0044657_20075246.jpg

小原の春と秋に咲く四季桜の名所だった。



ここは以前、

hide
さんのリクエストで訪れた時は三分咲きで見学を諦めた。

この日だったら喜んでくれただろうな、満開。






そして、この日の最後のミッションは、

中部スタンプラリーの完走賞をいただくこと。



e0044657_20075922.jpg


Motorrad Mitsuoka 名古屋店にてGET! (かっこいい保温ボトル)



ハラハラドキドキのドローン撮影と思い出いっぱいのセンチメンタル。

いつも二個いただいていた完走賞も今年は一個。



新東名から中央道をぐるっと回って二日間。

お天気に恵まれ楽しいドライブだった。



ポチッとよろしく ^^

にほんブログ



e0044657_21125853.jpg










ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
by power-shoes | 2019-02-17 20:13 | 100名城 | Trackback | Comments(0)

2018年最後のクシタニCBM ~ 甲府へ



11月3日(土)

2018最後のクシタニコーヒーブレークミーティング

NEOPASA
清水へと向かった。




e0044657_21335510.jpg

名古屋港をまたぐ名港トリトン。

バイクの時は風が心配だけど今日は安心。





e0044657_10002671.jpg




都会じゃごろごろ走ってるんだろうけど、

初めて見たよNSX。   オーラ感じないな~






新東名清水では正面に富士山が見えるのだが、

写真が残っていないということは見えなかったということか。








e0044657_21353847.jpg


2018年を締めくくるCBMだからもう少し盛大に

やっているのかなと思ったら意外や寂しい。

ちょうどにぎわう時間帯の10時なのだが?





e0044657_21352984.jpg



かなりの風で「TELLO」傾く。

これ以上の高度は怖くて上げられなかった。







CBM
を後に向かったのは甲府市、

今回はお城を楽しむの旅。(今回も か^^





甲府市へ北上の道は、R52を使わず、


富士川東岸、JR身延線に沿って走るK10。






e0044657_21340975.jpg

身延線だけに勿論身延駅前を通過する。





e0044657_21341609.jpg

笛吹ラインで甲府市へ。



城址へと向かう前に甲府市を通り過ぎて立ち寄ったのがここ。



e0044657_21381934.jpg


JR中央線塩山駅のすぐ近く「三省堂菓子店」




e0044657_21390008.jpg
e0044657_21392113.jpg











新聞で紹介されていた美味しそうな和菓子「一葉懐古」を買いに。

滋賀からの客に驚くそぶりもなく

「新聞に掲載されてから遠くから来ていただくようになって」

だって。








それでは本題、今回三城址巡る予定の一城址目。

戦国大名の雄、武田氏三代の居城「武田氏館」

武田信虎・信玄・勝頼と三代にわたり約63年続いた館。




e0044657_21440324.jpg


主郭部には武田神社があり、七五三のお参りで境内は賑わっていた。


(これらの写真は全く賑わいを伝えていない^^;)





e0044657_21440910.jpg

発掘された主郭に隣接する曲輪を上空から。



e0044657_21441727.jpg

風強し、トイドローンではどこへ飛んでいくかわからず、

これ以上上昇出来ないのが弱点。




今宵は甲府駅前にて一人寝の夜。

最近では、地元スーパーで買い出し・部屋飲み・Bリーグ観戦が

お決まりになって来た。

懐に優しいし、何より気楽でいいや。



ポチッとよろしく ^^

にほんブログ





e0044657_21564134.jpg







ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
by power-shoes | 2019-02-15 22:03 | 100名城 | Trackback | Comments(0)

名神高速道路起工の地





京都市山科区の小野小学校正門近くにある。




昭和38年、日本で最初の高速道路として名神高速道路、

(栗東IC~尼崎IC)71kmが開通した。

工事は昭和33年、この地「京都山科」で起工した。





e0044657_22474719.jpg



面白いのが、名神高速が完成してから初めて国産自動車による

高速試験走行が130日間行われたこと。

はたして、国産の自動車が高速走行に十分耐えうるかの試験だった。





e0044657_22475387.jpg


その内容は、国産各種の自動車が高速走行した場合の制動、

振動、乗り心地、騒音、操縦性。

騒音試験、バスストップ試験、タイヤの横滑り試験、標識試験、

夜間走行試験、燃料や油脂試験、タイヤ試験、人間工学試験など、

多様なものだった。

ちなみに、開通した昭和38年は、東京オリンピックの前年。



ポチッとよろしく ^^

にほんブログ











ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
by power-shoes | 2019-02-10 23:38 | 日記 | Trackback | Comments(0)

白馬の朝を楽しんで





宿泊客は私ともう一人。




e0044657_20484778.jpg

清々しいから朝食も美味しい なんて言うまでもない。





e0044657_20485782.jpg

食事を済ませて、

ドローンを飛ばして楽しむおっさんとお兄さん^^;

(立ち位置的には、お兄さんとおっさん)




e0044657_20490440.jpg


表の道路まで飛ばして、看板も入れてみた。

(よい子はマネしちゃだめだぞ~)



今回ペンション「ハーシー」を訪れた目的は、

トイドローン「TELLO」のコントロール可能距離実験。

どこまで遠く飛ばすことができて、

操縦不能になった後はどのような動きをするのかを

確かめるというお題。



オーナーのお仕事が一段落して、それでは実験に参りましょう。

やってきたのは五竜スキー場とおみゲレンデ駐車場。

全く車の止まっていない奥の駐車場で実験。






100m近くはある駐車場の端に立つオーナーめがけて

低空飛行でドローンを飛ばし、操縦不能になってもなお飛び

続けたなら 捕獲するか叩き落してもらう作戦。





ところが、ずんずんと飛んで、結局オーナーさんとこまで飛んで

なおコントロールがきくことを確認。



e0044657_20491938.jpg


旋回してこんなちっぽけ。 もちろん機体を肉眼では確認できない。


e0044657_20491410.jpg



と言うことで結論。

機体が見えなくなるまで飛ばすことなんてないから、

見える距離なら十分制御可能ということを確認して実験終了。

制御不能後の飛行確認が出来なかったのは残念だったが。






と、この時は納得していたのだが、

まさか後日、意に反して、機体が見えなくなる事態が起こるとは、

この時は知る由もなかった。





ペンション「ハーシー」を後にして




e0044657_11542404.jpg

五竜とおみ・いいもりゲレンデをバックに。






e0044657_21182657.jpg
HAKUBA47スキー場への道。

(言わずと知れた、BMW M0TORRAD DAYSウエルカムロード)






e0044657_21183451.jpg
糸魚川へのR148は落石除けのシェルター多し。




e0044657_21184117.jpg



行きも帰りも雨に降られたけれど、

ひと時の安らぎ、お天気も心も晴れ晴れの長野ドライブだった。



ポチッとよろしく ^^

にほんブログ















ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
by power-shoes | 2019-02-06 21:30 | 日記 | Trackback | Comments(0)

上田市に赤松小三郎を訪ねる






赤松小三郎記念館を上田城址内にたずねた。




前回(7月)訪問時には赤松小三郎記念館は開館時間を過ぎていて

見学することが出来なかったので、今回はお昼に到着、

ゆっくりじっくり楽しんだ。





7月に訪れた赤松小三郎生誕の地。






e0044657_19515470.jpg

10月27日

朝6時30分、あいにくの雨でこの週末はスタートした。





e0044657_19520009.jpg

雨にも負けずGS二台、秋色に染まった山に向かって。






e0044657_19520548.jpg

到着した上田城址は快晴! 

路上に落ちた銀杏がとってもいい匂いだった^^;






e0044657_19521181.jpg

開館中の赤松小三郎記念館、奥の土蔵。




e0044657_19523377.jpg

無人なため、パネル展示がそのほとんどで、

訳ありの記念碑はさすがに重くて盗難の心配なし。





e0044657_19524166.jpg

別館のこちらもそのほとんどはパネル展示と複製の展示だったが、

訪れる人もほとんどなく、じっくりゆっくり読ませていただいた。



赤松小三郎の活躍

長野県上田市出身、幕末期の兵学者・政治思想家。

18歳で江戸に出て蘭学や数学、兵学などを学び、

後に勝海舟に師事している。兎にも角にも優秀!



その後、京都で英式の兵学塾を開き、門下生には、

中村半次郎(桐野利秋)や村田新八、東郷平八郎などがおり、

その数は800人を超えたと言われている。


兵学者としてだけでなく、

政治面に関しても先進的な思想を持っていて、

坂本龍馬の船中八策は小三郎の思想に影響を受けたの説あり。




e0044657_19522344.jpg





赤松小三郎の死。

京都市内において郷里に帰省する前日に暗殺されている。

幕府のスパイとみなした薩摩藩士、

教え子でもある桐野利秋(中村半次郎)らに、

1867年9月3日。(竜馬が暗殺される三ケ月前)








e0044657_19524899.jpg

市立博物館には上の小三郎の刀が展示されている。

e0044657_19525498.jpg

サーベルの様なつばと、切っ先のとがった西洋風の刀が印象的だった。







この日のお宿は白馬のペンション、毎度の「ハーシー」




e0044657_20215585.jpg


e0044657_20214790.jpg
e0044657_20214146.jpg









などなどいただいて、





e0044657_20220052.jpg

暖炉な夜は ほのぼの・ぽかぽか・うとうと 

と更けていったのだった。




ポチッとよろしく ^^

にほんブログ








ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
by power-shoes | 2019-02-03 20:37 | 幕末維新を訪ねる | Trackback | Comments(0)

最新の記事

エキパイ受難 焼き切り作戦
at 2019-07-22 20:08
エキパイ受難 やっちまった~
at 2019-07-20 21:34
訳あって向かった那智大社、食..
at 2019-07-18 19:54
BMW Motorrad ス..
at 2019-07-16 21:48
ひとあしお先にBMW Mot..
at 2019-07-15 07:30
白馬の休日
at 2019-07-14 09:06
スタンプラリー2nd.ステー..
at 2019-07-10 21:34
海王丸見学とバスケット観戦
at 2019-07-06 22:34
福井・一乗谷朝倉氏遺跡から富山へ
at 2019-07-04 20:24
「銀そば」から「道の途中」へ
at 2019-07-01 20:11

以前の記事

2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
more...

記事ランキング

画像一覧

最新のコメント

ぶんさんへ ね、ね、素..
by power-shoes at 21:16
みつえっちゃんへ 本栖..
by power-shoes at 21:13
hideさんの笑顔に胸打..
by ぶん at 19:27
SAMさんへ やっぱり..
by みつ at 18:22
ずっといられる本栖湖ブル..
by みつえっちゃん at 17:00
sennin411さんへ..
by power-shoes at 18:29
今年は白シャツ、BMWの..
by sennin411 at 13:29
えっちゃんへ 今までの..
by power-shoes at 17:00
二日間とも本当に良いお天..
by えっちゃん at 09:45
ソロインテさんへ 汗ば..
by power-shoes at 18:58
Y RAVENさんへ ..
by power-shoes at 22:55
私達は行けませんが、皆さ..
by RAVEN at 00:19
たんたんさんへ 波平さ..
by power-shoes at 18:41
3枚目の富士山は 「波..
by たんたん at 18:06
たこやきSundayさ..
by power-shoes at 12:44

ファン

ブログジャンル

車・バイク
旅行・お出かけ